unagi
500+ Views

2015/7/14新しいガンダム、出ます!


またやるのかよと、キターの間の新ガンダム

なぜかつい気になってみてしまうガンダムシリーズがなんと!新作がくる。
Gのレコンギスタは絶妙な斜め上さで、賛否をまとめてぶん投げていったけど、今回はどういう系だろうか。
兵器という扱いかどうかが、ひとつのポイントだと思うけれど(いわゆる一つのガンダムなのかガンダムじゃないのか論)、おそらくは冨野監督ではなさそうなので、うーん。どうなる。連続アニメかも全然わからないので。
ともかくデザインはケチつけるよ!
7月3日(金)にオープンしたサイト「g-tekketsu.com」のカウントダウンがゼロとなる7月15日(水)12:00(正午)より、新作ガンダムシリーズの制作発表会が行われることが決定した。 発表会はカウントダウンサイトとガンダムインフォ他にて、英語同時通訳付きで全世界同時ライブ配信される。また、発表会のハイライトをまとめたアーカイブ映像は、英語・フランス語・繁体中国語・簡体中国語・韓国語の字幕付きでの配信となる。http://g-tekketsu.com/ https://twitter.com/g_tekketsu
ファーストをリアルに描き直した「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」も映像化されている中、どう攻めてくるのだ。バンダイ!
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
【名言紹介】『ぼのぼの』20年ぶりTVアニメ化 【2016年4月】
20年前に放送されていたテレビアニメ、「ぼのぼの」をご存知であろうか? 単行本は40巻が刊行されており、累計発行部数900万部を超える人気作である。 ラッコのぼのぼの、シマリス、アライグマなどの森の生物の「ほのぼの」した生活を描いているが、実は哲学的なこの作品。 20年ぶりの「ぼのぼの」は4月2日スタート、毎週土曜午前4時52分~5時に放送される..... 毎週土曜午前4時52分~5時!?!? 時間早すぎ...? ってことでモチベーションが上がるように「ぼのぼの」に出てくる名言でも少しだけ貼っておきます。 スナドリネコさん "ぼのぼの、生き物は、絶対、こまるんだよ。こまらない生き方なんか、絶対、ないんだよ。そしてこまるのは、絶対、おわるんだよ。どうだ、少しは安心してこまれるようになったか?" シマリスくん "いつだったかおとうさんがたいせつにしているものをこわしてしまったことがあるのでぃす。正直に言おうか言うまいか三日三晩悩みました。 その間が地獄なのでぃす。しかし正直に言うと決めれば地獄は終わるのでぃす。あとは最悪でも、どなられるかなぐられるだけではねいでぃすか。" ダイねえちゃん "誰かの悪口をそのまま信じることは、その悪口を言ったものと同じくらいいけないことですよ"  "アライグマさん、好きかどうかというのは二人だけの問題です。決して誰かに証明しなければいけないものではないのです" ぼのぼの "誰かといっしょに歩くのはたいへんだね ぶつからないように はなれないように 話しながら笑ったり 曲がらないようにして あわてないようにして うるさくないようにして" "何かを探すんだったら道をまちがえちゃいけないよ。ひとつでもまちがえるともう見つからないよ。でもまちがっても大丈夫。別なものが見つかるから" 
「このガンダム、動くぞ」ってリアルに言いたい大人たち ガンダム GLOBAL CHALLENGE
伝説のロボットアニメガンダムを生み出した富野由悠季監督までもが絡みだしたらもう止まらないでしょう、リアルガンダムを作るプロジェクト。 JXホールディングスの広告で、現場で働くガンダムの姿をポスターにしたものがありました。また外国のニュースで、日本の自衛隊の紹介の時にお台場のガンダムの映像が映ったなんて話もあり、もはやガンダムが現実になるのは気持ちの上ではあとすこしといったところなのかもしれません。 (お台場にガンダムたててるだけでもすごい話です。元々アニメですよ) というわけでガンダム GLOBAL CHALLENGEプロジェクトでは、既にアイデアを募集し終えたところ。 詳細はサイトを見てほしいですが、大人が本気になっています。 予定では2019年の夏に、その成果が発表されるそうです。 いよいよオリンピック前に動くガンダムが立ち上がる。 楽しみですね。 18mのガンダムを動かす「ガンダム GLOBAL CHALLENGE」、新たな研究者が決定! 