mammy218
1,000+ Views

明和電機Presentsメカニカルミュージカル  ヒゲ博士とナンセンス★マシーン

明和電機の子供向けメカニカルミュージカルだって。去年から始まったこのミュージカル。今年は高知沖縄東京の3カ所で公演を行うそう。ユニークな電動楽器マシーンの伴奏にあわせて、ロボットやダンサーが歌ったり踊ったりするらしい。
東京は明和電機アトリエもある荏原!!二次創作&工作イベント 「ジョイフル明和」と同時開催だそうです。
ところでこれ、特に制限はないみたいなんだが、何歳くらいからなら楽しめるんだろう〜
しかし生まれて初めてに見るコンサート(ミュージカル)が明和電機ってオシャレだな。。
★公演情報
◇高知/高知県立県民文化ホール グリーンホール
日時:2015年7月20日(月・祝)
 1回目 13:00開場 13:30~14:30
 2回目 16:30開場 17:00~18:00
◇沖縄/桜坂劇場 ホールA
日時:2015年8月1日(土)
 1回目13:30開場 14:00~15:00 
 2回目17:30開場 18:00~19:00
◇東京/スクエア荏原 ひらつかホール
日時:2015年8月22日(土)
 1回目13:30開場 14:00~15:00 
 2回目17:30開場 18:00~19:00
★チケット情報
◇前売り大人2500円。子供(中学生以下)1000円
◇当日大人3000円。子供(中学生以下)1500円。
*未就学児無料。ただし座席が必要な場合は子供料金が必要となります。
詳細こちらからどうぞ
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
元バンドマンが始めたカレー店「CURRY BAR シューベル」
バンドマンは多い。しかし元バンドマンのほうが世の中には多いのではないだろうか。 そのような元バンドマンが他の分野で頑張っているのを見ると応援したくなるのは私だけであろうか。 そんな元バンドマンがはじめたカレー店「CURRY BARシューベル」がいい感じだ。 http://curry-shubell.com/ 3/10に2周年を迎えるこのお店は西荻窪の人気カレー店のようだ。 お店のツイッターやインスタグラムに載っている写真を見ているととても美味しそうである...! https://www.instagram.com/shubell/ https://twitter.com/currybarshubell 海鮮とスパイスが良い感じに絡みつく!美味しそう! そしてサイトに載っているシューベルのMINDとHISTORYがとても素敵なので是非読んでみて欲しい シューベルのMIND http://curry-shubell.com/MIND/MIND/mind.html シューベルのHISTORY http://curry-shubell.com/MIND/HISTORY/history.html 元バンドマンならではの思いやコンセプトがあり、めちゃくちゃ興味をひかれる内容となっている。 そしてなんと3/27にはEmeraldのナカノヨウスケ(Vo)が10名限定のライブを行うらしい。 カレーを食べながら彼の歌声を聞く夜は最高であろう。完全予約制なので早めに予約をオススメする! シューベル2周年記念ライブ 2016年3月27日(日)東京都 CURRY BARシューベル OPEN 18:00 / START 19:30 <出演者> ナカノヨウスケ(Emerald) 料金:2500円(カレー付き) 東京都杉並区西荻南1-23-11 日興パレス西荻窪PARTⅡ JR西荻窪駅南口から徒歩約4分
Sugar's Campaign - ホリデイ
