usagi0112
1,000+ Views

☆ヒルトンホテルべアー☆

この前、パタヤに旅行の際に見つけた人形♡
ヒルトンホテルから販売されているんだけど・・・・・
クマの着ているTシャツに《パタヤ》と入っているので記念に購入(*'∀'人)♥*+
他の国バージョンもきっとあるはずなんだろうけど、インターネットで検索しても出てこない(-д-;)
でも、≪東京バージョン≫はあるよ♪
日本でヒルトンホテルを利用した際には、記念に購入してみてはいかが??
他の国のべアーもあれば、揃えて行きたいな~♪ 何か情報があれば教えて頂きたいです!!
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
パタヤに行く☆初バス利用
今までタクシーか送迎を頼んで行動していたけど、今回は「パタヤ」までバスを利用していくことに♪ 今回、利用したのは『ベルトラレベルサービス』 バンコクからもバスが出ているものの本数が少ないので、スワンナプーム空港か行くこと にしたよ( ´ ▽ ` )ノ ◇スワンナプーム空港からバスでパタヤへ移動の仕方◇ ベルトラベルサービスが運行するエアポートバスを利用すべき! 2F到着ロビーから1Fに降りると、8番出口付近にこの写真のカンターを見つけて、乗りたいバスの時間を言って予約するべし♡ ※事前にWEBからも予約可能とのこと ここで自分が滞在するホテルも聞かれるので、言えば、そこまで送迎してくれるよ♪ 帰国の際も予約を入れておくとホテルまでミニバンで迎えに来てくれて空港まで行くこと ができるよ♪片道250B(カウンター)だったような・・・ww(確実ではなくすいません;;) バスの中にはトイレもあるのでこの価格でホテルまで送迎してくれるから、すんごく良いと思うよ(^O^☆ ただ一つだけ言うとしたら、本数が少ない事。 なのでバスの時間に合わせてスケジュールを組んだ方が良いかもしれない♪ 時刻表 旅客ターミナル(1F8番)→パタヤ 08:00 10:00 12:00 14:00 16:00 18:00   パタヤ→旅客ターミナル(4F) 06:00 09:00 11:00 13:00 15:00 17:00 19:00 バンコク→パタヤ 09:30 13:30 17:30   パタヤ→バンコク 09:00 13:00 17:00 ぜひ皆さんも利用してみてください♪ 参考サイト http://www.sabai-life.com/pattaya3.html 公式サイト http://www.belltravelservice.com
青おにぎり(京都法然院・銀閣寺近く)
青松さんというご主人が握りたてを出してくれるおにぎり屋さん。略して?青鬼がイメージキャラクターみたいです。ずっと気になってたのですがテイクアウトだけと思いこんでて、今回前を通ったらイートインやってますと書いてあったので初入店を果たしました。 握りたてのおにぎりと、お味噌汁や出汁巻などお昼ごはんとして充分な食事がいただけます。 カウンターで10席くらいあると思いますが、なにぶん全部一人でやられてるので、注文はメモに自分で書いてカウンターに乗せるし、会計は自分で払って用意されてる籠からお釣りを取ります。なぜか迷惑かけないように協力しなきゃという使命感に駆られるお店です(笑)。 超観光ルートからはちょっと外れてますが、その分地元の人もひっきりなしに注文しに来てたのでハイシーズンはかなり混むかもしれません。 入り口のリヤカー(これ移動販売で出動するみたいです)にもメニューが出てていちいち具が気になります。奥のしめ縄がかかった石がおにぎり型! 店内とおにぎりの写真は撮ってないんですが、店一面に子供が描いた青鬼の絵が貼ってあって、ご主人の怖そうな印象を緩和してます。というかはじめ怖そうな人かと思ったけど、全然そんなことなくて特に子どもちゃんにはものすごく気を遣って優しい感じでした。 おにぎりは羽釜で炊いたごはんで、お米が潰れない絶妙な握り方。ちょっと分厚目のおにぎりで大きく見えたので二個にしておいたけど、この握り方なら三ついけたかも。青鬼という辛口のちりめんピーマンと、クリームチーズ山わさびをいただきましたが具も美味しかった。握りたてで食べるので若干塩がきつめに感じますが、テイクアウトするとちょうどいい塩梅なのかなと思います。ちなみに3個以上持ち帰りにすると昔ながらの竹皮で包んでもらえるそうです。 お味噌汁も美味しかったけど注意があって、汁椀の縁が少し割けはじめてる箇所があるので、気づかず飲んでると予想外の場所からお味噌汁が漏れてきます。洋服にこぼさないように… この付近で食事しようと思うと甘味処や観光客向けのコスパ悪い店がほとんどなので、とっても貴重ないいお店だと思います。開店時間が11時半からなのが惜しいけど、このエリアの散策コースに毎回組み込もうと思いました。 青おにぎり 京都市左京区浄土寺下南田町39-3 営業時間:11時半から夕方売切れ次第終了
屋上露天風呂から見える富士山は圧巻!
