noriko
1,000+ Views

Whittard(ウィッタード)の 不思議の国のアリスシリーズ

最近Twitterで知ったのですが、
今年はルイス・キャロル『不思議の国のアリス』が刊行されて150年、ということで
イギリスの老舗紅茶屋さんWhittardからアリスシリーズ商品が売られているとのこと。
調べてみたら、か、か、かわいい!!
こちらのパッケージもそそりますね。
こちらも赤いリボンがキュート。ミルクチョコレートです。
かなり乙女心をくすぐりますね。。プレゼントにも喜ばれそう。
その他にもポットやお皿などかわいいアリスグッズがいっぱいですよ〜
日本でウィッターズが販売されいるのはレオニダス赤坂店。
しかしこの「アリスシリーズ」が売ってるかどうかは未確認。
近く、チェックしにいきたいと思ってます!
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
新漆器「百色 hyakushiki」に驚きました!
こちら昨日のテレビで紹介されていたようなのですけど、みなさんご覧になりました? 写真のすべてが漆器なのです! 漆器といえば木製品に漆を塗ったものというのが定番ですけど、こちらはガラス器に漆を塗られたもの。今までの漆器ですとフォークやナイフなんてとても当てられませんでしたけど、こちらは内側はガラスそのままなので普通に使えるのですね。^^ 漆が塗られていているのは外側で、このガラス表面に漆を定着させられるようになったのがとても画期的な技術なのですって!素人が想像しても普通でしたら剥げてしまいそうですものね。20年の年月をかけて実現されたそうですよ。 こちらのタンブラーが気になっておりますけど、やはり朱赤の色が使われているといかにも漆という感じがしますね〜。(*^^*) テレビで取材されてましたけど、このぼかしも含めて柄付けや色つけはすべて職人さんが手作業でなさってるんです。粘度が高いのでぼかすのは難しいとおっしゃっていましたけど、こんなに均一に仕上がってるなんて素晴らしいお仕事ですね。(青いところを見ると横にたくさん線が入ってますので粘度の高さを感じます!) ストライプのものは、ストライプの上からさらに漆を塗って、外側は単色で内側はストライプに見えるデザインが多いようなのですけど、私はこのまばらに地のガラスが透けているデザインが好きです。^^ こちらのストライプ、一本一本職人さんが手で描かれてるんですよ!ボウルを一つ仕上げるのに大変な時間がかかるとおっしゃってました。具体的な時間を忘れてしまいましたけど…^^; 漆って、今は外国でもNatural Lacquerっておっしゃる方の方が多いですけど、一部のヨーロッパの方だけかもしれませんがJapanって呼んでいただけるとなんだか嬉しいですよね。 タンブラーやボウルもデザインによりますけど5000円前後のものも多いようですから、年配の方や外国人のお友達に贈りものをするときちょうどよさそうです。 こちらがきっかけで海外の方がデイリーにお使いになったら、Neo Japanと呼ばれるのかしらなんて勝手に盛り上がってワクワクしてしまいますね〜!丸嘉小坂漆器店さん、応援しております〜^^ 百式 hyakushiki 丸嘉小坂漆器店
巴裡 小川軒
東京で、とらやさんに太刀打ちできる唯一の存在だと個人的に思っているレイズン・ウイッチの小川軒さんです。 ただし、”小川軒”って4つあるんですよ。「長男が代官山、次男が新橋・目黒、三男が御茶ノ水、鎌倉が親戚」とのこと。要は文明堂や風月堂、千疋屋と同じ状態ですね。どっちが本家とか、どっちが美味しいとかそういうことでもなく、その辺の事や食べ比べがコチラが詳しいです(諸説あるようですが)。 そして、肝心のレイズン・ウィッチ。洋酒に漬け込まれたレーズンと生クリームに近いクリーム、そしてサクサク食感のクッキー。ほんと美味しいですよね!あの絶妙なサイズと、持った時にずしりとくる重量感。あまり日持ちしないという”有難さ”もいいんですよね。 それから、多くの人が「アレに似てない?」と思っているであろう、そう!六花亭の”マルセイバターサンド”ね。この辺については、ほぼ日さんのコチラで六花亭の社長さんが語っております。 ちなみに、今回紹介するのは、新橋と目黒にある「巴裡 小川軒」さんです。ネット通販をやっておらず、WEBで申込みをして店頭で受け取る「WEB予約」のみという本気度。