yummlyskitchen
3 years ago1,000+ Views
カップケーキ・チュートリアル2 フロスティング
お待たせしました♪
前回のカップケーキ・チュートリアルに続いて、今日はカップケーキを彩るフロスティングの作り方をご紹介します〜
フロスティングをしたカップケーキってとてもキュートですよね。あっさりした普段のおやつカップケーキが、フロスティングをすることで濃厚でボリューム感のある豪華なスイーツに変身しちゃいます。
誕生日やパーティーなど特別なシーンにはちょっと手をかけて、カップケーキを華やかなフロスティングで飾ってみてはいかがでしょう。
フロスティングにもいろいろな種類がありますが、今日ご紹介するのは、甘すぎるのはちょっと苦手という方(わたしも含め)にぴったりの、クリームチーズフロスティングです。
チーズとレモンの酸味がきいて、まろやかなのに甘すぎずさっぱりした口当たり。大人にも子供にも大人気間違いなし!
では、まずはフロスティングの材料です。
この分量でだいたいカップケーキ12個分ぐらいと考えてください。
お好みでお好きな色の食用カラー、ココアパウダーなどを混ぜ込むと複数色のフロスティングができます。それについては後ほど触れますので、そちらをご覧ください。
クリームチーズ 100g
バター 60g
パウダーシュガー 500ml
レモンを絞ったもの 小さじ1
クリームチーズとバターは室温においてやわらかくしておきます。
またこのほかに、電動ミキサー、絞り袋、口金、ゴムべら、などの道具も用意してください。
大きなボールにクリームチーズ、バター、パウダーシュガーをいれます。
電動ミキサーでクリームチーズとバターをつぶすようにしながらかき混ぜます(写真1.)。
パウダーシュガーの粉がかなりとぶので、シンクの中などにボールを置いて作業をするのがオススメです。
しばらくかきまぜていると写真2. 3.のように徐々に、「だま」が大きくなっていくのがわかります。
そして突然すべてが混ぜ合わさって「だま」がなくなり、クリーム状になります(写真4.)。
このままだと硬すぎるので、ここでレモンの絞り汁を小さじ1入れます。
なめらかなクリーム状になりました。これでプレーンのクリームチーズフロスティングが出来上がりです。
色をつける場合には、食用カラーを使います。
リキッド状のもの、パウダー状のものなどいろいろありますが、わたしは手持ちのジェル状のカラーを使いました(写真1.)。
ジェル状のものは、ほんの少量で色がつくので入れすぎに気をつけましょう。
楊枝の先にちょこっと(実はこれでも少し多すぎました。もっと淡いピンクにしたかったのにかなり鮮やかなピンクになってしまいました😅。)つけてクリームに入れます(写真2.)。
そして電動ミキサーでかきまぜると、ピンクのフロスティングの出来上がりです(写真3.)。
絞り袋に入れましょう。
今日わたしがつかうのは、使い捨て用絞り袋と、口金(丸口2種類と星型2種類)です(写真1.)。口金は18ミリ以上の大きめのを使ったほうが形よく仕上がる気がします。
絞り袋の先を口金の先がでる位置で切り、口金を入れて固定します(写真2.)。
コップなどを使って絞り袋を立て、フロスティングを入れていきましょう(写真3.)。
袋を上からぎゅっとしぼり、フロスティングを口金の方に押し下げます(写真4.)。
いよいよ絞っていきます!
カップケーキの外側から渦巻き状にぐるぐる中央に向かって絞っていき、先っちょをきゅっと上にあげて仕上げます。
とてもカラフルに仕上がりました!
今日は、プレーン、ピンク以外にも、淡いブルーとチョコレートフレーバーのフロスティングもつくりました。
ブルーはピンクと同じように青いジェルをほんの少し混ぜてつくります。(今回は気をつけて本当に少量混ぜたので思い通りの淡い色に仕上がりました😊。)
またチョコレートフレーバーは、ココアパウダーを上記のフロスティング材料分に対して大さじ3杯と水小さじ1をミキサーで混ぜこみます。
もちろんスプリンクルやほかのデコレーションアイテムをのせてもいいですね!
さあ、召し上がれ〜
いかがでしたか?
かわいくておいしいフロスティングカップケーキ、ぜひお試しください!
0 comments
7
Comment
3