fukuko
100+ Views

イタリア ボローニャのパスタ

イタリアはボローニャを旅行中の友人から送られてきたパスタ写真。
↑パスタ盛り合わせ
全く味の予想がつかない。
ちなみにボローニャの位置はここ↑
ここに住むと太ってしまうほど食べ物がおいしいとか。
日本でもボローニャ風ミートソースという言葉があるように
内陸地のため肉料理が中心で、特に豚肉の料理が伝統。
イタリアの田舎って
素朴で美味しい。
日本のイタリアンを想像してると
その洗練のされていなさにビックリしてしまうので要注意。
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
グラタンの季節がやってきた!
コンテチーズをたっぷり使い、じゃがいもとグラタンにドフィーネ地方の郷土料理です 【材料】4人分じゃがいも              4個コンテ                80g牛乳                140g生クリーム              50g塩                   ひとつまみナツメグ、胡椒、ガーリックパウダー 各少々 【作り方】1)コンテは細かくすりおろす2)じゃがいもは皮をむき薄く切る3)ボウルに牛乳、生クリーム、塩、ナツメグ、胡椒、ガーリックパウダーを入れて混ぜ合わせる4)グラタン皿にじゃがいもを平らにひと並べする5)3を回しかかけコンテをのせる(半量は残しておき仕上げに使う)6)4、5の作業を繰り返す7)ふんわりとラップをかけて700Wのレンジで10分加熱する8)仕上げ用のチーズを表面にのせて180℃のオーブンで約20分加熱し焼き色を付ける 毎年、秋になると作りたくなる定番のお料理です ホワイトソースなしでできる簡単グラタンぜひ作ってみてくださいね このグラタンに使ったチーズは「コンテ」 コンテはフランス東部、スイスとの国境にある山脈地帯フランシュ・コンテ地方が原産地のセミハードタイプのチーズです フランスで最も生産量が多く、人気の高いチーズなんですよ 硬く大きなチーズなので、カットしてそのまま食べます クセのない味は料理にも使いやすく便利! 加熱するとよく溶けるので、チーズフォンデュやグラタン、オニオンスープなどに入れてもよく合います フランスのカフェで出される軽食として知られるクロックムッシュにもコンテが使われています 塩気が強すぎず、ミルク風味もしっかりと感じられるチーズで、熟成が進むと栗やクルミのようなナッツの風味が加わります 食感もホクッとした感じになり、大変美味しいチーズです
Santa Maria Novella CINQUANTA サンタ・マリア・ノヴェッラ チンクアンタ スプレーバイアル
もしかしてサンタマリアノヴェッラで初のスプレー? 世界一古いアポセカリーだと有名なサンタマリアノヴェッラですけど、フィレンツェと京都が姉妹都市なので周年記念にオーデコロンが発売されてるんです。今年も50周年なので発売されたんですが、でもこんな携帯できるアトマイザータイプは今まで見たことない。中身関係なく欲しいー。 定番のボトルはこれです。これはこれで、外箱に笹倉鉄平さんの絵が入ったスペシャルバージョンなんですよねー。フィレンツェに日本庭園があって、その景色らしいです。 肝心の香りについて書いてあったのは、 トップノートにクチナシ、オレンジフラワー、ティアレが、ラストノートには ムスクとアンバーが上品に漂います んーイメージ湧くような湧かないような。クチナシの香りは好きなんですが、ムスクとアンバーというとちょっとオバサマ系クラシックな香りなのかも?一応LEONの記事貼っておきますね。 オーデコロン 21600円 100ml スプレーバイアル 3888円 15ml 40周年の時は Citta di Kyoto(チッター ディ キョート)という香りだったそうです。蓮の香りで今も売られてるみたいなのでご参考までにー。 Santa Maria Novella
自転車と言えば…BIANCHI(ビアンキ)
