aki111
1,000+ Views

子供が乗って操作できる車!? 東京おもちゃショーのトヨタブースに注目!

6月18日(木)から21日(日)までの4日間東京ビックサイトで行われている東京おもちゃショーにトヨタ自動車がブースを出展。そこではなんと子供が運転できるコンセプトカーがあるのだそうです!
こちらがブースに展示している「Camatte はじめ」。
シートベルトを着用し、ハンドルを回すことやアクセル・ブレーキペダルを踏むことなど、クルマの操作を実際に体験することができる。
と、かなり本格的。
車の種類は他にもありますよ。
例えばこんな救急車。
男子の憧れ、パトカー!
こんな楽しげなホットドックの車など、
合計13種類の車から自分好みのものを選ぶことができます。
さらにブース内にクルマが走る街並みを想定した「走行コースの模型」が設置されていて、ARによりあたかも自分のクルマで、走行コースを走っているような疑似体験をすることができるとか。
これ、モーターショーではなく、あくまで「おもちゃショー」ではありますが、大人もかなり楽しめそうな内容です。
20日と21日は一般に無料で公開されますので週末でかけてみてはいかがでしょうか。
詳細はこちらご覧ください。
{count, plural, =0 {Comment} one {Comment} other {{count} Comments}}
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
二子玉川駅から徒歩で行ける古民家 岡本民家園
最近蔦谷家電など話題のスポットも次々にできてますますオシャレタウンとして盛り上がっている二子玉川ですが、ちょっと足を伸ばすだけでこんな長閑な場所もあるんですよ。 こちらは、江戸時代中期に建てられたという古民家を移築復元した建物。二子玉川の駅から歩いて 20 分くらいの場所にあります。 こちらの民家園、「生きている古民家」をテーマとしており、民家園にある囲炉裏や民具などは実際に現在も利用されているもの。 建物内では、折り紙教室や糸紡ぎ教室、などの体験教室や、養蚕や柿渋作りなど農家に伝わる行事等も行っており、昔ながらの生活や風習を体験することができます。わたしが以前伺った時はお正月の凧作り教室をやっていて楽しそうでしたよ! 畳の部屋にもあがることができ、縁側からこれまた自然いっぱいなお庭を眺めたりすると田舎のおばあちゃんちに遊びに来たような懐かしい気持ちなりますよ〜 小さい子連れで行く時は囲炉裏には注意ですが、大きい畳を歩けるのはなかなか貴重でいいですよ。5歳くらいになったら、凧作りとか折り紙とかいろんな体験教室やってみるのも楽しいかも。 世田谷区内ももう一つ「次大夫堀公園民家園」というのもあるそうです。民家園、横浜や河﨑にもあるし、「民家園巡り」なかなかいいなと思う今日この頃です。 畳の部屋、癒されますよ〜 近くにはユーミンこと松任谷由実さんが寄贈した灯篭があることでも知られる岡本八幡神社も。ほんとすぐ近くなのでセット行かれてみてはいかがでしょうか! 世田谷区岡本民家園 http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1213/1265/d00122210.html
絶対覚えておきたい「写真の基本構図」を説明した動画
私は写真を撮るのが下手だ。せいぜいポケモンスナップで良い点数をとるのが限界である。 しかしこの写真家Steve McCurry氏が説明する「写真の基本構図」を頭に入れればもしかしていい写真が撮れるのではないだろうかと思えてきた。 この動画ではベーシックを教えてくれると共にその構図の参考となる素晴らしい写真を例に出してくれている。 めちゃくちゃ数が多く全てはここで紹介できないので少し紹介していこうと思う。 ① 9分割した時の交差点 どういうことかと言うと、写真をまず9分割する。 そしてその線が交差するところに目を引くポイントを置くのだ。 そのようにするとこんな写真が撮れる 確かにこのような構図の写真はよく見る。 ② 9分割した時の線に沿った写真を撮る どういうことかと言うと写真の中にある立体感を出すラインをこの線に合わせるのである。 この構図を取り入れた写真がこちら これは横だが、縦と合わせて色々な組み合わせが出来そうだ。 ③ 自然のラインで目線を集めろ! これはどういうことかと言うと世の中にはよく見ると色々な「線」がある。 その線の矛先を一箇所に集めよう! このようなことである。 この他にもたくさん紹介されているので是非写真を上手く撮りたい人は一番上の動画を見て欲しい。 見た感想としては「線」を意識することが大切なんだな、と感じた
二子玉川のFARMERS MARKET ゆっくりとカフェ
二子玉川から歩いて10分ちょっとのところにあるカフェ。ファーマーズマーケットという名前の通り農協の直売所の二階にあります。ということで、新鮮でおいしい野菜がいただけるとってもヘルシーなお店で、駅から遠い割にはかなりの人気店でもあります。 おすすめは、ランチのデリ3品・スープ・玄米ご飯orパン・ドリンクのセット。めちゃくちゃ満腹、というのには程遠いけど(食べ盛りとかお腹すいてる場合は少ないかも・・)健康的でおいしいです。あと、あの幻のパン屋さん、ルセットのパンがつく、というセットもあります。 モーニングもやっていて、モーニングパンセット 600円、パンケーキセット 600円とか。近くの人はお散歩がてら使えますね〜夜もおつまみ系、お食事系どちらも充実しています。ティータイムのケーキもおいしそうだし、かなり使い勝手のいいお店。 店内、木目調のナチュラルな雰囲気のインテリアで大きなテーブルがどんとおかれています。子供連れも多くてあとワンちゃんとか大型犬もオッケーでしたよ。結構自由度の高いお店です。 あまり回転が速くないこともあって結構並ぶことも多いですけど、空いている時間を狙って是非行ってみてください〜! http://farmers-cafe.jp/index.html
A4サイズのクルマ~WalkCar(ウォーカー)
カバンにしまえるクルマの登場する時代 と聞いたら、やはり驚くのだが、実物を見るとセグウェイほどではない。むしろノートパソコンを踏んづけているような見た目は、冗談のようなのである。 ところが、動画を見ると予想外に現実味のなる使用感に驚かされる。 さらに日本人の開発という所も興味引かれる所だ。 まだ確定ではないが、以下のようなスペックのようだ。 ・日本円で10万円相当 ・A4サイズ ・2016年発売 ・時速10km/h ・連続12時間 ・最大荷重120kg 参考:http://spotlight-media.jp/article/179742005514909784 動画の冒頭で、カバンから取り出すわけだが、いったい「WalkCar」は何kgあるのだろうか。ノートパソコン位だと(1kg以下)、笑ってしまうだろう。 楽しみだ。 WalkCar (cocoa motors) http://www.cocoamotors.com/ WalkCar[ウォーカー]は、カバンに入れて携帯できる世界最小の電気自動車です。行きたい方向に体を向けるだけで、自由自在に移動ができます[カーブ/アクセル/ブレーキ操作]。ノートPCサイズの本体は、気軽に持ち運べるので、いつでもあなたの「徒歩」をサポートしてくれます。 つまり、"歩く"か"WalkCar"か、選べる時代が来たのです。 東京には実物がある場所があるらしい。 http://www.lexus-int.com/jp/intersect/tokyo/garage/garage20150616.html http://www.lexus-int.com/jp/intersect/tokyo/concept/#information
Like
Comment
1