yummlyskitchen
3 years ago1,000+ Views
自宅で焼ける♪パン屋さんのようなパン サワードウブレッド チュートリアル1:スターター
自宅で焼ける♫パン屋さんのようなパンシリーズ、
前回のサワードウについてのイントロダクションに続き、
今日はサワードウブレッドになくてはならない、サワードウ・スターターの作り方をみていきましょう〜
それではまず用意するものです。
第1日目朝
強力粉 50g
ぬるま湯(人肌ぐらい)35g
プレーンヨーグルト(無添加)15g
ガラス瓶(容量が500mlぐらい)1本
はかり
スプーン
第3日目朝
強力粉 100g
ぬるま湯 100g
始めるまえにガラス瓶をきれいに洗っておきましょう。
わたしはいつも洗剤できれいに洗ってから、
熱湯を瓶に注ぎ、蓋をして瓶を振ってお湯を捨て、そのまま乾かしています。
第1日目朝
それではつくっていきましょう♫
第一日目、朝に作業をはじめます。
ガラス瓶に、小麦粉、ぬるま湯、ヨーグルトを入れスプーンでかき混ぜます。
蓋をのせるぐらいにして空気が多少通るようにし、そのまま2日間、室温においておきます。
季節によって室温が違うので、家の中にだいたい25度前後ぐらいの気温の場所をみつけましょう。
わたしは冬場はスイッチを切ったオーブンの中にお湯を入れた瓶などを入れ、そこに一緒においておきます。
暑い夏場は日のあたらない北側の部屋など、涼しめの場所をさがしておいています。
ちょうど今の時期(5月中旬)だと、室内にそのままおいて丁度いい気温のようです。
第2日目朝
サワードウの様子をみてみましょう。
蓋をあけてみると、少しだけど泡がボコっとでているのが見えます。
もしかしたら泡は見えないけれど、ちょっと表面が乾燥してるように見えるかもしれません。どちらでも大丈夫です。
でも横からみると昨日より少し膨張しているはずです。
あと一日そのままおいておきましょう。
第3日目朝
きのうより泡がボコボコたってます。
でも横からみると膨張が収まっている様子。
ここで強力粉を100gとぬるま湯100gをたしましょう。
スプーンでよくかき回して、今までと同じように25度前後の気温の場所に、夜までおいておきます。
第3日目夜
細かい泡がいっぱいでています。
かさもだいぶ増えた感じです。
もしかしたら膨張しすぎて瓶から少しこぼれ出てしまったかもしれません。
もちろんそれでも大丈夫です。その時々の温度や粉の違いなどで発酵の仕方が違ってくるみたいですので、写真とまったく同じようにならないかもしれません。
でもだいたい泡が朝よりたくさんでていて、膨張しているのであれば、あなたのサワードウスターターは成功です✌️


そう、これでサワードウスターターの出来上がりです。
あとは冷蔵庫に入れて保管しておきましょう。
すぐにパンを焼くことができなくても、
一週間ぐらいまでならそのままにしておいて大丈夫です。
次はいよいよサワードウを使ってパンを焼いていきます🎵
ここからが始まりですよ〜
0 comments
3
Comment
2