masane
3 years ago1,000+ Views

猛男と凛子を優しくみつめる自分に気づいちゃう。実写版『俺物語!!』

見た目よりずっとまっすぐ、ずっと本気

以前アニメ版を紹介してきになっていた実写版「俺物語!!」が10/31に公開されました。
パッと見、冗談みたいなビジュアルですけど、まっすぐな「漢」を絵にしたらこうなった!?って感じですね。
剛田猛男を演じるのは、花子とアンや天皇の料理番からガッチャマン、変態仮面、となんでもやっちゃう、鈴木亮平さん。
とにかくなんでも本気で演じてくれる彼の演技感動です。いやあもう猛男でしかないいい!
ちょっとおバカ過ぎるんだけど、いやそれは私がゆがんでいるからなのかしら。
(やり過ぎなくらいがちょうどいい)
個人的には、猛男の両親にもっと活躍してほしかったけど、顔見れただけでも良かった~。
(これから映画観る人はしっかり見るように!)
妄想のイケメンとの恋に励むくらいなら、まっすぐな二人の恋を応援したい。なんてお母さん心全開になれる俺物語!! 笑っちゃうけど、優しくなれる映画です。
猛男らしいフレーズをツイートできます。
なんとマンガ版が100ページどーんと読めちゃうそうです。
0 comments
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
ついに発売!!ananの「愛とSEX」特集★
今年もこの季節がやってきました♡ 一年に一度のanan「愛とSEX」特集~♪ いつの過激な内容をぶち込んでいて、手に取るのが恥ずかしいくらい(*/□\*)www そしてなによりも、表紙を飾るのは、キスマイの玉森裕太~ セクシーショットも満載で、ドキドキしてしまう♡笑 でも、こういう内容の雑誌っていいよね~♪ みんながSEX等に関して、どういう風に考えているのか、どんな悩みを抱えているの解るからとっても良い★ 恥ずかしくて周りに聞けない事も、これを見れば答えが出ているし~(✿´ ꒳ ` ) ♡内容♡ 「伝えあう、昂めあう、満たされる。 愛とSEX。」 表紙玉森裕太巻頭グラビア「sensual memory」 ◆みんなのSEX白書2015読者のリアルボイスを大公開。心も体も満たされた、最高のSEX。 ◆こんなとき、どうすればいいの?SEXにまつわる女子のお悩み、誌上カウンセリング。 ◆昂ぶる気持ちは最高潮に…。わたしたちが感じる、あの瞬間。 ◆大人の女の必修科目!?さらに昂めあうSEXテクニック。 ◆女子のカラダは不思議がいっぱい!最新「感じるオンナの科学」NEWS。 ◆エロスの教祖たちが降臨!男の“SEX"解体新書。 ◆人気女性作家書き下ろし 官能ショートストーリー 島本理生/湊よりこ/南 綾子 ◆セーフSEXマニュアル50問50答。  避妊と性感染症、どこまで正しく知ってる? ◆設備&サービスがこんなに充実。  いまどきの“カップルズホテル"はここがスゴイ! ◆特製DVD「in her case」そのとき、彼が欲しくなる。
アカデミー賞、セレブのドレス&メイクをチェック!
2016年アカデミー賞が発表になりましたねー! 早速、授賞式のセレブ達のドレスをチェックしたいと思いまーす! 今回、私の中のベストドレッサー賞は、「キャロル」のルーニー・マーラ! ジバンシーの繊細なドレスを見事に着こなし、メイクとあわせて、唯一無二でモードな存在感を出しています。これは中々できるものじゃないですよ〜。 特に「キャロル」で年上の女性(ケイト・ブランシェット)に翻弄されるウブなデパート店員を演じていただけに、良い意味でイメージを裏切ってくれて、お見事! その「キャロル」に主演したケイト・ブランシェットはアルマーニ。 うーん、ゴールデングローブ賞では完璧なドレス姿でしたが、これはちょっとおしい! このファンタジックなディティールのドレスはもっと若い子向きだったのでは? オスカー常連のジェニファー・ローレンスはディオール。 繊細なレースがよく似合ってますね。 メイクもレッドカーペットにふさわしい品と大人っぽさ。 こちらもオスカー常連のケイト・ウィンスレットはゴールデングローブに続いて、ラルフ・ローレンのドレス。 もう、これは、、、彼女のドスコイ体型を悪目立ちさせて最悪ですね、、、。 ジェニファー・ローレンス、ケイト・ブランシェットらを抑え、見事主演女優賞を獲得した「ルーム」のブリー・ラーソンはグッチのドレス。 オーセンティックで堂々とした姿!主演女優賞にふさわしいですね。 「リリーのすべて」で助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデルはルイ・ヴィトン。 これ、写真が悪いですね。シャーベットイエローのドレスってあまり見たことないし、彼女にとても似合っていてとても良いと思います! 以上!