彼らのことは予備知識がまったくなくて、今年の夏ごろに「どっかでたまたま耳にしてShazam経由で知った」パターン。2015年1月に発売されたメジャー1stアルバム『FRIENDS』のオープニング曲であり、メジャー1stシングルでもある。 まるでアニメの主題歌みたいな、一聴して誰でも分かる見事なポップ・センス。 よく”おもちゃ箱をひっくり返したような”と形容されるけど、そんな”ごった煮”オケに、王道の泣きメロ。Bメロからサビへの展開なんかは、クルマの運転をしていたら、いっきにアクセル踏み込んじゃう感じかと。 公式サイトによれば、1987年生まれの2人組による「新世代都市型ポップユニット」で「ゲストボーカルを招く形でポップソングを制作」とのことで、ダフトパンクに近いものがあるし、パフュームぐらいの存在になるポテンシャルはあるのでは? たしかに、まずシンセサイザーとか電子系楽器の使い方が抜群にうまい。オフィシャルPVを見る限りギターやベース、ドラムなんかの「生楽器の演奏」にあまり執着していなさそう。ドラムを叩くカットは入るけど、実際には打ち込みだろうし、パーカッション系のそれっぽい音もサンプラーっぽい、ヴォーカル以外はすべてライン録音という可能性も高そう。これまでのミュージシャンにありがちな”ケレン味”のない、新しい感覚だと思いますよ。 2015年、個人的にはベスト5に入る曲の1つかな。 http://sugarscampaign.com/
80歳のおばあちゃんDJが最高にクール
見た目、存在感、アティチュード、全てが最高なDJが今東京にいる。 彼女の名はSUMIROCK。 80歳のおばあちゃんDJだ。 以下が簡単なプロフィールとなっている。 ”DJ SUMIROCK(80)餃子荘ムロ勤務 座右の銘:過去のことは、建設的なことでなければ持ち出さない 好きな食べ物:ジビエ 嫌いな食べ物:あんこ 得意技:炒め物” http://tokyograffiti.grfft.jp/contents/?id=180 より引用 DJなのに得意技の欄に炒め物を入れているあたりがなかなかニクい。 彼女は一般的なおばあちゃん的なイメージからはるかに逸脱しているかのようにも思えるが、インタビューにて彼女が語る言葉に目を通すと彼女がいかに常識人で、かつ人生を全力で全うしようとしているかが伝わって来る。 ”DJを始めたきっかけは?  うちに住んでいたフランス人の友人に「DJやってみない?」って言われたのが始まり。それまでも彼のイベントに遊びに行ったりしていたから、おもしろそうだなって思いましたね。 今は週1回DJの学校に通って勉強中です。 人生で一番幸せだったこと、辛かったことは?  幸せなこと? 私は能天気だから一人でごはんを食べても楽しい。両親や夫が亡くなった時は悲しかったけど、人が死ぬのは当たり前だから、看取れて良かったなって。人生で一番つらかったことは、戦争中ですね。母の故郷への道中、上野駅の構内に戦災孤児がたくさん寝泊まりをしているのを見た時、本当につらかったです。 NYでDJをしてナイトライフを楽しんでみたいな。 将来の夢は何ですか?  DJをして幸せなことは、みんなから私のかける曲に「やばーい!」っておっしゃって頂けること。夢は、NYの小さいクラブでDJしてみたい。NYは60歳で一人で行ってから大好き。かっこがいいじゃない。でも女一人で行ったので、ナイトライフは知らないの。だからやってみたいです。” http://tokyograffiti.grfft.jp/contents/?id=180 より引用 見た目や年齢からどうしてもイロモノとして捉えられてしまいそうなSUMIROCK。 しかし彼女の言葉や背景にはアーティストが備えているべき重みを感じると同時に、穏やかさや寛容さも感じる。また、こうした戦争を経験した世代の人物が若者のカルチャーに親しみを持ってくれているのは実に喜ばしいことである。(以前記事にした加山雄三がラップに興味を持っている件についても同様の嬉しさを覚える)。 中高年世代が幅広いカルチャーに意欲的である姿を見ると、むしろ閉鎖的で固い偏見に振り回されているのは若い世代なのではないか、というような気さえしてくる。様々な カルチャーが特定の層だけに向けられるのではなく、もっと全体的な対象に向けられれば今後のシーンはより流動性、多角性を増すとともに活性化していけるのではないかと彼女のs存在を見ていて思った。 SUMIROCK、本当にクールである。
話題のハイレゾ音源を体感できるミュージックバー「スピンコースター ミュージックバー」
