MEKURUshobo
1,000+ Views

『防災かあさん』[著]みんなの防災部

独特な個性のイラストが気になってしまう本書は、家族の中で防災のキーパーソンになるのは母親である、という視点で、日本が如何に災害が多い国であるかという基本知識から、もしもの時に役立つ具体的な情報までをわかりやすいイラストで説明してくれます。
持っていたくなる実用本っていいですね。
eラーニングサイト版もあります。
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
外出時の災害対策
熊本が大変なことになっていて、胸が痛いです。 災害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。 いつか、首都圏でも大地震は起こるのだろうな、と改めて痛感しました。 皆さんはどのような災害対策をしていますか? 私は、避難グッズをつめた防災バッグの用意の他、いつも、外出中に災害に遭ったらということを考えています。 具体的には、 ・眼鏡は常に持ち歩く  もしも、出先で帰宅できなくなった場合、ソフトコンタクトをつけたまま寝るわけにはいかないので、眼鏡とコンタクトの予備は常にカバンにいれています。 ・長距離を歩ける靴を履く  私がヒールが高い靴が苦手で履けない、というのもありますが、電車が止まって、でも自宅までなんとか歩けそうな距離だったときのことを考えて。 ・その日の外出先から自宅までの徒歩ルートをなんとなくイメージしておく ・災害用の笛を常に持ち歩く  だいぶ前に買ったのでどのメーカーのを買ったか失念してしまったのですが、写真のようなものをキーチェーンにつけて携帯しています。 ・テレホンカードを持ち歩く  金券ショップで買えます。 皆さんのやっている日常の災害対策があったら是非教えてください。
本を見ながらビールが飲めちゃう!「本屋B&B」
B&Bは、Book & Beerの意味。 この本屋さんは、ビールをはじめ、色々なドリンクを約500円で提供しています。 本&ビール...私の好きな物が2つ組み合わさっているなんて素敵〜! ということで、早速行ってみました。 お店は下北沢の南口商店街のちょっと裏のビルの2階にありました。 入ってみると、普通の町の書店並みの広さ。 予想外にお客さんがいる!15人くらいでしょうか。こういう個性的な本屋さんってどこもガラガラなイメージだったので、意外でした。 しかし...夕方に入ったのですが、誰もビールを注文していない〜〜〜〜! 店内をくまなく見渡すと、かろうじて一人だけビールを飲みながら本を見ていた人がいましたが...これは、注文しづらい...。 ビールをあきらめて、店内を探検。 さすが、本のセレクトがツボをついている!「子供はわかってあげない、読んでみたかったんだよな〜」とか「ジョン・アーヴィングの新作がある!」とかブツブツ心で思いながら楽しく棚を眺めました。文学好き、カルチャー&サブカルチャー好きにはワクワクのセレクトかと思います。 一冊買ってみたら、こんな可愛いオリジナルブックカバーをいただけました! 安西水丸さんのイラストだそうです。 というわけで、とても素敵な本屋さんでした。 毎日、イベントもやっているそうです。 次、行ったときは、勇気をだしてビールを注文するぞー! 本屋 B&B
IKEAの組み立てるだけのシェルター住宅が気になる!!
現在は、イラクやレバノン、エチオピアの難民キャンプで実際にテスト使用されているものらしいです。震災時の仮設避難所としても使えそうですよね。 こちらの記事のよると・・・ http://gigazine.net/news/20150327-ikea-temporary-house/ ・たったの4時間で組み立て可能 ・屋根にはソーラーパネルが装着されていて内蔵ランプやUSBコネクタに電力を供給することも可能 ・中の面積は188平方フィート(約17.5平方メートル)で、5人が寝泊まり可能 単に4時間でこんな家がたつだけでも素晴らしいのに、ソーラーパネル装着とはすばらしい!! IKEA、単にやすい家具を作っている会社かと思いきや・・・ 中はこんな感じであくまでシンプルな「小屋」という感じ。17.5平方メートルで5人というのはややきついようにも思えるけど、家具がないシンプルな部屋だったら余裕かもしれないですね。 https://www.ikeafoundation.org/press/better-shelter-ikea-foundation-and-unhcr-ready-to-improve-life-for-thousands-of-refugee-families/ これが日本でも発売になることも待たれますが、このような商品、日本の企業からもぜひでてきてほしいです。ありえそうなところでいうとジョイフルホンダから出ているジョイパネの進化系、ってかんじになるのかな・・・期待!!!
北海道の小さな書店がはじめたユニークなサービス おまかせ「1万円選書」
北海道砂川市にある小さな書店が行っているサービス。 名前の通り、1万円分のオススメの本をおまかせで頼むサービス。これが大人気で予約がパンク状態。現在受け付け停止中なのだそうです。 いきなり本を選んで送って完了、ではなくまず候補となるリストを送り、その後も丁寧にメールや手紙でコミュニケーションを取りながら、内容を調整していくのだそう。かなり手間もかかりそうですが満足度も高そうですよね。 本との新たな出会い、という意味での福袋的なものを想像していたのですが、もっとお客さんに寄り添ったサービスのようです! (有)いわた書店 https://www.facebook.com/iwatasyoten?fref=nf ちなみに、市川市立図書館、飯能市立図書館、豊島区立目白図書館などでは、まさに「福袋」のサービスも行っているようです。最近、どんどん増えてきているようなので近くの図書館についても調べてみてはいかがでしょうか。 関連ニュース おまかせ「1万円選書」に注文殺到 砂川市の書店「雑誌や新刊でなく、本を売りたい」 http://www.sankei.com/premium/news/150131/prm1501310003-n1.html 【地方書店の生きる道】北海道砂川・いわた書店の「一万円選書」にかける思い http://ddnavi.com/news/227414/a/ 市川市立図書館の新春企画「図書館員が選んだ本の福袋」 http://www.city.ichikawa.lg.jp/library/info/1150.html 図書館が貸し出してくれる「本の福袋」 意外な本との出会いが好評 http://news.livedoor.com/article/detail/9594106/