渋谷uplinkにて行われる【見逃した映画特集2015】が熱い
現在も渋谷uplinkにて行われている 「見逃した映画特集2015」 の内容が実に熱い。  『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』や『はじまりのうた』、『セッション』などの今年の話題作も上映されるが、個人的に注目したいのはDVDなどでもあまりレンタル販売されなさそうな作品群だ。今回はその内の三作をピックアップしたい。 まずは『Cu-Bop(キューバップ)』だ。公開日は12/30(水)、1/5(火)、1/15(金)、1/17(日)、1/29(金)である。 ”映画『Cu-Bop』は、困難に直面しながらも、それをものともせずに、自分の音楽を演奏し続けるキューバのミュージシャンたちを記録したドキュメンタリー作品だ。キューバに残り音楽活動を続ける者、ジャズの本場であるアメリカ合衆国に移住する者…。その両者の元へ、監督自らカメラを持って自宅に泊まり込み、寝食を共にしながら『音楽が生まれる瞬間』を記録する取材方式によってこの映画は撮影された。ハバナの片隅の古びた住宅地、ニューヨーク・ハーレムのディープなラテン人居住区、カメラは驚く程近距離でミュージシャンたちを記録し、生活と共にある本物のキューバ音楽を活き活きと描き出してゆく。” http://www.uplink.co.jp/movie/2015/41952 より引用 あらすじだけでそそられる。公開間近なので予定を空けておこう! お次は『ブラジル・バン・バン・バン~ジャイルス・ピーターソンとパーフェクトビートを探しもとめて~』、公開日は12/30(水)、1/12(火)、1/16(土)、1/20(水)、1/27(水)である。 ”世界で最も影響力があるラジオ/クラブ DJ とリスペクトされるジャイルス・ピーターソンが、10 代の頃から愛して止まない「音楽の楽園」リオデジャネイロで作品制作に挑むなか、街へ繰り出し、歴史と文化への理解を深めていく、旅するようにリオの魅力を知ることができる、新感覚ドキュメンタリー!” http://www.uplink.co.jp/movie/2015/41613 より引用 ブラジル音楽事情だけでなくリオデジャネイロの街の気風なども体感できそうな期待できるドキュメンタリーだ。 最後は『THE COCKPIT』、公開日は1/16(土)~1/22(金)である。今回紹介する中では唯一の邦画である。 ”仲間たちと集まって一緒にものをつくる楽しさ。小さな部屋で遊びから始めた行為がいつの間にか作品になって、やがて大きな場所へ広がってゆく、かもしれない……。そんな自分たちの日常と地続きの創作。楽器の技術さえ必要ないヒップホップという音楽は、その実感をつねにわたしたちに届けてくれる。注目のヒップホップ・アーティストOMSBとBim、そして仲間たちも加えた、真剣だけどコメディ映画みたいににぎやかな音楽づくり。『THE COCKPIT』はそれを記録することで、同じようにわたしたちの日常と創作とを繋いでみせる。刺激的な創造行為の貴重な記録であると同時に、若者たちのユーモラスで愛おしい日常の記録でもある、これはそんなドキュメンタリー。 ” 創作への熱意や青春の清らかさなどを感じられそうな作品だ。また場面や環境などが身近であることからも実に共感しやすい作品となっていそうである。 今回は音楽映画でかつちょっとニッチな作品を紹介したがそれ以外にも様々な作品が上映される予定だ。 「見逃した映画特集2015」を見逃すな!
手のひらサイズだけどちゃんと読める!手塚治虫漫画全集200巻セットが 7,480 円!