富士山の見える温泉と言えばここ、「鐘山苑」! 日本を感じる事ができる「鐘山苑」の凄さは、温泉だけではなく、日本庭園にもあります。 春の桜、秋の紅葉など四季折々の美しい日本の姿をみさせてくれて、絵に描いたような素敵な風景が広がっています=333 そこをゆっくり散歩すると、とっても癒やされる事はもちろん、日本の良さを再発見できる気がします(*'∀'人) また、その素敵な庭園にある茶室で、「お抹茶と和菓子」も頂けますよ~ 食事は個室で頂く事ができ、それ以外にも夜食処・お土産処と、一つ一つがかなり充実していて、テーマパークに来たかのように館内も広いです♡ いつも太鼓のイベント等が行われていて、小さいお子様も楽しめるようになっていますよ~ そしてここの、最大のポイントは・・・ 屋上露天風呂から富士山が見えるという事!! 男女入れ替え制で、旅館の屋上にある温泉から富士山、そして山梨の風景を楽しむ事ができるというです♡♡ この絶景はなんとも言えないくらい感動で、夕日の時間帯に見える富士山は特に圧巻です! この「露天風呂 富士山」は 2010年11月誕生に誕生したという事もあり、意外に知らない方も多いのでは? ゆっくり日本を感じ、のんびりしたい時にオススメですよ=333 鐘山苑 http://www.kaneyamaen.com/
タイの魅力♡再発見、往復46,000円で行けちゃう!(ベトナム航空)
日本の羽田からタイへは、ベトナム航空が安い!私が行った当時は、往復46,000円で行けました〜 ハノイでの経由があって、待ち時間は長かったですが・・・福岡だとJETSTARも同じくらいで行けるみたい。しかも、直行便だから楽々!ベトナム航空だと、ご飯と飲み物のサービスがついてたり、映画も見れるのでそれもいいですけどね^^ ところで、この写真は、アユタヤにあるマーケットでマンゴーやサツマイモなどの売り場の光景。 おお、これこそ、タイ!!!って思う感じでしょうか。 私は、タイに行くまでタイのイメージがまさにこんな感じで、発展していないけれど 人と人の距離が近く、みんな笑顔!っていうイメージでした。 でも、実はタイって広くて、都心部から離れ地方行くと、まだこのような風景がよく見られますが、バンコクの中心部サイアム(日本でいうと渋谷かな)は、とっても発展している。 というか、日本の渋谷より先端を行っているのではないかと思うくらい・・笑 つまり貧富の差も激しいんですが、それでもこんなに発展しているのには本当に驚き、感動した私でした。サイアムスクエアにあるサイアムセンターは、ここはタイなのか?と思うくらい、なんでも揃ってる!し、値段も日本と変わらない・・・警備員さんに話しかけたら英語は通じなかったので、タイ人の友人が現地にいない人はタイ語を最低限覚えていかないと、もしかしたら困るかも!(地方では、特に!) バンコクの中でも有名なショッピングセンターは、サイアムセンターのほかにも ASIATIQUEっていう大きな観光客向けのナイトマーケットがあります。ここからは、チャオプラヤー川を通る無料の水上船が出ています、 大きな観覧車もあります! あとは、バックパッカーの聖地と呼ばれるカオサンロードで路上マッサージやってもらったり、タイで有名なレディボーイと呼ばれる人たちに会いたいならソイ・カウボーイ、装飾が美しいバンコク王宮、夕日で染まる姿は綺麗なワット・アルンも、バンコク行くならマストですね^^ 壁面にたくさんいるのは、守り神だとか!!隅々まで凝らしたつくりで、一つひとつに物語があるらしいので、ガイドさんに聞いてみるのもいいかも!
