nekoneko
2 years ago1,000+ Views
練馬区立牧野記念庭園
日本の植物分類学の父とされる牧野富太郎。
64歳から94歳で生涯を閉じるまで住まわれた大泉学園の住居が
現在は「牧野記念庭園」として開放されています。
牧野富太郎とは。。。
平成24年に発行されたこの切手で知った方も多いのではないでしょうか。
園内は、あまり広くはないのですが300種近い植物があり、
季節ごとに様々な種類を楽しむことができます。
新緑の季節は特に気持ちがいいですよ。
庭園内にある記念館。美しい曲線と大きな窓が魅力的なこの建物は
内藤廣建築設計事務所によるものだそうです。
ここでは、常設展の他に企画展も開催されており
最近まで高野文子さんの企画展が行われていましたよ。
現在は、関根雲停の植物画が開催されています。
植物ファンならずとも、ぜひオススメしたい場所なのですが
さらにすごいのがこちら無料なんです。
庭園はもちろん、企画展やギャラリートークなども無料というから驚きです!
ということで、さらにオススメです!
牧野記念庭園情報サイト
公式Twitter
0 comments
3
Comment
6