こんなに小さい豆本の漫画。面白いのが出版社からでなくセガトイズの商品です。おもちゃ、というくくりになるんでしょうか?でも中身は正真正銘の漫画でちゃんと読むことができるそうです。 しかも、200巻 特別限定セット BOXにもかかわらず、売れていないのか現在amazonでは90パーセントオフで売られています。「ジャングル大帝」・「ブラックジャック」等の名作が一気読みできてしかも場所をとらないのだからかなりお得ではないでしょうか。目が疲れそうな以外はいいことづくめな気がしますよ、これ! ミニコミ手塚治虫全集 Vol.1 タイトル一覧 ジャングル大帝 [1~3巻] リボンの騎士 [1~3巻] ロック冒険記 [1~2巻] 地球の悪魔 罪と罰 新撰組 ぼくの孫悟空 [1~8巻] スリル博士 0マン [1~4巻] キャプテンKen [1~2巻] 白いパイロット [1~2巻] 勇者ダン 虹のとりで きりひと賛歌 [1~4巻] アポロの歌 [1~3巻] 平源太平記 漫画大学 冒険狂時代 弁慶 新世界ルルー 38度線上の怪物 メトロポリス グランドール SFミックス [1~2巻] SFファンシーフリー 人間ども集まれ! [1~2巻] フースケ ひょうたん駒子 リボンの騎士<少女クラブ版> [1~2巻] 虹のプレリュード メタモルフォーゼ アラバスター [1~2巻] ダスト8 [1~2巻] ボンバ! 鳥人大系 [1~2巻] 鉄の旋律 シュマリ [1~4巻] 三つ目がとおる [1~13巻] オズマ隊長 [1~5巻] ロップくん [1~2巻] タイガーブックス [1~8巻] マアチャンの日記帳 ロストワールド 未来人カオス [1~3巻] 来るべき世界 [1~2巻] ハトよ天まで [1~3巻] 夜明け城 スーパー太平記 旋風Z 双子の騎士 ジェットキング フィルムは生きている ふしぎな少年 [1~2巻] 黄金トランク ふしぎ旅行記 ファウスト ライオンブックス [1~5巻] 大暴走 すっぽん物語 丹下左膳 サボテン君 レモン・キッド 太平洋Xポイント アリと巨人 化石島 鉄の道 エンゼルの丘 [1~2巻] ケン1探偵長 [1~2巻] アバンチュール21 ピピちゃん ジャングル魔境 W3 [1~3巻] バンパイヤ [1~3巻] ばるぼら [1~2巻] どろろ [1~4巻] ブラックジャック [1~18巻] ブルンガ1世 [1~2巻] 上を下へのジレッタ [1~2巻] 珍アラビアンナイト 鬼丸大将 [1~2巻] ノーマン [1~3巻] ゴットファーザーの息子 フライングベン [1~3巻] ミクロイドS [1~3巻] マグマ大使 [1~3巻] 海のトリトン [1~4巻] ナンバー7 [1~4巻] 奇子 [1~3巻] 火の鳥(少女クラブ版) 200冊というとこのボリュームになるんですね!! ミニコミ 手塚治虫 漫画全集 Vol.1 200巻 特別限定セット BOX http://www.amazon.co.jp/ミニコミ-手塚治虫-漫画全集-Vol-1-特別限定セット/dp/B000MSH1DO#productDetails
【名言紹介】『ぼのぼの』20年ぶりTVアニメ化 【2016年4月】
20年前に放送されていたテレビアニメ、「ぼのぼの」をご存知であろうか? 単行本は40巻が刊行されており、累計発行部数900万部を超える人気作である。 ラッコのぼのぼの、シマリス、アライグマなどの森の生物の「ほのぼの」した生活を描いているが、実は哲学的なこの作品。 20年ぶりの「ぼのぼの」は4月2日スタート、毎週土曜午前4時52分~5時に放送される..... 毎週土曜午前4時52分~5時!?!? 時間早すぎ...? ってことでモチベーションが上がるように「ぼのぼの」に出てくる名言でも少しだけ貼っておきます。 スナドリネコさん "ぼのぼの、生き物は、絶対、こまるんだよ。こまらない生き方なんか、絶対、ないんだよ。そしてこまるのは、絶対、おわるんだよ。どうだ、少しは安心してこまれるようになったか?" シマリスくん "いつだったかおとうさんがたいせつにしているものをこわしてしまったことがあるのでぃす。正直に言おうか言うまいか三日三晩悩みました。 