代々木駅 徒歩4分の好立地にあるハイレゾ音源とアナログレコードの両方の魅力が気軽に味わえるバー。音楽WEBメディアSpincoasterがプロデュースということで音楽キュレーターが選曲した良質の音楽をハイレゾ・アナログのスピーカーで聴けるというお店です。 音の密度が高いハイレゾで聴くと知ってる曲もまた全然ちがった印象のものになるのだそうで・・・かなり興味津々です。 その他ざっくりと主な特徴 ・高音質ハイレゾ音源を革新的な新型スピーカー「KOON」で堪能できる ・音楽配信サービス「mora」の協力により最新のハイレゾ音源も随時追加 ・電源・Wi-Fiを完備で日中は作業スペースとしても利用可能 ・貸切やライブイベントも可能 ・食べ物持ち込み1名あたり500円で可 ・ボトルキープならぬ、レコードキープができる(有料)持ち込みもok ・乾き物が食べ放題(!) ・オーガニックの果物や野菜をつかうなどフードにもこだわりあり といいことづくめ。コーヒーが美味しそうなのでまずはカフェ利用から、というのもありかもしれません。 さらにスピーカーとレコードへの配慮のためバーなのに禁煙だそうです(喫煙スペースは外にあるみたいです。) http://bar.spincoaster.com
シルク・ドゥ・ソレイユ「Totem」が2016年2月から日本に上陸!
最強のサーカス集団、「シルク・ドゥ・ソレイユ」のTotemが日本上陸 ダイハツ トーテム 日本公演 2016年2月開幕! 東京/大阪/名古屋/福岡/仙台で開催。詳しくはオフィシャルサイトへ! http://totem-jp.com/ 過去に「Corteo」、「Kooza」、「Ovo」などを日本に来日した最強のサーカス集団、 Cirque Du Soleilの【Totem】がついに日本に上陸する。 テーマは「人類の進化」感動が人類を進化させる 今まで様々なテーマを設けてきたシルク・ドゥ・ソレイユの演目だが、今回の来日するTotemのテーマは今までにないぐらい壮大なテーマである。 今までと同じように「感動」というキーワードは入っているが、それが人類の進化に繋がるという意味ではストーリー性も期待できるであろう。 もちろんアクロバットと音楽はいつものように最高のものを見せてくれるであろう。 どのように「人類の進化」を表現するのかが楽しみである。 Totemのオフィシャルトレーラー シルク・ドゥ・ソレイユとは? シルク・ドゥ・ソレイユ(仏: Cirque du Soleil[† 1]、日本語直訳: 太陽のサーカス)とは、火喰い芸の大道芸人だったギー・ラリベルテが、1984年にカナダ・ケベック州で設立したエンターテイメント集団、及びそれを管理する会社の名称である。 今日シルク・ドゥ・ソレイユでは複数のレジデントショー(常設公演)、ツアーショー(巡回公演)を並行して行っており、独特のスタイルに基づいたそれらのショーは、その芸術性の高さから多くの名声を集め、世界中で幅広い人気を博している。カナダ・ケベック州モントリオールに国際本部が置かれている。 ショーのスタイルにはサーカスの伝統様式を取り入れているが、演者としての人間を強調する「ヌーヴォー・シルク(新サーカス)」と呼ばれるもので、動物を使った曲芸は行わない。大道芸、サーカス、オペラとロックの要素をふんだんに取り入れ、体を自在に曲げる軽業や、ジャグリング、力業、道化と空中ブランコなどがよく登場する。彼等のショーに登場する衣装は非常に多彩でそして創造的であり、祝祭の雰囲気を醸し出している。衣装は外注だと満足できる物が作れない、と考えている為、肌襦袢も含めた全ての衣装のデザインと染色と縫製は自社の専属スタッフが行っている。また、特に常設舞台では莫大な金額をつぎ込んで複雑な機構を持つ大規模なセットを組むことが多い。
THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”
トマトと聞いて赤い野菜ではないものを思い浮かべる人はどれくらいいるでしょうか。僕も今回久しぶりに思い出しましたが、今となっては老舗とも言えるアート集団で、Tomato.という人達がいます。ある時代のUKデザインというか、Neville Brodyなどと同じく僕より上の世代の人の教祖的な存在だと思います。 彼らの25周年の記念展示が4/3まで渋谷パルコで開催されています。パルコミュージアムと地下のギャラリー両方ですが、3/12にはUnderworldが来てパフォーマンスもしたということでした。時既に遅かったです。Rick Smithが… 彼らの最近の活動はあまり知らないので、懐かしさ半分、新しさ半分で楽しみにしています。