helmutcotov
2 years ago1,000+ Views
蕎麦屋の理想形ですな。 明治2年(1869年)創業という超老舗な有名店。でも、肩苦しくなく、値段もそこまで高くない。2人で軽くつまみつつ飲んで、そばで締めたとしても、1人3000円あれば満足、5000円出せば大満足できる。寿司屋で同じ満足感を得ようとすると倍はかかる。玉子焼と焼鳥をつまみに日本酒かビール。で、最後に天もりor天ざる。完璧すぎです。 この手の蕎麦屋さんの特長として、昼も夜もメニューは同じ、中休みなく通しでやっていることだと思う。夜、閉まるのは早いけど、昼から飲むこともできるし、夕方に昼メシという時にも重宝する。難点は、土曜が夕方まで、日祝は休みということ。それと、クレジットカードが使えないこと。 ちなみに、砂場では”もり”と”ざる”の違いが海苔の有無ではなくて、蕎麦が違いなんですわ。”ざる”は更級粉で打った白くて細く喉越しが良い方でやや高い。”もり”は一番粉で打ったグレーがかった風味がある方。
こちらは赤坂店。支店だけど「本店より劣る」ことなく、お店の規模は小さいけど、千代田線の赤坂駅から徒歩すぐなので、個人的な利用頻度はこっちの方が高い。土曜日は夜19時までやってる。 あと、そう、帰りにマッチを貰えます。
■本店 中央区日本橋室町4-1-13 03-3241-4816 11:30-21:00(LO20:30) 土曜は16時まで(LO15:30) 日祝休 ■赤坂店 港区赤坂6-3-5 03-3583-7670 11:00-21:00(LO20:30) 土曜は19時半まで(LO19:00) 日祝休 ■関連サイト *ぐるなび(本店赤坂店) *食べログ(本店赤坂店) *All About ”100年店ランチ” *ブログ”つれづれ蕎麦” *ブログ”ほろ酔い蕎麦”
2 comments
私も大好きなお店です。
2 years ago·Reply
いい店ですよね。
2 years ago·Reply
2
2
4