egumi
2 years ago1,000+ Views
マツコとマツコの友情に新展開? 25秒のほっこりOPが6月から新バージョン
今一番気に入ってるオープニングアニメが、4月から始まった世界初アンドロイドバラエティー『マツコとマツコ』のそれ。日テレ系で毎週土曜23時からってことでご覧になってる方も多いとは思いますけど、どちらかといえば注目されたのは、CARO EMERALDの曲 - Coming Back As a Man の方。曲は変わらずで、6月からアニメーションが次のバージョンになってるんだけど気づいてます?
まず4月スタートから2ヶ月は、勝手に命名すると『マツコロイド誕生篇』(2分45秒から)。石黒浩教授には似てないけど科学者が地下室?で中肉中背のアンドロイドを完成。気づいたマツコが階段を降りてきて完成品に触ると、これがみるみるマツコロイドに。乾杯したり雑誌見せたりで、マツコが1人じゃない感が微笑ましいです。
6月6日からの第2弾は、これも名付けるなら『愛を確認篇』または『梅雨の倦怠期篇』。でもこれまた2ヶ月引っ張るとしたら梅雨というわけにもいかないと思うんですけどね。7月末まで引っ張るのか、もっと早めに第3弾に変わるのか。とりあえず第2弾は窓から雨降りを眺めるアンニュイなマツコに、ロイドがお茶を差し出すところから。
そんな優しいロイドの好意を台無しにするイライラマツコ本体。ロイドかわいそう。このあとロイドは肩を落として雨の中をとぼとぼ彷徨います。「マツコ、もう私に飽きたのかしら、私が邪魔なのかしら、あのお家にはもういられないのかしら」そんな感じ。
とかやってたら本体が登場。身体がデカすぎてほとんど見えないけどちゃんとロイドのために傘を持ってお迎えに来たと。このあと二人で雨に唄えばさながらにスキップするんですがこれがまたいい感じで身軽な肥満体が愛おしいですよ。また二人に戻れてよかったねと勝手に一安心しました。オカマゴコロと梅雨の空篇と命名してもよさげなストーリーですよね。OP全編は日テレオンデマンドで最新放映分を選ぶと見られます。再生始めてからしばらく経って挿入されてるので待ちましょう。
ところでこのオープニング曲を歌うCARO EMERALDさんですけど、他の曲でこんなPVがあるんですよ。この方今34歳らしいですが、これ観てると映画主題歌を歌い続けていた往年の名歌手みたいな気がしてきます。映像はこっちのVを参考にされるのかもしれないですね。私は昔こんなOPの映画があったような気がしてたんですけど思い出せないです。
この『マツコとマツコ』のOPについては森三平という会社が作ってるらしいです。『マツコの知らない世界』なんかも同じ会社らしくて個人的にかなりツボな会社です。こちらのブログに詳しく説明されてたので同じ趣味の方は見てみましょ〜
続き
最新
3 comments
わたしも変わったの気が付きました。かわいいですよね
2 years ago·Reply
たしかに曲ばっか気にしてました。録画みよう。
2 years ago·Reply
スピンオフアニメーション見たいくらいいいですよね!
2 years ago·Reply
Like
3
1