eellife
2 years ago1,000+ Views
写真の、盤面裏に貼られている部分が「Chronos」である。
スマートウォッチを身に付ける=時計丸ごとを取り替えなければいけないというのは、時計という歴史遺産との戦いに無為に突っ込むだけのことである。
常に身に付けているものが賢くなってくれれば(例えば高精度センサーを持てば)良い。と割り切れれば、このクロノスは実に無駄がないデバイスである。
スマートフォンから通知を振動や光で通知
アクティビティトラッカとして利用可能
バッテリは36時間
接続はBluetooth 4.0
充電はワイヤレス
サイズ直径33mm、厚み3mm
90ドル
すっかりべブルを着けるのが当たり前になった私。
元々腕時計を持っていればこの選択は中々正しい気もする。
個人的にはバッテリーがなかなか厳しそう。
やはり省電力が進めば進むほど手軽になるはずなのだ。
◆普通の時計をスマートウォッチにしてしまう後付けデバイス、ChronosがPre-order開始
◆小さなディスク型デバイスのChronosが普通の時計をスマートにする
◆公式サイト
ほかにも肌に貼ったりシールでモバイルデバイスをコントロールするというものも研究中されているそうだ。
新しい道具と、既存のものをアップデート(パワーアップ)。
どちらが人間のこころを掴むのだろうか。
スマートウォッチの次はスマートステッカー?肌に直接貼り付ける「iSkin」
0 comments
2
Comment
3