その間が地獄なのでぃす。しかし正直に言うと決めれば地獄は終わるのでぃす。あとは最悪でも、どなられるかなぐられるだけではねいでぃすか。" ダイねえちゃん "誰かの悪口をそのまま信じることは、その悪口を言ったものと同じくらいいけないことですよ"  "アライグマさん、好きかどうかというのは二人だけの問題です。決して誰かに証明しなければいけないものではないのです" ぼのぼの "誰かといっしょに歩くのはたいへんだね ぶつからないように はなれないように 話しながら笑ったり 曲がらないようにして あわてないようにして うるさくないようにして" "何かを探すんだったら道をまちがえちゃいけないよ。ひとつでもまちがえるともう見つからないよ。でもまちがっても大丈夫。別なものが見つかるから" 
ひとり健さん映画祭~居酒屋兆治(高倉健一周忌記念)
黙っていることに意味がある映画ナンバーワン ひとり健さん映画祭。個人的には満喫しております。 今回は『居酒屋兆治』(いざかやちょうじ)。 山口瞳の小説が原作になっている1983年の作品です。 話は、訳アリの男兆治が夫婦で営む居酒屋にたむろする良い感じのお客たちとの心の交流、てな感じです。とにかく、やり取りを楽しむにつきます。 田中邦衛、ちあきなみお、小松政夫、平田満、細野晴臣いろいろ出てきますが、メイン格になっている暴力的な伊丹十三の自分自身を止められないがいい味になっています。 (監督のイメージが強いので、さらに関心) ドラマチックなんてことのない感じで、なにもおこらないというか、起こらないように我慢している空気を感じるような映画です。 みかたによっては否、マジで怖い女、大原麗子(もはやあの時代の大原さんじゃなければ成り立たない!)と、骨があり過ぎて逆に違和感が無いガンジー健さんのかもしだすムードを満喫するしかありません。 仕込みの風景、買い付けの風景、素人とさらっと絡む健さんのシーンがポイントです。 左とんぺいが悲しくて泣けてきます。 こういう日本映画、また見たいですが、健さんなしにはできないよなあ。 降旗 康男(ふるはた やすお)監督は、多くの健さん映画を撮っていますが、(最後の作品「あなたへ」もそう)以下は居酒屋兆治周辺に存在する映画です。 『冬の華』 『駅 STATION』 『夜叉』
Google全面協力によるコメディ映画が面白い
インターンシップ(原題:The Internship)は2013年にアメリカ合衆国で製作されたコメディ映画です。Google全面協力の元、Google社のインターンシップに参加するおっさん2人を描いた作品です。日本ではビデオスルーとなっています。 Googleの全面協力ということもあって、Googleの宣伝映画としてはものすごく機能しているなあとは思います。しかし、映画作品としても、王道のコメディ映画として成立しています。 デジタルの普及によって業績が悪化して倒産した、時計会社の営業マン2人。とてもアナログ人間で路頭に迷ってしまった彼らは、ひょんなことからGoogleのインターンシップに参加しようと決意します。大袈裟なくらいの営業トークを唯一の武器に、彼らはインターンシップで優勝を目指すというストーリーです。 キーポイントになるのが家具販売店とか老人ホームでの電動車椅子の販売などの仕事です。それらの仕事を主人公2人が辞める理由が、漠然と仕事自体のつまらなさを感じたということよりも、悪者を作って働いている人の魅力に欠けるってことを強調している点で、他業種の方々へのトゲがなく、バランスが良い作品になっていると思います。 Googleの社内は映像化してもよく映えるので、非常に魅力的でした。エンドロールもすごくGoogleっぽくて、見事でしたね。チームワークの大切さみたいなところは非常に重要視されていて、そこもまたヒール役を作ることでわかりやすく描いていたので、とにかく王道のストーリー展開でした。 Googleというチームの魅力がたっぷり伝わる映画でした。現在、DVD・Blu-rayが発売・レンタル中です。Google好きな方、仕事って何かを考えたい方、就活控えてインターン参加しようかなって方、王道ストーリーが好きな方、是非観て下さい。
7
Comment
3