富野監督、橋本教授が、現代技術を結集し実現する巨大ロボへのロマンを語る http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20151026_727486.html 動くガンダムを作ろう! 富野氏達が語り合う「明日のロボット」 http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20140710_657249.html 来年の秋には基本プランを選定し、設計、施工を行ない2019年の実現を目指していくという。 ガンダム GLOBAL CHALLENGE 公式サイト http://gundam-challenge.com/ これにはちょっと驚いた。 animehttp://www.pressnet.or.jp/adarc/ex/ex.html?a1060 JXホールディングス
落語をアニメで楽しむ「昭和元禄落語心中」スタート。
年末年始、伝統的な芸能に触れたくなるのはなぜなのでしょうか。 たまたまテレビで放送しているから。神社やお寺など歴史を感じる機会が多いから。着物を着るから。答えらしい答えが見つからないですが、とにかく落語や漫才、歌舞伎などなど楽しむ人は少なく無いでしょう。 さてそんなトラディショナルな気持ちが高まっている今、落語のドラマが放送開始されました「昭和元禄落語心中」。 2010年にマンガはスタートしていて、2013-2014年には、17回メディア芸術祭マンガ部門優秀賞や38回講談社漫画大賞するなど読み応えある作品として注目されていました。 そして、2015年に単行本第7、8巻にOVAが付いた特装版で映像化。いよいよ連続アニメとして放送が開始されたわけです。 初回は1時間スペシャルで、OVAの内容をまとめたものです(「与太郎放浪篇」)。 昭和元禄落語心中 http://rakugo-shinju-anime.jp/ TBS系(1月8日スタート) 金曜深夜26時過ぎ ※BS-TBSでは1/9土曜24時から ※Amazonプライムビデオでも配信中 昭和50年ごろを舞台に、落語家に入門するチンピラ「与太郎」の物語。 落語に詳しくなくても、ちょっと昔の日本の青春劇として。詳しい人なら死神、芝浜など噺とのリンクも楽しい、伝統芸能風が吹いている新春から観始めるのにぴったりのアニメです。 ちょっと深夜ですので、私は録画をして楽しみたいと思います。 漫画公式サイト http://itan.jp/rakugoshinjyu/
渋谷LOFTのSTAR WARSコーナーに行ってみた【レポート】
渋谷Loftで10月4日までやっているSTAR WARSコーナーに行ってみました! 詳細はこちら http://www.loft.co.jp/lp/STARWARS/ 平日の昼間でも賑わうSTAR WARSコーナー 平日の昼間にたまたま通りがかったので寄ってみました。 まず入った瞬間にもうテンションがぶち上がってしまい、ちょっと立ち寄ろうと思って入ったにも関わらず長居してしまいました。 コーナー自体は広くはないのですが、店の中を何周もしてしまうほど見応えありです。 マグカップ、ステッカー、トートバッグ、ぬいぐるみ、衣類、コスチューム、日用品、人形、ノートなどありとあらゆるグッズを揃えているこのコーナーはSTAR WARSファンでなくても見ていて何かこみ上げてくるものがあるはずです。 その中でも一番熱いと思ったグッズはなんとプラモデルでした! STAR WARSプラモデル http://bandai-hobby.net/sw/index.html これはもうヤバイですね。 しかもダース・ベイダーとストーム・トルーパーは2592円という値段! 買うしかないですね。 店頭では無料でプラモデルのカタログがもらえる! ちゃっかりもらいました。 そして何よりも大画面で新作「STAR WAR フォースの覚醒」のメイキング映像が流れていて、それを見ている大人たちが皆ニヤニヤしているのが素晴らしかったです。 買い物をしにきているスターウォーズファンが腕を組み、ニヤニヤしながらこの動画を見ている光景をみて改めてスターウォーズのコンテンツとしての強さを感じました。 気になった方は10月4日まで渋谷LOFTでやっているので是非行ってみては? http://www.loft.co.jp/lp/STARWARS/ http://starwars.disney.co.jp/movie/force.html ちなみに私はこのポスターを480円(安い!)で買いました。
何故ガンダムとそれを呼ぶのか。機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
