fukuko
3 years ago500+ Views
本作で長編デビューを飾るインドの新鋭リテーシュ・バトラが監督と脚本を務め、インド­の弁当配達システムを題材に描くドラマ。間違えて届けられた弁当が取り持つ孤独な男女­の出会いと心に染みる交流を映し出す。『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日­』などのイルファン・カーンが主人公を好演。弁当箱に入った手紙を通してお互いを知る­二人の繊細な物語に心奪われる。(youtubeより)
まずは
インド映画ということで、インドの人の生活が見れるのが楽しい。
そして、出てくるカレーを見てインドカレーが食べたくなる。
インド人だろうと何人だろうと
孤独な主婦と、定年間際で寂しさを抱えている男性が
愛にすがりたくなるのは同じ。
メール時代だけど
改めて手書きの手紙の良さを思い知りましたとさ。
fukuko
0 Likes
2 Shares
0 comments
Suggested
Recent
Like
Comment
2