eellife
1,000+ Views

半分にするとオートバイになる車

新しいアイデアと高度なテクノロジーで未来を作る、Argo DesignとFast Company、そして、デザイナーのMark Wilsonが共同で開発、発表したのが「Lane Splitter」と呼ばれる車。
電話とカメラの組み合わせはそれを送信するという機能を考えれば、掛け算だった気がするが、素晴らしいヒットになった。 3Dプリンタなどが手軽になった今、想像が具現化しやすい時代は、 足し算引き算掛け算割り算がそのままアイデアになる。失敗も含めて。
そういえば電話と電話を足したこういうものもあった。
音楽しか聞けないウォークマン。テキストしか打てないポメラ。 いま、なにかを四則計算すると魅力的だろうか。
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
藤岡弘、38年ぶりの仮面ライダー1号【最新映画】
藤岡弘といえばやはり仮面ライダー1号、本郷猛であろう。 その藤岡弘が映画のために38年ぶりに仮面ライダー1号になる!! そして新ビジュアルも公開! ショッカーの手によって改造人間にされ45年間... 世界各地でショッカーと戦い続けてきた仮面ライダー1号 劇中では海外で悪と戦ってきた猛が、1人の少女の危機を知り急遽日本へ帰国するらしい。そこでショッカーが少女を狙う理由を探っていた仮面ライダーゴーストと出会うらしい。 そしてその新ビジュアルが公開動画がこちら 藤岡弘さんの体系に合わせて仮面ライダーのデザインもゴツくなってる...! しかし最近の仮面ライダーはあまり好みではなかったが、やはり一号の気合いの入り具合はカッコ良い! 仮面ライダー1号とは? ある日、優秀な科学者にしてオートレーサーの大学生・本郷猛は、世界征服を企てる悪の秘密結社・ショッカーに捕われてしまう。本郷の能力に着目していたショッカーは、アジトで1週間もの時間をかけ、彼をバッタの能力を持つ改造人間に改造していく。しかし、本郷は脳改造される寸前、ショッカーに協力させられていた恩師・緑川博士に助けられてアジトから脱出する。それ以降、仮面ライダーとなった本郷は、ショッカーが送り出す怪人たちを次々に倒していく。 ショッカーは仮面ライダー打倒のため、フリーカメラマン・一文字隼人を仮面ライダー同様の改造人間に改造する。だが、一文字も脳改造の直前に本郷に救出され、もう1人の仮面ライダーとなる。 こうして誕生した2人の仮面ライダーは日本と海外に別れ、時には共闘しながら、オートレーサーとしての師・立花藤兵衛、FBI捜査官・滝和也、自分たちに憧れる少年仮面ライダー隊などの多くの仲間たちの協力を得て、ショッカーと戦う。 普通の人間に戻れなくなった悲しみを仮面の下に隠し、「人間の自由のため」に戦う。
★運転免許をなくした時の再交付の仕方★
この前、財布をなくし・・・・          まだ見つかりません(-д-;) 身分証明書代わりに使っていた、運転免許証。 意外に、ないと困りますよね;;;運転も出来ませんし、失くした時にな限って、使う場面が多かったりと~ という事で「紛失した際の運転免許証の交付そ仕方」を調べてみました。 まず・・・・ 運転免許証を「遺失・盗難・汚損・破損」した場合、所定の申請手続きを行うことによって、運転免許証の再交付(再発行)が可能との事。 ※ただしどのような理由があれ運転免許証の再交付手続きは本人が行わなければならず、家族などの代理人による手続きは認められません。 【運転免許の再交付(再発行)に必要な書類】 ・運転免許証(汚損・破損した場合) ・運転免許証再交付申請書(手続き場所にあります) ・運転免許証紛失・盗難てん末書(手続き場所にあります) ・申請用写真1枚(縦3cm×横2.4cm) ・遺失、盗難の方、または運転免許証で本人確認が難しい場合は身分証明書(保険証、年金手帳、身体障害者手帳、パスポート、社員証(名前・生年月日・住所すべて記載のもの)、学生証、住民票、外国人登録証明書など) ・印鑑(認印で可) ◆IC免許証の場合は、暗証番号(4ケタの数字2組)が必要。 そして・・・・・ ※再交付と同時に「住所変更・氏名変更」等を行う場合は、「住民票・外国人登録証明書」などの住所変更、氏名変更が確認できる書類が必要になります。 ※必要書類等は各都道府県によって扱いが異なりますので、例えばA県ではOKでもB県ではダメな場合がありますので、手続きする前に手続き予定の運転免許センターへお問い合わせのうえ手続きを行ってください。 【運転免許の再交付(再発行)の手続き場所】 運転免許証の再交付(再発行)は運転免許証に記載している住所地を管轄する ・運転免許試験場 ・運転免許センター ・警察署 で申請手続きを行うこととなります。しかし都道府県によっては、警察署では再交付手続きができず、運転免許センター(運転免許試験場)でしか手続きが出来ない場合がありますので、確認のうえ手続きを行ってください。 また、「運転免許試験場・運転免許センター」で手続を行えば原則、即日交付ですが、警察署で手続きを行った場合は後日交付となります!! 【運転免許の再交付(再発行)の手続き可能日時】 再交付手続きの受付日時は各警察署、運転免許センターによって異なりますが、、、 「平日(月〜金)の8:30〜17:00(12:00〜13:00は除く)」となっている場合が多いようです。詳しくは手続きをする予定の運転免許センター等へ~ 【運転免許の再交付(再発行)の手数料】 (費用) 運転免許証の再交付(再発行)に伴う申請手数料(費用)は・・・・・・ (2015年4月1日〜手数料が改定) ・3,500円(仮免許証は約1,100円) あぁ・・・財布も失くし、お金もかかり、手続きにも時間がかかり。。。(〃_ _)σ∥ 良い事ありませんね::: みなさんも、財布等を無くさないように気を付けて下さい!!
