monnie
1,000+ Views

吃在日本

去年冬天到日本旅行的照片了,今天整理文件的时候无意中看到,发现美食的照片真的占了大多数,看得我又口水直流,想着下次什么时候再去日本吃个爽快。
不知道这里有没有跟我一样吃好吃的之前不拍照会死星人,还有吃到日本拉面会感动得流泪星人,来说说你们旅游的时候吃过的美食和趣事吧(灬ºωº灬)
拉面篇。
真的走近日本的随便一家拉面店都好吃到哭,特别是第一张图和第二张图真的真的提升了我人生中的味觉享受!真的让我顿顿吃都行好吗?第一张图是在庆応大学一个宿舍附近。第二张图是很有名的一兰拉面,在一兰吃的时候把汤喝到一滴不剩,碗底下写着“对一碗拉面的最高赞赏”(我猜的,一句日语不会)。如果有钱,我真愿意就为了一碗拉面飞日本。
盒饭篇
第二觉得好吃的就是日本的盒饭!好吧,我承认我在吃的方面没有高大上的追求。在日本11天,天天就想找单身男人安静吃饭的盒饭店吃,进去还一顿拍拍拍,同行的好友一直翻我白眼来着,但是我真的在这“味增”酱里吃到以前奶奶给我做的菜的味道好吗……
抹茶篇
去日本怎么能不吃抹茶点心呢,虽然国内也很多地方能吃到抹茶冰淇淋,我还是想体验来自京都的抹茶味。第一张图就是在便利店买的抹茶冰淇淋,比想象中苦……第二张图是在岚山吃的点心,茶吧……还是很苦……还是抹茶拿铁比较对我味。
鸡皮篇
对超爱吃鸡皮的我,日本真是天堂,到处都有鸡皮串卖,虽然价格贵贵,但是吃得过瘾!三张图分别是在烧烤酒吧、铁板烧店、神社路边摊吃的鸡皮串(*ˇωˇ*人)
同行的好友一边抱怨:“你怎么就知道吃鸡皮?!”一边说:“给我也来两串!” 哈哈
章鱼小丸子篇
就在大阪吃了两回章鱼小丸子,虽然真的有章鱼腿在里面,但是味道其实有点失望,不知道是不是找对家。道顿街上吃的都有点贵味道也不怎么地,还不如去一般的店吃。
还有些小吃比较杂,就没有发上来了,上面都是给我印象最深的。
你们也跟我一样吗?
8 Comments
Suggested
Recent
第一张那个拉面真的看起来很美味耶,叉烧肉也比我们这的大好多
日本就是美食天堂~~~我也再想去一次
我也非常喜欢吃“一蘭拉面”!但是我在东京吃的时候碗是黑色带花边的,位置是一个人一格的。
我发现日本的料理。即使很小的也做的很精致。
@jiner 是的,汤也超浓超香
Cards you may also be interested in
飘香千万里的“一匹鸡”
这次的菜谱其实不算正宗的湖南菜,但是炖鸡汤这种东西是只要有鸡的地方就有的嘛!这是模仿韩国有名的料理“鸡一匹(닭한마리)”做出来的曾式“一匹鸡”,价格实惠,做法简单,健康又营养,鸡汤无敌鲜,吃完鸡肉剩下来的汤还可以拿来煮面吃,也是极品美味(˶‾᷄ ⁻̫ ‾᷅˵) 好了,接下来简单介绍一下“一匹鸡”的做法! 这次我是做的两个人吃的份,虽然菜叫“一匹鸡”,但是可怜的卡主家里只剩下半只鸡了,懒得出门就将就着做了,大家根据自己的食量来定哈~ 所有要用到的食材有: 鸡肉、蒜叶、打算、生姜、板栗、杏鲍菇、小葱、剁椒(对吃辣的童鞋是重点) 盐、生抽、醋、胡椒粉、味精 除了做鸡汤之外,我还有做蘸鸡肉吃的酱,那个对最后的满足度提升也非常重要! 首先,鸡汤的步骤是: 切好鸡肉块 切好蒜片(用3~5颗蒜) 切好蒜叶(用2大根蒜叶,每段切成3cm左右) 切好生姜片(半个拇指大的6~7片) 切好杏鲍菇片 剥好板栗 (有喜欢的其他的食物也可以放,比如年糕,但最好不要味很重的,也不要太杂,不然会影响鸡汤的鲜味) 然后!抄锅 → 放冷水(可以盖住所有放平后的食材的量) → 放鸡肉块,蒜片,生姜片,杏鲍菇片,板栗,盐(适量),胡椒粉(适量),味精(一丁点,不放也行,卡主也是习惯性放)。 开火煮!大火烧开后换小火,盖上盖让它自己炖个约15~20分钟。 在煮鸡肉的同时就可以开始做蘸鸡肉吃的酱了,很简单,就是放蒜泥、葱花、剁椒、生抽和醋,量的多少都可以根据自己的口味定。 因为我爱吃辣,所以对我来说剁椒的味道也重要。 秀一下卡主的妈妈亲自做的剁椒酱,正宗湖南口味,又鲜又辣,下饭极品! 当当!开盖关火,成品出来啦!一点油都不用放,鸡肉里自带的油会出来哦,特特特别香特别鲜。 接下来舀几勺鸡汤放在刚刚做好的酱里,再搅拌一下,完美的“一匹鸡”蘸酱就完成啦! 上米饭,上饮料,盘好腿,开吃!!!٩(ˊᗜˋ*)و✧*。
