noriko
2 years ago1,000+ Views
この夏みたいドキュメンタリー映画 「フリーダ・カーロの遺品」
死後50年を経て姿を現したフリーダ・カーロの遺品 写真家・石内都のまなざしは、画家であった“ひとりの女性”の姿を写しだす 時空を超えて2人の女性が交差する、「記録」と「記憶」を巡るドキュメンタリー
面白そうです。写真家石内都さんのカメラを通してフリーダ・カーロの人生について知れるのがまず興味深いし、メキシコの美しい風景や色鮮やかな刺繍の衣装にも心打たれそう〜
早く観に行きたい。
4 comments
サルマハエックの映画もあったね。もう10年以上経ったと知って閉口しています(笑)
2 years ago·Reply
私も観ましたサルマハエック!素敵でしたね〜(^^)
2 years ago·Reply
サルマハエックのみてないんです。最初に観てからにしようかな。
2 years ago·Reply
予習としてよいかもしれませんね(^^)
2 years ago·Reply
4
4
2