ロボットが役割を持つことの幸せ。自律ライディングロボット「MOTOBOT ver.1」
ヤマハの「のるロボット」の正しさと美しさ ロボットを作るというのはハードウェア屋の憧れでもある。 夢とつながるロボットならなおさらだ。 ヤマハの作ったロボットはバイクにのるためのものであるが、市販されるために作られたわけではないそうだ。人間が乗りやすいバイクを作る為の仕事をしてもらう専用機という。 つまり、人がのるバイクの走りを高めるための、いわば試走専門のライダーとも言える。 産業用ロボットは総合的な人型ロボットに比べて普及しているというが、「MOTOBOT」の職人的な立ち位置のライダーロボットになにかひかれてしまう。 役割を持った存在というのは人間でもそうだが、ロボットであっても羨ましいものなのだ。 生まれた時からその存在になんらか役割がある。そういうハードを作りたい。 ヤマハ発のロボットライダー 時速100キロで疾走 http://www.nikkei.com/article/DGXMZO93443750Q5A031C1000000/ ヤマハ発動機がこのほど、開発中の「ロボットライダー」を披露した。センサー、コンピューター、アクチュエーターを搭載したヒト型ロボットだ。大型バイクにまたがり、周囲の状況を認知、判断して自ら運転する。米国で進めている実験ではサーキット上で時速100キロメートル超で走り込むことにも成功した。ロボの開発を通じて二輪車の制御技術を研究し、製品に落とし込んでいく。 米ヤマハ新会社CEOに訊く自律ライダーロボへの思い 東京モーターショー初出展 http://kai-you.net/article/22586 「特化・超越」というのがこのロボットのコンセプトなので、歩くこともしゃべることも、声を認知することもできません。でも、サーキットでバイクを運転させたら超速い! というのがポイントになっています。 サーキットでロッシを超越するために。 http://global.yamaha-motor.com/jp/showroom/event/2015tokyomotorshow/sp/exhibitionmodels/mgp/
A4サイズのクルマ~WalkCar(ウォーカー)
カバンにしまえるクルマの登場する時代 と聞いたら、やはり驚くのだが、実物を見るとセグウェイほどではない。むしろノートパソコンを踏んづけているような見た目は、冗談のようなのである。 ところが、動画を見ると予想外に現実味のなる使用感に驚かされる。 さらに日本人の開発という所も興味引かれる所だ。 まだ確定ではないが、以下のようなスペックのようだ。 ・日本円で10万円相当 ・A4サイズ ・2016年発売 ・時速10km/h ・連続12時間 ・最大荷重120kg 参考:http://spotlight-media.jp/article/179742005514909784 動画の冒頭で、カバンから取り出すわけだが、いったい「WalkCar」は何kgあるのだろうか。ノートパソコン位だと(1kg以下)、笑ってしまうだろう。 楽しみだ。 WalkCar (cocoa motors) http://www.cocoamotors.com/ WalkCar[ウォーカー]は、カバンに入れて携帯できる世界最小の電気自動車です。行きたい方向に体を向けるだけで、自由自在に移動ができます[カーブ/アクセル/ブレーキ操作]。ノートPCサイズの本体は、気軽に持ち運べるので、いつでもあなたの「徒歩」をサポートしてくれます。 つまり、"歩く"か"WalkCar"か、選べる時代が来たのです。 東京には実物がある場所があるらしい。 http://www.lexus-int.com/jp/intersect/tokyo/garage/garage20150616.html http://www.lexus-int.com/jp/intersect/tokyo/concept/#information