The Loft labo の国産ダウン
ダウンと言えばヨーロッパブランド、スポーツブランド、ユニクロ、ときて最近はどのアパレルブランドでも出したりしてますが、MADE IN JAPAN表記は滅多に見ないと思います。 この The Loft は今年の秋冬からスタートしたばかりのブランドで、大阪のBISHOPが企画して、NANGAという滋賀県のダウンメーカーで製造しているとか。知りませんでしたが日本にもダウン製品のメーカーってあるんですね。NANGAは目黒にショップがあって登山家向けのシュラフなどを販売しているようです。 ということで本格的なウェアがタウンユース向けにデザインされた、ということみたいです。まずシルエットが綺麗で、シンプルだけどティティールが凝っている印象です。ヨーロッパブランドのよくあるタイプと比較して、スッキリしているけどこだわりだらけでとても「日本ぽい」感じがします。なんだろうなこの感じ。 さて、今年はウール素材のダウンベストが欲しいと思って探している中で、このNOOKというモデルのシャンブレー素材ものを見つけました。残念ながらベストではないので購入は見送る予定ですが、来年再来年にどんなモデルが出てくるかチェックしなければと思わせられました。ちなみにメンズレディースの区別はなさそうで、サイズ0〜1くらいが女性向けだと思われます。 このNOOKは5色展開で、この色だけがシャンブレーですがあとはマットなナイロンでそれも悪くありません。こだわりポイントの説明やカラー・価格はこのプロダクトページで確認してください。 The Loft labo TL15FJK3 NOOK ちなみにキルティングが内側になっているこのWIISというモデルも気になってるんですよねー。シルエットが気になる。これは公式の紺色の写真だとマッキントッシュのゴム引きコートみたいな質感に見えていい感じです。 The Loft labo TL15FJK4 WIIS The Loft labo http://loftlabo.com/ ほかにも数モデル出てますよ。どれも今までのダウンとは少しだけ違う雰囲気があります。
ドラゴンボール鍋を食べて願いを叶えよう!
冬と言えば、鍋!! その鍋で今話題になっている鍋があるみたい♪ それは愛知県名古屋市にある「居酒屋 暖家ダイニング」で提供されている『ドラゴンボール鍋』☆☆☆☆☆ でもメニューに「ドラゴンボール鍋」と言うメニューはなく、何種類かの「鍋メニュー」から選び、具として「コラーゲンボール」をオーダーする仕組みになっているよ♪ コラーゲンボールは3個か7個と選択が可能との事ですが、みなさんやはり頼むのは7個を選択する方が多いとか~(✿´ ꒳ ` ) しかも、コラーゲンドラゴンボールの星はにんじんで出来ていて、、7つ頼んだらちゃんと1~7つまでのボールのドラゴンボールが登場するという、クオリティーの高さには驚き!!! 溶ける前に、早く願い事をして食べないとだよね~.ヽ(○´∀`)ノ wwww なにか見るだけでも元気が湧いてきそうな鍋で、旅行で訪れた際には絶対行ってみたい~♪ 早く東京にも出来て欲しいなぁ♡ 鍋の種類も豊富で、「もつ鍋・豚キムチ・鳥団子・豆乳」などいろいろあるみたい~ ※鍋の種類は変わるかもしれないので注意。 暖家ダイニング 場所 愛知県名古屋市緑区万場山1-806 電話 052-891-8189 予約可能 営業時間 17:30~23:30 定休日 月曜・第3火曜(祝日の場合翌日休日 食べログ http://tabelog.com/aichi/A2301/A230112/23010093/ ヒトサラ http://hitosara.com/tlog_23010093/
25
8
1