作り手がそう呼ぶからです。(冨野風) 「ガンダム」シリーズの最新作「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」が2015年10月4日(日)17時からMBS/TBS系列全国28局ネットで放送されることが、7月15日(水)に開催された「ガンダム新作発表会」の中で明らかになりました。 発表前からカウントダウンサイトが設けられたことで、新作の内容はどんなものなのか、誰が作るのかと噂が飛び交っていましたが、監督・長井龍雪&シリーズ構成・岡田麿里という「とらドラ!」「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のコンビが制作を担当することも発表されました。 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ http://g-tekketsu.com/ 小説版のようなタイトルとビジュアルですが、秋から連続アニメとして、しかも日曜夕方の枠でガッツリ見せてくれるようです。 もはや初代ガンダムから歴史が経ちすぎているので、あーだこーだいうことすらカルチャーとして定番になっていて、なんでもいいのですが、その期待値が上がる感じは、いいことかもしれません。 不思議なものでガンダムと冠がついていますが、それ以外はほぼ新作アニメみたいなもので、原作付のアニメが多い中、ガンダムは結果、テレビオリジナルアニメになっているところが面白いかもしれません。 とまれ、ロボットアニメという様式美が原作以上に強い力になっていることは否めないので、そんなに革命的な内容は望めないかも。 ガンダムにふさわしいか話が、また秋にやってきます。
菊地成孔、漢のガンダムを彩る
大人が味わえる漢のガンダム! アニメってけっこうハードル高いと思います。絵柄も目クリクリの女子かイケメンが、あーだこーだ。良い作品があると言われても、やっぱりジブリが限界。って人も多いかと。 ロボットものもその範疇かと思うんですが、そんなアニメ食わずきらいな方に勧めたい、大人が見やすい見るべきガンダム『機動戦士ガンダム サンダーボルト』をご紹介。 ハードボイルドな世界、絵 ざっくり言えばアムロが出ていたあのガンダムとつながっている話です。ロボットは出てきますが、ようは戦争映画と思ってください。しかも戦争の末期というのがポイント。 絵柄は劇画調で、アニメ絵が苦手な人にも無理が無いかと。ここに義足でスナイパーのキャラクターが出てくるわけですから、大人向けでしかありません。色恋も、いやらしいです。。 音楽は菊地成孔。登場人物までバチを回してます 演出として、音楽が重要な位置を占めています。(というか登場人物がジャズを聴きながら戦っている)。ちなみに音楽の担当は鬼才菊地成孔(TBSラジオ粋な夜電波でもお馴染みですねw)ということで、これだけでもたまらない人もいるかも。(「LUPIN the Third 峰不二子という女」やNHKのいくつかのドラマでも菊池さんは担当していますのでご安心) 個人的には、ラジオから流れる音楽、っていうのが好きです。 忙しい大人も安心のちょうど良いボリューム そして、なによりいいのが、トータルの時間がちょうど良いこと。 全20数話観なきゃいけないシリーズは大人にはこたえますよね。 4話まとめても、1時間11分。ちゃんと完結もしています。 第1話(約18分) 第2話(約18分) 第3話(約18分) 第4話(約17分) ※配信方法もたくさんあるので、見れない人は多分いないかと。 http://gundam-tb.net/products/index.html ちなみにお値段は、1450円(レンタル)、映画を観るような気持ちで楽しめます。 実はまだ1話しか見ていないのですが、もう1話だけでも見た方がいい!(250円税別) 菊池さんのMVって感じでも楽しめます。 最先端のオトナが楽しめるガンダム、「機動戦士ガンダム サンダーボルト」。余裕のある方はぜひ。 ちなみに。。。 ★大画面で観たいというひとは6月に映画館で上映イベントも 2016年6月25日(土)~ 7月8日(金)[2週間限定] http://gundam-tb.net/news/index.php#10457 ★さらに菊地成孔が「機動戦士ガンダム サンダーボルト」のサントラをひっさげて、なんとブルーノート東京で、ソロ・ライブが開催 http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/naruyoshi-kikuchi/ 公演日 2016年6月23日(木) チャージ 6,800円(税込) いやあお腹いっぱいです。 GWにゆったりみたい。 