vovov
1,000+ Views

ユニクロさんが、HelmesやLACOSTEにいらした方とコラボされますね!

昨日発表の UNIQLO AND LEMAIRE というコレクションの話題でもちきりです。ルメールさんといえば今はご自身のブランドですけど、やはりエルメスを担当されていたのが気になりますよね〜。どれくらいのお値段になるのか興味津々で一生懸命検索してしまいました。(*^^*)
ファッションプレスさんの情報です。
ウィメンズ 30型メンズ 25型
■価格帯
シャツ:2,990円〜3,990円
ニット:2,990円〜14,900円
アウター:12,900円〜17,900円
パンツ:2,990円〜6,990円
スカート:3,990円〜7,990円
ドレス:5,990円〜7,990円
ジャケット:6,990円〜14,900円
カットソー:2,490円〜3,490円
※価格は現時点での計画であり、変更の可能性有り。※価格は全て税別。
お値段からの推測で、+Jよりもイネスコレクションに近い品質のように見えますね。せっかくなので多少お高くても贅沢素材にしていただければと思ってしまいますけれど…これ以上は想像してもわかりませんね。写真の白いニットは柔らかそうに見えます!
こちらの画像のお洋服はすべて UNIQLO AND LAMAIRE のものだそうです。ベーシックなお色なので着まわしがききそうですね。黒、ネイビー、カーキ、クリームに赤が効いています。襟がないブラウスですとか、リブセーター、ビッグシルエットのコートなどが予定されているようなことが。ケープのこともありましたが、左奥のモデルさんが着てらっしゃるのがそうなのかしら。
8月にオフィシャルのコラボ情報が発表されて10月に発表とのことですので、当分はこのお写真で想像するしかありませんね〜
気になってルメールさんのコレクションも調べてしまいました。色合いがかなり近いんですね!真ん中の方のネイビーのコートのようなタイプがあれば衝動買いしてしまいそうです〜
もっとご覧になりたい方はルメールさんのショップがありますよ。
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
歌舞伎×UNIQLO の柄 “毘沙門亀甲”
いきなり物申したいんですけど...松竹歌舞伎×ユニクロプロジェクトの説明に「日本の伝統文化を(略)世界にご紹介していきたい」とあるのですが…そのくせ、売場や商品タグに一切デザイン(歌舞伎との関係)の説明がないってどゆこと?!と憤慨している私です。 隈取りのプリントなら雰囲気でわかるかもしれないけど、伝統模様なんかなんの演目の衣装で使われて、どんな意味があって、なんてことがわからないとぜーんぜん紹介にならないと思うんですけどそのへんどうなんでしょうか。他にも言いたい事はたくさんあるのですけどとりあえず本題に。 説明が一切ないので「あれ?この柄はどこらへんが歌舞伎なんだっけ?」と思いながら買ってしまったこのスカーフ、好きな柄でもあるし調べてみました。カラーリングの問題が大きくて、黒・朱・金に脳内置換したらたしかにどこかで見た気もしたり。歌舞伎っていうより能装束のイメージですが。 それがこのテトラポットつなぎのような毘沙門亀甲文様。 亀甲といえば六角形ですが、あれを組み合わせたこの柄も毘沙門亀甲という仲間なのだということを今回調べていて初めて知りました。歌舞伎美人の昔の連載「歌舞伎いろは 亀甲文様 〜永遠の幸福を語り継ぐ」にも記述が。(今読み返すとこの連載興味深い...) 〝毘沙門天の着衣や甲冑に使われることからその名がつきました。毘沙門天は財宝富貴を守る武神像ですが、日本ではいつのまにか福財をもたらす神として信仰され、七福神にも加えられています。〟 縁起良さそう…そして亀といえば当代猿之助さんが長い間親しんだ名跡に因んでますしね、その辺も踏まえてピックアップされた柄なのかなあなど想像していたら面白くなってきました。衣装で言えば天竺徳兵衛や蘭平物狂で登場するらしいのですが、写真もないし未確認です。他にも能掛かりな演目では使われている可能性高そうですよね。どなたかご存知でしたら是非教えてください。 ついでに毘沙門天の甲冑ってどんなんだっけ?と思って調べたら、ああホントに使われてる! で、調べてる途中でさらに、亀甲文様から派生した毘沙門亀甲文様にも様々な意匠が作られたことがわかったのですが、その中にこんな模様が。 組亀甲 上の連載で紹介されている模様でも三段目のものが該当すると思うんですが、これを少し回転させるとGOYARD(ゴヤール)の模様に似てる! ざっと調べてみたところではGOYARD独特(だと思っていた)模様の意味や由来はわからなかったのですが、杉綾模様という記述も見かけたのでヘリンボーンの派生なのでしょうか。これが日本の伝統模様からインスピレーションして、という話だったら面白いんだけど、GOYARDに問い合わせても教えてはくれないだろうなあ。
LLビーンのトートバッグのUS公式限定カスタマイズ・モデル
