helmutcotov
3 years ago1,000+ Views
ぼんご
昭和35年(1960年)から50年以上、営業を続ける大塚のシンボル的なおにぎり専門店。夜は24時までやってるから、飲んだ後の〆に”にぎりめししめ”なんて芸当もイケますぜ。
最近は中途半端にコザッパリした”おにぎり専門”を謳うチェーン系が増えてるけど、ココは職人さんをカウンターで囲む寿司屋形式。ちゃんとお茶とおしぼりも出るよ!
ぼんご最大の特長は50を超える豊富なメニュー。悩みつつ選ぶ楽しさこそ大正義なり!
1個250円のレギュラー陣だけ、良い子のためにざっと挙げちゃいますよ...
銀シャリのり有、銀シャリのり無、うめ、生たら子、焼きたら子、しゃけ、辛子明太子、イカ明太子、しらす、あさり、青しそ、おかか、芝漬、ふる漬け、紅生姜、わさび漬け、納豆、山ごぼう、ままけは、塩辛、ふき味噌、数の子、しそ昆布、紅くらげ、鳥唐揚、豚キムチ、スタミナ焼肉、チーズ、ベーコン、カレー、鮭マヨネーズ、明太マヨネーズ、じゃこマヨネーズ、ツナ、ピーナッツ味噌、肉そぼろ、うにくらげ、たくあんキムチ、味の花、小女子(こうなご)、きゃらぶき、野沢菜、のりの佃煮、まぐろ角煮、はとうがらし、高菜、味噌にぎり
その数、47。これ以外にも、500円超えの”別格”すじこや、ねぎとろ、牛すじなんてのも。プラス50円でトッピングも可能だから、組合せ的には凄いことになる。
注意すべきは1個がとにかく大きいこと。まずは味噌汁がつく「2コセット」がオススメ。お昼時や夜の遅い時間帯はセット割引きもある。
ちなみに、自分が知る限りだと、札幌のすすきのと、博多の中洲にも、同じようなおにぎり専門店がある。
■店舗情報
03-3910-5617
11:30-24:00
日休
■きっとあなたも行きたくなる外部記事
■食べログ
3 comments
おいしそうですね…。種類が豊富で目移りしちゃいます!「ままけは(=唐辛子の味噌和え?)」って初めて聞きました。気になります〜。
3 years ago·Reply
これは美味しそうですね。東京にいくことがあれば食べてみたいです。
3 years ago·Reply
やっぱり、おにぎりの人気は不動ですよね。もし大塚へ行く機会があれば是非!というか、このためだけに大塚まで行く価値もアリだと思いますよ〜w
3 years ago·Reply
3
3
3