unagi
2 years ago500+ Views
聞けば見えてくる世界~ラジオ再注目
ラジオの力が復活しつつあるというニュース
AppleMusicの24時間ラジオ「beat1」が注目されていることを考えると
リアルタイムな「音だけのコンテンツ」その価値が再注目されるような気がします!
AMラジオ派としては、秋冬にかけてAMの放送がFMラジオでも聞けるようになるワイドエフエムにも注目したい。
ラジオの下剋上が始まった!?聴取率アップの裏側 http://diamond.jp/articles/-/73188 ビデオリサーチの首都圏ラジオ調査で、ラジオ聴取率が前回4月度の5.7%から、0.3ポイントアップの6.0%となった。昨年10月の調査以来、約1年ぶりにラジオ聴取率が6%台に回復した。胸をなでおろす関係者の姿が見えてきそうだ。 radiko.jp はIPサイマル放送サービス。つまり、通常の電波で配信されている放送をラジオで聞くのと同じように、今現在放送されているラジオをネット経由で聞くことができるサービスだ。2010年3月に試験配信を開始し、現在、月のユニークユーザー数が1200万程度、全国101局の民放ラジオ局のうち、74局が参加している。 http://radiko.jp/
AppleMusic Apple Musicの「Beats 1」ラジオステーションは、毎日24時間、ロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルスから全世界にライブ放送される。AppleはBeats 1を運営するためにDJを雇っており、素晴らしい音楽を流すだけでなく、音楽や音楽文化の注目トピックに関する議論や、独占インタビューも放送すると約束している。
「Apple Music」でラジオ復活? 流行発信、アルゴリズムではなく「人間」から (1/3) http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1507/07/news057.html ~アップルは、音楽の流行を作り出すのは、最新のテクノロジーではなく、あくまでDJや編集者といった“人間”であり、音楽ファンを増やすには、ラジオが最適なメディアだと考えているようだ。~
Apple Musicは「ラジオ」機能が秀逸だった 音楽産業に利益をもたらす仕組みに育つか http://toyokeizai.net/articles/-/75322 Apple Musicの最大の魅力は「ラジオ」 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/051100117/070700005/?bpnet ~もう一つのユニークな機能が、アーティストごとのラジオ機能。アーティスト検索後、「ステーション」という機能を選択すると、そのアーティストに近い楽曲がそろったラジオ局になります。この選曲が絶妙で、聞いていても飽きません。~
1 comment
知らなかったなあ。ラジオは「ながら」がしやすくてよかった。
2 years ago·Reply
1
1
2