tsutom
3 years ago500+ Views
登山靴の選び方
新緑の季節。(ちょっと暑いが)
緑が青々としてとても美しい。
新鮮な空気を味わいに、山に行きたくなるでしょう?
登山靴選びで考慮すべき点は以下の3点でしょう。
*ソール(アウトソール)が固い
登山靴のアウトソールは固くなっています。 なぜ固い靴が良いのかというと、固いアウトソールの靴は力を分散できるので、でこぼこの道でも歩きやすくなるためです。 特に本格的な登山靴になると、つま先だけで岩の上に立てるくらいアウトソールが固くなっています。しかしアウトソールが固すぎる登山靴は、平坦な道や緩いのぼりの道では、足の裏を曲げることが出来ないので歩きづらくなります。 どのような登山をするかで選ぶソールのタイプは変わりますが、 荷物も軽く比較的優しい登山がメインの方は、柔らかめのアウトソールを テント泊を予定している人は固めのソールがいいでしょう。
*ハイカットの登山靴
登山靴にはローカット、ミドルカット、ハイカットの3タイプに分かれます。 登山に向いているのはハイカットの靴で、ハイカットの靴は足のくるぶしまでカバーするタイプのくつです。 足首を固定されてしまっているので自由度は減りますが、その分下りで足首の負担を減らしてくれます。 体重を靴にまかせることが出来るので、ローカットの靴と比べかなり楽に下ることもできます。また足首をがっちりと固定してくれるので、足首の怪我をしにくくなると言う特徴もあります。 ミドルカットの靴はローカットとハイカットの中間。 ハイカットの靴に比べると自由度が高いので、 上り下りの少ない道には向いていると言えます。
*アッパーの素材と防水性
登山靴にはおおよそ2種類の素材が使われています。 スエードやヌバックなどの革素材とナイロンなどの化学繊維の素材です。 本格的なオールシーズン対応の登山靴はアッパーすべてが革でできているものが多く、 全てが革で出来た靴は衝撃に強く靴が長持ちする、防水性が強い、履くほどに足になじむと言った特徴があります。 一方ナイロン素材の靴は軽く通気性がよく、そして手入れが簡単などの特徴があります。 そして軽いというのもナイロンの優れた点なので、ナイロンと革の両方の素材を使用している登山靴もたくさんあります。 ナイロン素材の登山靴は扱いやすく、また初心者の方でもなじみやすいので最初の一足としておすすめです。 しかし防水性が弱いので、ゴアテックス(ゴアテックスブーティ)を採用した防水性に優れた登山靴を選びましょう。
登山は歩くスポーツ。
家を出た瞬間から家に帰るまで、何万歩、何十万歩も歩きます。
登山靴選びを失敗してしまうと想像以上の疲労が溜まりますし、危険なめに会う可能性も十分に考えられます。
登山靴は一番重要な登山用品ですので、店頭で迷って悩んで時間がかかってもかまいません。
慎重に、自分が本当に納得した靴を選びましょう。
0 comments
3
Comment
2