エレクトリック系の音楽カルチャーの人達にも面白いかもしれないですね。 THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O” 僕にとってはTomato.といえばタイポグラフィとUnderworldです。今久しぶりにサイトを見たけど、僕の中に固定されてしまった感覚なのか、なぜか最近の仕事でも変わらずひとつ上の代のデザインという感じがするのが面白いです。 Tomato. Applied Art & Design 一般的に知られたのは、テレビ朝日やSONYの仕事だと思うので下の方に載せておきます。多分見たことがあると思います。
渋谷uplinkにて行われる【見逃した映画特集2015】が熱い
現在も渋谷uplinkにて行われている 「見逃した映画特集2015」 の内容が実に熱い。  『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』や『はじまりのうた』、『セッション』などの今年の話題作も上映されるが、個人的に注目したいのはDVDなどでもあまりレンタル販売されなさそうな作品群だ。今回はその内の三作をピックアップしたい。 まずは『Cu-Bop(キューバップ)』だ。公開日は12/30(水)、1/5(火)、1/15(金)、1/17(日)、1/29(金)である。 ”映画『Cu-Bop』は、困難に直面しながらも、それをものともせずに、自分の音楽を演奏し続けるキューバのミュージシャンたちを記録したドキュメンタリー作品だ。キューバに残り音楽活動を続ける者、ジャズの本場であるアメリカ合衆国に移住する者…。その両者の元へ、監督自らカメラを持って自宅に泊まり込み、寝食を共にしながら『音楽が生まれる瞬間』を記録する取材方式によってこの映画は撮影された。ハバナの片隅の古びた住宅地、ニューヨーク・ハーレムのディープなラテン人居住区、カメラは驚く程近距離でミュージシャンたちを記録し、生活と共にある本物のキューバ音楽を活き活きと描き出してゆく。” http://www.uplink.co.jp/movie/2015/41952 より引用 あらすじだけでそそられる。公開間近なので予定を空けておこう! お次は『ブラジル・バン・バン・バン~ジャイルス・ピーターソンとパーフェクトビートを探しもとめて~』、公開日は12/30(水)、1/12(火)、1/16(土)、1/20(水)、1/27(水)である。 ”世界で最も影響力があるラジオ/クラブ DJ とリスペクトされるジャイルス・ピーターソンが、10 代の頃から愛して止まない「音楽の楽園」リオデジャネイロで作品制作に挑むなか、街へ繰り出し、歴史と文化への理解を深めていく、旅するようにリオの魅力を知ることができる、新感覚ドキュメンタリー!” http://www.uplink.co.jp/movie/2015/41613 より引用 ブラジル音楽事情だけでなくリオデジャネイロの街の気風なども体感できそうな期待できるドキュメンタリーだ。 最後は『THE COCKPIT』、公開日は1/16(土)~1/22(金)である。今回紹介する中では唯一の邦画である。 ”仲間たちと集まって一緒にものをつくる楽しさ。小さな部屋で遊びから始めた行為がいつの間にか作品になって、やがて大きな場所へ広がってゆく、かもしれない……。そんな自分たちの日常と地続きの創作。楽器の技術さえ必要ないヒップホップという音楽は、その実感をつねにわたしたちに届けてくれる。注目のヒップホップ・アーティストOMSBとBim、そして仲間たちも加えた、真剣だけどコメディ映画みたいににぎやかな音楽づくり。『THE COCKPIT』はそれを記録することで、同じようにわたしたちの日常と創作とを繋いでみせる。刺激的な創造行為の貴重な記録であると同時に、若者たちのユーモラスで愛おしい日常の記録でもある、これはそんなドキュメンタリー。 ” 創作への熱意や青春の清らかさなどを感じられそうな作品だ。また場面や環境などが身近であることからも実に共感しやすい作品となっていそうである。 今回は音楽映画でかつちょっとニッチな作品を紹介したがそれ以外にも様々な作品が上映される予定だ。 「見逃した映画特集2015」を見逃すな!