ビアンキは、現存最古の自転車メーカー。イタリアのブランドで、創業は1885年だという。 この画像のように「チェレステ(天空)」をブランドイメージにしていて、おそらく見たことのある人も多いのではないかと思う。 ここ何年か、おしゃれ自転車に乗って通勤するのもブームなのか増えてきているし、 満員電車に疲れたので、購入検討中!!!!!! そこで、ビアンキの中でも、BIANCHI ROMA2 2015がいいかな〜と。 街乗りにはぴったりの自転車らしいぜ。 価格は、90,000円(税別)ってことで、毎日通勤で使うなら、、ちょっと頑張って購入してみたい。デザインもスタイリッシュで、若者にも人気らしい。 重量がそこまで軽くなく、ライドポジションなども考えると長すぎるライドには向かないかなぁと思いますが、街乗りメインで週末にはちょっと遠出のサイクリングを楽しみたいという方でしたら十分に対応できるスペックが魅力となっています。(中略)細かなギアチョイスができることからスピードを出しで走行性能を楽しみたいという方のニーズにもお応えできます。 ギアチェンジが9速までできるようになっているので、負荷をかけたい時によって、細かい調整もできるようだね。 上記、http://pedaltimes.com/bianchi-roma2-2015/ からの引用。 カラー展開は、チェレステカラー、マットシルバーとマットブラックの3カラー。 ぼくは、マットシルバーとマットブラックで迷うな〜。 自分が女だったら、チェレステカラーにしてしまうな、おそらく。
麻のお洋服が着たくなったら120%linoがピッタリです^^
なぜかしら、今日は冬に戻ったようなお天気でしたけれど、もうすっかり頭の中は春のお洋服のことばかり。せっかくお買物計画を立てたユニクロ・ルメールには未だに行けておりませんし、机にかじりついてウィンドウショッピングしております。^^; 私はニットから脱皮しましてコットンやリネンのシャツを着ると春本番の気分になるのですけど、みなさんいかがですか?お日様を反射するような白や明るい色の軽いお洋服が早く着たくてうずうずしますね。 なかでも私が毎年チェックして一枚は購入してしまうのが、120%linoというブランドのお洋服です。 名前からお判りだと思いますけれど、いつのシーズンも基本的に麻のお洋服だけを扱ってらっしゃるイタリアの専門ブランドなのです。しかもこのお名前ですから、麻の素材は柔らかく光沢がある本当に上質なものをお使いで、染め方の技法も特殊なので発色が最高にクリアで美しいんですよ。実は品質のわりにはお値段も良心的なんです。もちろんプチプラではありませんのでお安くはありませんが…^^; 本家のコレクションは少しヨーロッパマダム・マドモアゼルのクラシックさを感じるものも多いのですが、日本ですとセレクトショップさんが別注をかけてらっしゃることが多くて、そちらの方が日本のデイリーウェアとして違和感のないスタイルだと思います。例えばこちらの画像はspick and spanというショップの昨年のものですね。今年も4月頃出てくるかもしれませんね。(*^^*) 残念ながら日本での扱いショップ一覧のようなものはないようなので、zozotownやrakutenのようなモールで検索されて、その中で取扱いなさっているお店に行ってみるとお買物し易いかと思いますよ。^^ 私は毎年かなりの確率で白を買ってしまいますので、今年は黄色いシャツやボーダーをチェックしてみようかしら。麻のシャツファンの方がいらしたら是非お試しくださいね。
キャンディみたいに可愛いパスタ♡Padonni・パドンニ
久しぶりに乙女心をくすぐられるもの、見つけてしまった!カラフルでとっても華やかなこちら、一見キャンディにも見えてしまいますけど実はパスタ。最高級品質のデュラムセモリナ小麦を原料で作られている正真正銘のパスタで、味もモチモチで美味しいらしいです。形がユニークなパスタとかはよくありますけど、色も含めてここまでキュートなパスタは見たことないかもしれないです。 優しい色も素敵ですよね。この色には、天然の色素が使われていて、オレンジはパプリカ、イエローはウコン、グリーンはほうれん草、ピンクは赤ビート、ブラックはイカ墨、なんだとか。 形もいろいろで、こんなキュートな帽子型もあります! その他にも、星型、ハート形、流れ星型などなど・・・ パッケージもちいさいパックのタイプからボックスのものまであるから用途によって使い分けできるし、さらにデザインも超超かわいい! ちょっとしたプチギフトやお返しなんかにも絶対喜ばれそうなかわいいパスタ。みているだけでも楽しいけど、実際にお料理に使ってみたらすごく華やかで楽しげな食卓になりそう。もちろん味も気になります。 女子ウケ間違いなし、と思うのでホワイトデーのお返しにもいいかもしれませんよ!! http://www.mylabel-kowa.co.jp/padonni/padonni.html