yummlyskitchen
3 years ago1,000+ Views
手作りヨーグルト チュートリアル
以前紹介したヨーグルトの作り方をチュートリアル式に詳しくご紹介します〜
ヨーグルトが大好きで毎日たっぷり食べるという人に特におすすめです。材料は牛乳だけなので安くあがること間違い無し。
また小さいお子さんがいるおうちには添加物などの心配もなく安心安全です。
我が家は両方とも当てはまるため、最低週2回は、今回紹介する分量の2倍量でつくってます。
なによりもおいしいし、面倒な作業もほとんどなく手軽に作れるホームメイドヨーグルト。
ぜひぜひお試しください〜
まずは必要な道具と材料です〜
⚫️空の蓋つき容器、1リットル分 (私は約350ml入りのガラス瓶を3本用意しました。ガラスでもプラスチックでもどちらでもOKです。)
⚫️温度計 100度ぐらいまで測れるもの。
⚫️牛乳 1リットル
⚫️ヨーグルト 大さじ3(今回だけプレーンで無添加のものを少量だけ購入してください。2回目からは自分でつくったヨーグルトをスターターとして使えます。)
⚫️写真にありませんが、牛乳を温めるための鍋と、かき回すためのスプーン
⚫️それから発泡スチロールの保冷箱、またはクーラーボックス。
我が家はサーティワンアイスクリームの箱を使ってます。
それでは作っていきましょう。
まず、鍋に牛乳を入れて強火で温めます。
沸騰する少し前、表面に膜がはって泡がぼこぼこ立ってくるのを見計らって、火をとめます。(たぶん温度をはかると80度ぐらい。)
温めている間は沸騰させてしまわないよう、近くにいて気をつけていましょう。
火をとめたらそのまま、牛乳の温度が40度前後になるまで置いておきます。
そのときの気温によりますが、だいたい30分〜1時間はかかると思います。
その間に容器を熱湯で簡単に洗浄します。
うちでは熱湯を容器に注ぎ、蓋をしてシャカシャカ振ってからお湯を捨て、蓋を外したまま冷ます、というふうに簡単に済ませてます。
スプーンや、温度計も綺麗に洗ってあれば大丈夫です。
41度まで下がりました。
こないだつい忘れていたら37度まで下がってしまいました。でも問題なくできあがったので、40度プライスマイナス3度ずつぐらいの間と考えれば大丈夫だと思います。
スプーンで膜をとります。
膜が残っていると舌触りが滑らかにならないので、膜は綺麗にとりましょう。
ヨーグルト大さじ3杯を加え、
スプーンでよくかき混ぜます。
牛乳を容器に均等に注ぎます。
注ぎ口がついた容器に移してから注ぐと作業しやすいですが、わたしはいつもは鍋から直接注いでます。
瓶の蓋をして、発泡スチロールの箱に入れ、熱湯を少し冷ました70度から80度のお湯を注ぎます。
底から2cmぐらいの位置まで入れればオーケーです。
箱に蓋をして、どこか少し暖かい場所におきます。
我が家はスイッチを切ったオーブンの中にいれてますが、毛布やタオルなどに包んでおくだけでも結構保温が効くようです。
そのまま4時間から6時間おいておきます。
箱から出すと、クリーミーなヨーグルトの出来上がりです。
あとは冷蔵庫で冷やすだけ。
冷蔵庫で6時間以上じっくり冷やしましょう。
よーく冷えたヨーグルト、お好みの食べ方で召し上がれ!
いかがでしたか?簡単だと思いません?
一度ぜひお試しあれ〜
3 comments
凄〜いですね。 試してみます
2 years ago·Reply
ぜひぜひ〜❤️ 作り始めると本当にやめられません😊
2 years ago·Reply
いいね❤️
2 years ago·Reply
8
3
4