そもそもは氷を運ぶために作られたという丈夫なキャンバストートの代名詞、LLビーンの通称”ビーン・トート”。 これがアメリカの公式サイト限定で、カスタマイズができて日本へ発送可能なことを知らない人がけっこういるので、こっそりその方法を教えちゃいます。 まず、URLはココ。 トップからだと、"Luggage">"Tote Bags">"Custom Boat and Tote Bag" (そう、ビーントートの正式名は"Boat and Tote Bag"!) 遷移後も表示されるまで、少し時間が掛かるのは仕様みたいです。あと、今日時点でスマートフォンからだと「unavailable」らしいので、PCからの操作が必須みない。あしからず。 カスタマイズできるのは、上から順に... ◆ボディサイズ(S,M,L,XL) SかMが無難かと。LとXLは大きくていっぱい入るけど、とにかく丈夫だから重くなって持てなくなりますぜ(笑)。車移動じゃないとあまり現実的じゃないかと。 ◆ハンドル長さ(レギュラー,ロング)個人的には絶対にレギュラー。ロングにした途端に”っぽく”なくなる(笑) ◆ボディカラー(現時点で15色)◆ハンドルカラー(現時点で14色) ◆ボトムカラー(現時点で14色)色々試してみるんだけど、結局は無難な方向へ落ち着いちゃうんですよね。オススメは上の画像で紹介したボディとハンドルとボトムの色を揃える”ソリッド系”。 ◆ZIPトップの有無(追加は10ドルで14色)あると便利なんだろうけど、ロングのハンドルと同じで、”っぽく”なくなると思う ◆外側のポケットの有無(追加は5ドルで14色) 上の画像ではないけど、これは絶対あった方が良いです。色もボディカラーと揃えるのが間違いない。 ここまで、終わると右下に合計金額が表示される。基本価格はサイズ次第で、ZIPトップと外ポケットだけが有料なので、分かりやすいはず。基本的には左のイメージ図で選んだ通りに確認できるけど、ボディサイズだけはスモールのサンプルしかないみたいなのでそこは注意をば。 最後に"ADD TO BAG"をクリックした上で、"CHECK OUT"を選択して、カード決済かPaypal決済をする。もしイニシャル等を入れるなら"Add a Monogram"にチェックを入れると、次の画面でイニシャル等の文字も入れられる(有料)。 で、最大のポイントがShipping(配送)。詳細はココに書いてある通り。まず金額に応じて5段階(600ドルまでの場合)、通常便(2-4週間)か特急便(1-2週間)で2段階。50ドル以下の通常便だと20ドル、450.01-600ドルの特急便だと125ドル。当然だけど、けっこうな送料がかかるので、お友達やご家族を”お誘い合わせの上”な方がお得なのは間違いない。 でも例えば、スモールのポケット有が44.95ドルでこれを3つ買うと、送料込で約170ドルだから、1つあたり57ドル弱なので日本で売られているノーマルのとほぼ同じという...(笑)
The Loft labo の国産ダウン
ダウンと言えばヨーロッパブランド、スポーツブランド、ユニクロ、ときて最近はどのアパレルブランドでも出したりしてますが、MADE IN JAPAN表記は滅多に見ないと思います。 この The Loft は今年の秋冬からスタートしたばかりのブランドで、大阪のBISHOPが企画して、NANGAという滋賀県のダウンメーカーで製造しているとか。知りませんでしたが日本にもダウン製品のメーカーってあるんですね。NANGAは目黒にショップがあって登山家向けのシュラフなどを販売しているようです。 ということで本格的なウェアがタウンユース向けにデザインされた、ということみたいです。まずシルエットが綺麗で、シンプルだけどティティールが凝っている印象です。ヨーロッパブランドのよくあるタイプと比較して、スッキリしているけどこだわりだらけでとても「日本ぽい」感じがします。なんだろうなこの感じ。 さて、今年はウール素材のダウンベストが欲しいと思って探している中で、このNOOKというモデルのシャンブレー素材ものを見つけました。残念ながらベストではないので購入は見送る予定ですが、来年再来年にどんなモデルが出てくるかチェックしなければと思わせられました。ちなみにメンズレディースの区別はなさそうで、サイズ0〜1くらいが女性向けだと思われます。 このNOOKは5色展開で、この色だけがシャンブレーですがあとはマットなナイロンでそれも悪くありません。こだわりポイントの説明やカラー・価格はこのプロダクトページで確認してください。 The Loft labo TL15FJK3 NOOK ちなみにキルティングが内側になっているこのWIISというモデルも気になってるんですよねー。シルエットが気になる。これは公式の紺色の写真だとマッキントッシュのゴム引きコートみたいな質感に見えていい感じです。 The Loft labo TL15FJK4 WIIS The Loft labo http://loftlabo.com/ ほかにも数モデル出てますよ。どれも今までのダウンとは少しだけ違う雰囲気があります。
エルメスのAppleWatch!! ドゥブルトゥールが気になります〜