エマ・ワトソンのビートボックスが色々と素晴らしい
ヒューマンビートボックスとは ”口や鼻からの発声(時に手を口に当てたり、舌も使う)による擬音によりレコードのスクラッチ音や、ベース音、リズムマシンのミキシングによる音色の加工や変化などを基本的に1人で全て再現し、ブレイクビーツを作り上げるテクニック”(Wikipediaより引用)であるが どうやらあのエマ・ワトソンがビートボックスに挑戦したようだ。 なんだこれは。 技巧的な面に関してはまあもちろん少々難点はあるものの、なかなかに趣深いビートボックスを披露している。 実際にビートボックスをするまでの照れっぷりや徐々に恥ずかしさが増し、テンポが上がっていく様子など、一種のエンタメとしてはこの上ない仕上がりの動画となっている。 この動画は男女平等についてミュージカルの作曲家、脚本家などとして活躍するLin-Manuel Mirandaがラップをし、そのラップを支えるためにエマ・ワトソンがビートボックスをする、という内容となっている。 しかしながらこの動画を見れば エマ・ワトソンほど可愛ければビートボックスが下手でも何でもいいや という意見を示す人も多くいるであろうことが予想されるなどなかなかどうして男女平等を訴えかけるには適していないのではないかと勘ぐってしまうような出来となってしまっている。 しかしそれでも実に素晴らしい。 子役時代に超有名映画の準主役としてのキャラクターばかりが世間に浸透してしまったエマ・ワトソンではあるが、こうして様々な物事に挑戦してまだ世間に見せたことのない表情を我々に届けてほしいものである。
シルク・ドゥ・ソレイユが来日している今、音楽にも注目すべき
現在Totemの公演で来日している新時代のサーカス集団シルク・ドゥ・ソレイユ。 ついアクロバットや定番演目に目が行ってしまうが、楽しむにあたって一つ大きなポイントがある。 それは音楽が実は生演奏であり、曲が最高に良いのだ。 そこでChottonicheが個人的にオススメするシルク・ドゥ・ソレイユの名曲たちを紹介したい。 まずはこの曲。この曲はTotemのサウンドトラックに入っている楽曲である。ヒップホップっぽいリズムと民族音楽っぽい音階が最高にノレル一曲である。 このショーのコンセプトが「生命の誕生」というのもあり、まさに生命の原点とも言えるエネルギーを感じることができる。 iTunes 次の曲はCorteoからの1曲。Corteoは個人的にはシルク・ドゥ・ソレイユのサントラでも一番好きである。 スペイン文化から影響とも言えるこのショー、主人公の夢と現実の狭間を描いている。 このサントラは全曲良いので入門にオススメである。 こちらもCorteoからもう1曲。この演目ではステージの真ん中にギターリストが座りスポットライトの中でイントロのアルペジオを弾く姿が印象的である。 音楽と演目のマッチングという意味ではピカイチであろう。 iTunes 次はフロリダのDisney Worldにて常設されている公演La Noubaからこの1曲。 全体的にスピーディーなイメージがあるこの公演、まさにそのワクワク感を体現したような曲がこちらの曲である。上記に紹介した曲とはまた違うエレキギターをフィーチャーした曲である。 iTunes 次はラスベガスの常設公演のMystereから1曲。 Mystereは王道サーカスとも言える内容となっていて、アクロバットだけではなくピエロによるクラウニングも最高に面白い作品である。 その中で一番印象が残っている曲がこちら iTunes あまり多く紹介してもしょうがないので最後にこちらを名曲を紹介したいと思う。 