二子玉川駅から徒歩で行ける古民家 岡本民家園
最近蔦谷家電など話題のスポットも次々にできてますますオシャレタウンとして盛り上がっている二子玉川ですが、ちょっと足を伸ばすだけでこんな長閑な場所もあるんですよ。 こちらは、江戸時代中期に建てられたという古民家を移築復元した建物。二子玉川の駅から歩いて 20 分くらいの場所にあります。 こちらの民家園、「生きている古民家」をテーマとしており、民家園にある囲炉裏や民具などは実際に現在も利用されているもの。 建物内では、折り紙教室や糸紡ぎ教室、などの体験教室や、養蚕や柿渋作りなど農家に伝わる行事等も行っており、昔ながらの生活や風習を体験することができます。わたしが以前伺った時はお正月の凧作り教室をやっていて楽しそうでしたよ! 畳の部屋にもあがることができ、縁側からこれまた自然いっぱいなお庭を眺めたりすると田舎のおばあちゃんちに遊びに来たような懐かしい気持ちなりますよ〜 小さい子連れで行く時は囲炉裏には注意ですが、大きい畳を歩けるのはなかなか貴重でいいですよ。5歳くらいになったら、凧作りとか折り紙とかいろんな体験教室やってみるのも楽しいかも。 世田谷区内ももう一つ「次大夫堀公園民家園」というのもあるそうです。民家園、横浜や河﨑にもあるし、「民家園巡り」なかなかいいなと思う今日この頃です。 畳の部屋、癒されますよ〜 近くにはユーミンこと松任谷由実さんが寄贈した灯篭があることでも知られる岡本八幡神社も。ほんとすぐ近くなのでセット行かれてみてはいかがでしょうか! 世田谷区岡本民家園 http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1213/1265/d00122210.html
NUMBER SUGAR:ナンバーシュガー
なんと日本のお店なんです!初めて日本のお店を書きます。 原宿の手作りキャラメル屋さんですが、このお店の感じはまるでパリのよう。実はまだ行ったことがないけど、プレゼントしてもらったら可愛くて美味しくて気分が上がりまくるんです。 シンプルだけど小さな贅沢品ていいですよね。8種類の味があってひと粒100円だそうです。私はソルトとジンジャーが特に好きでしたが、どれも美味しいです。食べてる間は何もしないで、テーブルについてケーキを食べるみたいに集中して大事に食べてほしいです。 私が貰ったことがあるのは8種類全部入ってるこれです。このお花のピンクのところ、スタンプだから一つ一つ違うらしいんです。もうどこまでいい味出してるの!とキュン死しました。本当にパリのお店みたい〜〜。冬は賞味期限も長くなるからそろそろ行きたいんです。 そしてパリっぽくてもここは日本、千歳飴も販売されてるそうです。握ってたら曲がりそうだからお姉ちゃんが持っててあげるね、って奪ってしまいたくなる。 お店がオープンしたのはちょうど2年くらい前だそう。この記事で全部わかります! 注目のキャラメル店「NUMBER SUGAR」。夫婦が織りなす8フレーバー NUMBER SUGAR:ナンバーシュガー 東京都渋谷区神宮前5-11-11 1F 11:00~20:00 火曜定休日 NUMBER SUGAR facebook
もう一度、泊りたいホテル♡
この前、タイ(バンコク)に訪れた際に利用したホテルがココ↓↓↓ ハンサーバンコク『Hansar Bangkok』 バンコクの賑やかな繁華街から、ほんの少し離れた所にある為、雑音も車の音も気にせず、中心部に来たのにも関わらず、リゾート気分が味わえます。 周りを有名なホテルで囲われている為、治安も悪くないと思います。 歩ける距離に、サイアムスクエアー(デパート街)もあり、パッポン通りも歩いて行ける距離に~♪ ホテル自体もとてもキレイで本当に快適に過ごせます!! 冷蔵庫の中の飲み物は無料で飲むことができ、お菓子・果物もサービスでお部屋に置いてあります。 朝食は少し種類が少ない気がしますが、全ての食材が身体の事を考えられて作られているものばかりな気がします=333 味や提供する物は、どちらかと言うと洋風・・・?アメリカの朝食?というイメージです。笑 パンケーキやワッフルや、スクランブル、スープ類、コーヒー・紅茶の飲み物に関しては、メニュー表から好きな物を選んで、注文する形式なので、出来たての物が食べれますよ(*'∀'人)♥*+ 館内はとてもキレイで、ボーイさん達の制服もスタイリッシュでとても素敵なひと時でした☆ またタイに行く際は必ず、利用したいと思っています~(≧▽≦) HP
ドラゴンボール鍋を食べて願いを叶えよう!
冬と言えば、鍋!! その鍋で今話題になっている鍋があるみたい♪ それは愛知県名古屋市にある「居酒屋 暖家ダイニング」で提供されている『ドラゴンボール鍋』☆☆☆☆☆ でもメニューに「ドラゴンボール鍋」と言うメニューはなく、何種類かの「鍋メニュー」から選び、具として「コラーゲンボール」をオーダーする仕組みになっているよ♪ コラーゲンボールは3個か7個と選択が可能との事ですが、みなさんやはり頼むのは7個を選択する方が多いとか~(✿´ ꒳ ` ) しかも、コラーゲンドラゴンボールの星はにんじんで出来ていて、、7つ頼んだらちゃんと1~7つまでのボールのドラゴンボールが登場するという、クオリティーの高さには驚き!!! 溶ける前に、早く願い事をして食べないとだよね~.ヽ(○´∀`)ノ wwww なにか見るだけでも元気が湧いてきそうな鍋で、旅行で訪れた際には絶対行ってみたい~♪ 早く東京にも出来て欲しいなぁ♡ 鍋の種類も豊富で、「もつ鍋・豚キムチ・鳥団子・豆乳」などいろいろあるみたい~ ※鍋の種類は変わるかもしれないので注意。 暖家ダイニング 場所 愛知県名古屋市緑区万場山1-806 電話 052-891-8189 予約可能 営業時間 17:30~23:30 定休日 月曜・第3火曜(祝日の場合翌日休日 食べログ http://tabelog.com/aichi/A2301/A230112/23010093/ ヒトサラ http://hitosara.com/tlog_23010093/
3
Comment
1