鮮度重視で地方発送すらやってないのです(御茶ノ水と鎌倉はネット通販もあるようです)。 ◇新橋店 最寄駅:新橋駅すぐ 住所:港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館1階 電話番号:03-3571-7500 営業時間:9:30〜19:00(土曜日は17時まで) 定休日:日祝(不定休あり) イートイン:◎(サロン・ド・テ併設) ◇目黒店 最寄駅:東急東横線「学芸大学」徒歩10分 住所:目黒区目黒本町2-6-14 電話番号:03-3716-7161 営業時間:9:30〜18:00(土曜日は17時まで) 定休日:日祝(不定休あり) イートイン:△ 創業:1905年 分類:老舗洋菓子店 個人評価:★★★★1/2 http://www.ogawaken.co.jp/
放り込むだけ サツマイモでおつまみ料理
以前どこかでstaubにサツマイモとリンゴを放り込むだけのおやつの話をしましたが、甘くない方のバージョンも便利です。 サツマイモでお腹も満たされるので、疲れて帰ってきて呑みたいけどお腹が空いてる、という時の手抜きおつまみとして重宝(笑)。 材料の基本は、サツマイモ、パンチェッタやベーコンなどの塩気と旨味のある動物性タンパク質、玉ねぎやその他ネギなど香りのある薬味、水分、塩気を調整するもの、以上。 この写真のときは以下のようなアレンジでした。 1)長ネギのみじん切りとベーコンの端の脂身が多いところの屑を底に敷いてからサツマイモを入れて、最後にベーコンを乗せる。 2)鍋底に行き渡る程度のロゼワイン(もう抜けちゃったやつ)と黒胡椒たっぷりを振って蓋をし、最初は中火、煮立つ音がしたら弱火で15分。 3)一度蓋を開けてキノコダネとバターひとかけらを乗せて、また蓋を閉めて5分。火を止めて蒸らし5分。食べる前に鍋底からごろっと混ぜ返してもう一度黒胡椒。 長ネギの甘いお焦げができて食欲をそそりますよ、カジュアルな赤もコクのある白もOK。蒸すと普通のサツマイモも甘くなるし、余ったら翌日お出汁とルーを入れてクリームシチュー風にするともう一度手抜きができます(笑)。 ちなみにこの日はベーコンも切って冷凍してあったしキノコダネ(複数のキノコ類を酒と醤油で煮詰めたもの)も冷凍してあったので、サツマイモとネギをざくざく切って鍋に放り込むだけでした。 細部にわたって気を使う料理も楽しいんですが、日常はやっぱりいかにラクして美味しいもの食べるかってことを考えちゃいますね〜。
今週末はイギリスを楽しもう!BRITISH MARKET 開催
BRITISH MADE青山店で10月31日(土)、11月1日(日)にBRITISH MARKETというイベントが開催されます。 アンティーク雑貨や英国グッズ、紅茶やお菓子、チャツネなどのショップが登場するそうです! <出展一覧(予定)> テーブルウェア:EmmaBridgewater はちみつ・雑貨:チェーンブリッジハニー アロマグッズ:ヴォルドウィン 紅茶:リントンズ、SUKI TEA、NEWBY、CARTWRIGHT&BUTLER、DUCHY、Cath Kidson お菓子:Mornington Crescent、WALKERS、CARTWRIGHT &BUTLER、DUCHY、Cath Kidson 食品・お菓子:Swan&Lion(ジャム・チャツネなど) イギリスワイン・サイダー:ワインスタイルズ 雑貨・ロイヤル・グッズ:にしぐち瑞穂さん カーグッズ:アンティーク小物:ル・ガラージュ インテリア小物・アンティーク雑貨:ビクトリアンクラフト 個人的にはやっぱり紅茶とお菓子が気になります(*^^*) WALKERSとか、美味しいですよね。 他、アロマワークショップや、英国王室ウォッチャーとして知られるスタイリストにしぐち瑞穂さんと嗜好品研究家・服飾ジャーナリストとして活躍する井伊正紀さんとのお二人によるトークイベントなどもあるそうです。詳細は以下のリンクでどうぞ。 BRITISH MARKET 日程:2015年10月31日(土)12:00〜20:00、11月1日(日)12:00〜18:00 会場:ブリティッシュメイド 青山本店及び隣接ショールーム 東京都港区南青山5-14-2 Kizunaビル1, 2F
英国発ブランドJack Wills(日本未展開!)