これはかなり有名な曲なので知っている方も多いのではないだろうか。 これはAlegriaのテーマソングであり、シルク・ドゥ・ソレイユの中で一番有名な曲だろう。 シルク・ドゥ・ソレイユの曲の中では珍しく実在する言語で歌われている。 英語、イタリア語、スペイン語で歌われており、人生の喜びや美しさについての賛美歌である。 いかがでしょうか。もし興味をもった方はベストも出ているので聞いてみてはいかが? シルク・ドゥ・ソレイユ ベスト1 シルク・ドゥ・ソレイユ ベスト2
レ・コード館
今日、11月3日は「レコードの日」だそうです。 北海道の新冠町(にいかっぷちょう)にある「レコードの博物館」が「レ・コード館」です。歴史的に価値のある蓄音機やレコード盤などが展示されてますが、所蔵している過去のレコードの視聴も行える施設です。小さな自治体の施設なので、潤沢な資金でレコードを購入しているわけではなく、いらなくなったレコードだけど、捨てるのは忍びないという方々からの寄付でレコードを1997年から収集しています。現在では90万枚ほどのレコードが収蔵されているというのは収蔵されているというのはびっくりですよね。 レコードに保存されているのは音だけじゃなく、ジャケットやジャケットに入っているリーフレットといったものがあります。私も学生の頃集めていたレコードはジャケ買いもありましたし、中の歌詞カードなどがとても楽しいレコードもありました。そんな楽しみが溢れているレコードをここに行くとたくさん見ることができます。 レコードや蓄音機が展示してあるミュージアムやリスニングブースがあるので、楽しもうと思えば1日中いられる場所です。私も蓄音機の音を聴きましたが、スクラッチノイズなどはありますけど、録音方法も今とは違うので演奏者の息遣いがわかりますし、ふくよかな音を感じることが感じることができました。 この新冠町はサラブレットの町としても有名です。サラブレットの育つ牧場も数多くあります。レ・コード館の隣には道の駅「サラブレッドロード新冠」があります。 レ・コード館 http://www.jalan.net/kankou/spt_01604ae3292017971/
二子玉川のFARMERS MARKET ゆっくりとカフェ
二子玉川から歩いて10分ちょっとのところにあるカフェ。ファーマーズマーケットという名前の通り農協の直売所の二階にあります。ということで、新鮮でおいしい野菜がいただけるとってもヘルシーなお店で、駅から遠い割にはかなりの人気店でもあります。 おすすめは、ランチのデリ3品・スープ・玄米ご飯orパン・ドリンクのセット。めちゃくちゃ満腹、というのには程遠いけど(食べ盛りとかお腹すいてる場合は少ないかも・・)健康的でおいしいです。あと、あの幻のパン屋さん、ルセットのパンがつく、というセットもあります。 モーニングもやっていて、モーニングパンセット 600円、パンケーキセット 600円とか。近くの人はお散歩がてら使えますね〜夜もおつまみ系、お食事系どちらも充実しています。ティータイムのケーキもおいしそうだし、かなり使い勝手のいいお店。 店内、木目調のナチュラルな雰囲気のインテリアで大きなテーブルがどんとおかれています。子供連れも多くてあとワンちゃんとか大型犬もオッケーでしたよ。結構自由度の高いお店です。 あまり回転が速くないこともあって結構並ぶことも多いですけど、空いている時間を狙って是非行ってみてください〜! http://farmers-cafe.jp/index.html