nekoneko
2 years ago1,000+ Views
耐震補強し建物存続へ! 「神奈川県立近代美術館・鎌倉館」
ル・コルビュジェの弟子坂倉準三の設計、日本の代表的な近代建築としても知られる県立近代美術館鎌倉館が、老朽化のため平成28年3月末で閉館、取り壊されることになっていたのが一転、耐震補強し建物は存続されることになったそうです!
しかし、閉館されることには変わりないので、貴重な近代建築を堪能するなら今ですよ。
現在は、開館15周年を迎えた1966 年から鎌倉別館が開館する1984 年までの約20 年を取り上げた展覧会を開催中だそうです。
その他、親子で参加可能な子ども建築ツアーや、展示空間としての美術館という観点から、鎌倉館の見るべきポイントを案内してもらえる建築トーク、というプログラムもあるそうです。行きたい!
ここの喫茶室の雰囲気もいいんですよね...
中庭にには、イサム・ノグチの彫刻作品もあります。
神奈川県立近代美術館 鎌倉館 建築について
開催中の展覧会、予定されているプログラム等
関連記事
神奈川県立近代美術館鎌倉館、耐震補強し建物存続へ
3 comments
存続されるのは嬉しいけど、どう使うかだよねぇ、問題は。あのオークラだって壊すわけだし。
2 years ago·Reply
そうなんですよねえ。そこはまだ決まっていない(というか公表されていないだけ?)みたいですね。
2 years ago·Reply
うわー、存続が決まったのですね。知らなかった!めでたい。閉館前に見に行かなきゃ。
2 years ago·Reply
3
3
6