yummlyskitchen
3 years ago1,000+ Views
自宅で焼ける♪パン屋さんのようなパン サワードウブレッドを焼いてみませんか?
以前から紹介しているサワードウを使ったパンの焼き方、これから何回かにわけて、チュートリアル式に詳しくやさしくご紹介していきたいと思います♪
まずはサワードウブレッドの特徴について簡単にふれておきます。
サワードウとは、小麦などの粉を発酵させてつくる天然酵母のことです。
普通家庭でパンを焼くときはイーストを使うことが多いですが、イーストとはパンの発酵に適したイースト菌を化学的に培養したもので、パンを短時間で発酵させることができるという特質を持っています。
対してサワードウなどの天然酵母は、自然に存在する様々な酵母を利用したもので、パンの発酵をゆっくり促すため、発酵時間に長い時間が必要になります。
そこでサワードウブレッドを焼き上げるには、かなりの時間が必要になることは確かです。
もしもいちからはじめて、まずサワードウのスターターを起こし(3日ほど)、それからパンを焼きあげるとしたら、4、5日かかるでしょう。
でもサワードウスターターは一度作ってしまえば、粉を継ぎ足すだけでいつまでも使えるものですので、スターターさえ作ってしまえば、要1〜2日ということになります。
またいうまでもなく1、2日ずっとパン作りにかかりきりなわけでなく、ほとんどが発酵時間ですので、実際の作業時間がそんなに長いわけではありません。
サワードウブレッドの魅力はなによりも、外皮がかりっとし、中身がもっちり、しっとりとした独特の食感です。
サワードウという名のとおり、少し酸っぱい風味のパンが代表的ですが、いろいろなパンの種類があり、すべてが酸っぱいパンというわけではありません。
長い時間をかけて発酵させるためか、味に深みもあります。
イーストを使ったパンも美味しいですが、なかなかパン屋さんのパンのような味わいにはなりませんよね。
でもサワードウを使うと、まるでパン屋さんが作るようなパンが自分で焼けてしまうわけなんです!
しかも特別な道具が必要なわけでもありません。
普通のオーブンさえあれば、誰でもできてしまうサワードウブレッド、ぜひみなさんも一度試してみてはいかがでしょうか〜
次回はサワードウブレッドの基本の基本、サワードウスターターの作り方の紹介です。そちらもぜひご覧ください!
0 comments
6
Comment
1