機動戦士ガンダム サンダーボルト http://gundam-tb.net/ 宇宙世紀0079、地球連邦とジオン公国が戦った一年戦争の末期、サイド4のスペースコロニー群、ムーアはジオン軍の攻撃により破壊され、多くの住人が命を落とした。破壊されたコロニーや、撃沈された戦艦の残骸が無数に漂う暗礁宙域では、ぶつかり合い帯電したデブリによって絶えず稲妻が閃くようになり、いつしかそこは、『サンダーボルト宙域』と呼ばれるようになった。ムーア市民の生き残りで構成された地球連邦軍所属部隊、ムーア同胞団は、故郷であったサンダーボルト宙域の奪還を悲願とし、宙域のジオン軍を殲滅せんとしていた。連邦の進軍を足止めせんとするジオン軍も、義肢兵の戦闘データ採取を目的に設立されたリビング・デッド師団を展開。ムーア同胞団に所属しながら、故郷や自身の出自に束縛される事を疎ましく思うイオ・フレミングと、過去の戦闘により両足を失い、今はリビング・デッド師団でエーススナイパーとして活躍するダリル・ローレンツは、戦場で対峙した時、互いに悟るのだった。ふたりは、殺し合う宿命なのだと……。
意外と気になる!STAR WARSのオススメ鑑賞順
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(12月18日公開)の公開日が近づくにつれて熱心なスター・ウォーズファンはもちろん、ライトなファン層も徐々に公開が楽しみになってきているであろう昨今。 しかし実はシリーズをちゃんと全作見ていない もしくは 一度もみたことがない にも関わらずなんとなく周りが熱くなっているから自分も公開を楽しみにしている素振りをしていたりする方もいるのではないだろうか!!?? そんな方に朗報だ。 本作の公開を記念して、シリーズ6作品の地上波放送が決定したのである。 ”連続オンエアのスタートを切るのは、シリーズの記念すべき1作目『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』。日本テレビ系列『金曜ロードSHOW!』にて、最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開日である12月18日(金)にオンエアされる。また翌週12月25日(金)には、新3部作の1作目として物語の始まりを描いた『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』が放送される。 残りの4作品については、日本テレビ系列『映画天国 特別版』(※関東ローカル)で“深夜のスター・ウォーズ祭り”と称し、12月29日(火)午前1時55分~6時に『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』と『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』、12月31日(木)午前3時10分~6時に『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』、1月2日(土)午前3時10分~5時50分に『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』をオンエア予定だ。” http://getnews.jp/archives/1275281 より引用  地上波放送が若干遅いので公開から少々出遅れる感は否めないが地上波で公開してくれるその心優しさに是非ともあやかっておこう。 いやーーーー優しい地上波。ナイス金曜ロードSHOW!と言いたいところだが一つだけ問題がある。 それは放映の順番だ。 なぜ415623なのか。不思議の極みだ。 スター・ウォーズファンにとっては永遠に気になるポイントの一つがいかなる順番でこの作品を鑑賞するか、という問題である。 作品の時系列に沿って1から順に見ていくか 公開の順番に沿って456123と見ていくか。 個人的には後者の順番がやはり一番フィット感があるように感じる。  しかし中には超絶猛者的な鑑賞順番を提案する人もいる。 『スター・ウォーズ』狂人のアート・ディレクター高橋ヨシキさんは、 ”最新作を観賞する前には「4、5、6、4、5、6、1、2、3、4、5、6」の順番でシリーズを予習(復習)すべし” と語っているとのこと。 http://getnews.jp/archives/1275281 より引用 なるほど。456は三回ずつ見なくてはならないのか。これはなかなかしんどい。  ちなみにこの鑑賞法のメリットなどはよくわかっていない! ルーカスフィルムの社長キャスリーン・ケネディは前提知識なしでも楽しめるように作品を作ったそうだができれば各々の作品の鑑賞順で簡単に作品のあらすじくらいは頭に入れてから7を楽しみたいものである。