HERMES-Appleをご覧になってください〜、エルメスのロゴがこんなところに並ぶなんて!家でAppleWatchの話をされてもチンプンカンプンだった私もこれは気になってしまいます! このブルージーンのドゥブルトゥール、エルメスらしいお色でこんなに素敵。 HERMESの公式HPの方にもフランス語ですがこのようなページがありましたよ。 最初はベルトだけがエルメスだと思っていましたけど、文字盤もエルメスロゴが入っていて、このデザインもエルメスが参加しているようなことが書かれてます。 ドゥブルトゥール、シンプルトゥール、カフ、の3タイプがあるそうですけど、私はやはりケリードゥブルトゥールのように二重巻きができるこちらのドゥブルトゥールが一番気になります!カフもボリューム満点なのですが、ファッションが限定されそうですね。時計のことは置いておいて、ブレスレットとしか見ていない発言でゴメンナサイ。^^; カラーはブルージーンのほかには、フォーブバレニア、カプシーヌとエタンもあるようです。こちらのお写真は少し色合いがグリーンがかっているようですけど… お色のネーミングも全てエルメスレザーアイテムと同じなので、ケリーと同じレザーで発色や質感も同じなのでしょうね!期待してしまいます! そして気になるエルメスオレンジのお箱ですが、AppleWatchのロゴが並んでしまうのですね。同じパッケージなのにロゴが一つ増えるだけでどうして雰囲気が異なってしまうのでしょう…でもAppleWatchファンの方はこのようにならないと納得されないですよね。どこまでも門外漢な発言で申し訳ないです。^^; 気になるお値段なのですが、アメリカですとドゥブルトゥールで約15万円、シンプルトゥール約13万円、カフ約18万円程度という記事を見ました。ケープゴットのドゥブルトゥールが30万ほどですから、比べるとなぜか安く感じてしまうのが不思議ですね〜 実際に購入するしないはさておき、みなさんどのタイプがお好みですか?
5 Outrageously Expensive Things You Could Buy Instead of A Birkin
Jane Birkin made headlines today as she asked for her name to be removed from the illustrious and decadent luxury handbag. She claims that she does not want to be associated with the bag anymore because of the cruel treatment of Crocodiles used to make the damn thing. These bags are infamous for being outrageously expensive, so here are 10 things you could buy with the money you'd spend on a Hermes Birkin. The little Ostrich sucker above boasts a 100,000 dollar price tag. EEK. Here are some big ticket items you could buy instead of a damn purse. 1. A House in the Midwest You can get a pretty decent sized house in the Midwest for 150, 000. That's like...where you live, or you can have a handbag. 2. A Gaggle of Komondor Dogs The mop-dogs go for around 800 from a pure breeder. Their grooming alone costs nearly 10K per year and food...well, that'll run you another five or six thousand. These dogs are hilarious and absolutely ridiculously priced, but you can have 100 of them for the price of a Birkin. 3. A Bad-ass Car You can have a basic Lamborghini or decked out Mercedes for the price of the top Birkin. I'd much rather be riding in style, then have a seriously expensive place to hold all of my cheap shit. 4. A Subway Franchise You could literally own your own subway restaurant. Have artistically made sandwiches any time you like, and shove them in your old handbag because you're a restaurant owner. Opening a franchise only costs 15, 000 dollars to obtain. 5. You could eat the most expensive burger in New York every day for a year. "Le Burger Extravagant" sold at Serendipity in New York costs 295 dollars. For the price of a Birkin you can eat it every single day for a year. How's that for your lunch break?
8
Comment
6