日本未上陸だという、このブランド Jack Wills、「若くて、最高に英国風」というコンセプトのブランドらしいのです。 確かにモデルも若い男性を起用しているし、あのOne Directionも愛用しているブランドしているので、ターゲットは若い男性のようである。(詳細は、記事の下部で書いてます) 独断と偏見で、公式サイトからGochiがピックアップしたものを挙げていこう。 これからの季節、気になるのはこのミリタリージャケットだろうか。 LESTERTON BOMBER £79.50 こちらは、スリムデニム。 KIRKHAM SELVEDGE SLIM JEAN £89.50 白いシャツと合う爽やかに着こなせるアイテムである。 イギリスにある店舗の様子。2010年7月のVOGUEのブログで、このJack Willsは以下のように語られている。 プレピーファッションのニッチ市場を開拓しようと、Peter WilliamsとRobert Shawによって、1999年にイギリスで創設されたブランドJack Wills。なんでも流行を煽るために、上流階級の子息・令嬢が通う寄宿学校で無料サンプリングを行ったとか。近年では、ケンブリッジ大学 vs. オックスフォード大学のポロ対抗戦を開催したり、野外音楽祭やアルペンを含む高級スキー場でのイベントに対してスポンサー協力するなど、独自のマーケティング展開が注目されている。この抜け目のない、一見ありきたりな戦略が功を奏し、ブランド創設10年目を迎えた去年の売上高は56億円にまで達している。 このブログによると、このターゲットは、イギリスアッパーミドルクラスの若者らしい。 カジュアルかつ上品さを残せるこのスタイル、日本でいうといわゆる慶応ボーイが好みそうな服である・・・
Admiralのスニーカーをご存知ですか?
最近白いスニーカーの方がとても目立ちませんか? 私の周りのおしゃれな方はみなさんスニーカーを、それも白を秋になってから履き始められて、それが素敵なんです〜 (*^^*) 以前は大人の女性の靴として白いスニーカーってモデルさんくらいしか堂々と履けなかった気がしますけど、今なら私も履けるはずと思い物色物色の毎日でございます。 その候補の一つがAdmiralというイギリスのもの。スタートが英国海軍の制服なので水兵さんのお洋服についていそうなマークがブランドロゴなのだそうです。私はミツカンみたいだと思ったのですけど…^^; 私の候補は LEICESTER(レスター)というモデルです。甲が薄そうで大人っぽく見えそうに思いません? 私の足は本当は甲高なのですが、足の形が少しでも大人っぽく見えるようにシルエットはよく見て選ぶようにしております。カラーリングも色の分量が多くなくて、シンプルさを保ったままでアクセントが入っているところが素敵だなーと思っているんです。 ビームスの方のインタビューがありました。もしかしたら女性よりもメンズの方でメジャーなブランドなのでしょうか?由来から想像するとそうかもしれませんね…でもサイズがあれば女性が履いてもいいですよね!^^ アドミラルを履くべき理由 Admiral
365日
代々木八幡の商店街のマルマンとローソンの間の道を入った右手にある話題のブーランジェリー。その名の通り”年中無休”が1つの特長で、富ヶ谷というお土地柄を活かして地元密着を重要視しているよう。 外から見た通り、店内は広くないけど開放感があって機能的な感じ。「カッコつけてるけど、カッコつけすぎててない」バランスが絶妙。写真の反対側(入って右手)はイートインできるカウンターで、7-11時はモーニングをやっている。しかも、パン食だけじゃなくて、おにぎりとか、味噌汁とか、魚とかの和朝食も!! パンの値段は決して安くないけど、1人や2人で食べる量として考えると、頻繁に「プチ贅沢」できる絶妙な大きさ。「一つ一つの積み重ねが、365日を充実させる。」というコンセプトにも頷けます。 パン屋だけではなく、ディーン&デルーカ的な”食のセレクトショップ”という要素もあるのがこちらのもう1つの特長。いろいろ調べてみると、オーナーの杉窪章匡氏は元ディヌ・ラルテの人なんすね、納得!パン好きなら絶対行くべし。きっとこの近所に住みたくなりますぜ。 ■オフィシャルサイト http://www.365jours.jp/ https://www.facebook.com/365joursTokyo ■外部記事 http://www.elle.co.jp/atable/hunter/bread_14_0122 http://feature.madamefigaro.jp/gourmet/140503bakery/51164.html http://allabout.co.jp/gm/gc/436148/ ■店舗情報 渋谷区富ヶ谷1-6-12 03-6804-7357 7-19時 年中無休