akanex
1,000+ Views

超巨大アウトサイダー・アート「サルベーションマウンテン」

Salvation Mountain。直訳すると「救済の山」。
アメリカ、ロサンゼルスから車で約3時間の砂漠の中にある巨大アートです。
レナード・ナイトさんという人が30年以上の歳月をかけて「GOD IS LOVE」を伝えるためだけに作り上げたそうです。
映画やファッション誌の撮影で使われることも多いそうです。
行くには、レンタカーかオプショナルツアーで。
一度行ってみたいなぁ。
住所:Niland, Imperial County, California, USA.
{count, plural, =0 {Comment} one {Comment} other {{count} Comments}}
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
"How are you?"への自然な返事の仕方って?(1)
学校で習ったあの定型文のような受け答え、"How are you?" "I'm fine. Thank you, and you?" "Thank you. I'm fine."。実際に聞いたことはありますか?英語圏で生活をしたことがある人は、「これ使わなかったよ〜」とか「そんなの使ってる人いなくてどうすればいいのかわからなかった」とか思った経験があるかと少なからず思います。 実は、この私たちが習った英語、昔は使っていた人もいたようですが、今では少し古臭い返答の仕方になってしまっているようです。 じゃあなんて言えばいいの? 今日は、この"How are you?"に対する自然な返事を紹介しまーす! Good. 調子いいよ。 Pretty good. とても調子いいよ。 I'm all right. まあまあだね。 Not bad. 悪くないよ。 I'm ok. まあ、大丈夫だよ。 I don't feel well. あまり気分がよくないんだ。 I'm sleepy. 眠いんだ。 Awesome! 最高だよ! Never been better. こんな調子がいい日は初めてだよ。 だいたい上記のような表現を自分の状態に合わせて使えば、自然な返答ができます。 「でも、返答したあとに話をどう続ければいいの?」という疑問もありますよね。 これについての答えは、次回のカードでご紹介してます!^^ こちら↓ "How are you?"への自然な返事の仕方って?(1)
Vingleで英語を投稿するときのために4️⃣
このシリーズも今回で4回目。 拙い文章にも関わらず、読んでいただいた方、本当にありがとうございます! 皆様のVingleライフへ、少しでも助力できていれば幸いです。 また、みなさまが普段カードを作成する際等に心がけていることがありましたら、アドバイスいただければ嬉しいです。 さて、本文。私は最初にVingleで英語を投稿したとき、不思議な体験をしました。 その経験を踏まえてカードを作成。 私が初めて"English"へカードを投稿したとき。 私は"朝の電車で"投稿しました。どのくらいの人が見てくれるのかと、胸を躍らせながら。 しかし、待てど暮らせど閲覧数は伸びませんでした。 その段階でいったん諦め、そのまま仕事をし、帰宅しそして英語の勉強をしたとき、既に深夜になってました。 何気なくVingleの自分が投稿したものを見たら驚きました。 閲覧数が伸びてるんです。それも急激に。 なぜか? 答えは"時差"でした。 当たり前のようにみんなが同じ時間で動いているわけではなく、こちらの朝は、欧米では夜中なんですね。ごくごく当たり前のことでしたが、当時の私には不思議に感じました。 それ以来、時差をある程度考慮して投稿時間を決めることにしました。 時差って面白いですね。 と、いうかVingleが面白いです。過ごしてる時間が違う人々と、同じものを見て、同じもので驚き、同じもので可愛いと感じ、嫌なニュースには顔をしかめる。世界って、狭いなぁー。 そんな妄想をしながら、毎日Vingleにのめり込んでます。 みなさまにとっての、Vingleの魅力はなんでしょうか? 今、アメリカのニューヨークはお昼の11時過ぎです。きっと、子供がお腹空かせてますね。 "世界時計 - 世界の時間と時差" http://www.time-j.net ちなみに、iPhone6の"世界時計"機能も使えます。 てか、これで十分だったり、、、
徳島のディープな秘境!祖谷(いや)
今、私が一番気になっているアウトドアスポットをご紹介しようと思う。 徳島県三好市にある秘境・祖谷(いや)! 急峻な渓谷に美しい祖谷川が流れている。 ここに、国指定重要有形民俗文化財になっている「かずら橋」というのがある。 シラクチカズラという植物で作られているらしく、見よこの写真を!水面からの高さは14m! この物々しさ! 足下はこんなにスキマがあいてる。...マジか!! この橋は3年に一度架替えられるらしい。 毎晩19:00~21:00の間、かずら橋はライトアップされる。 観光サイトには「闇夜の中に照らされた『かずら橋』が幻想的です。」などと書いてあるが幻想的というよりは不気味な雰囲気である。 肝試しの類いが好きな人にはたまらないだろう。 祖谷のかずら橋 そして、このかずら橋と同じ祖谷川には、もうひとつ観光名所がある。 小便小僧の像だ。 なんという高さ...! しかも、この小便小僧は、かつて地元の子供達や旅人が度胸試しをしたという逸話をもとに作られているらしい。...マジか!! 小便小僧 そして次に紹介したいのは、一番のディープスポット「祖谷のかかし村」だ。 かずら橋から車で30分くらいのところにあるようだ。 ここは人口わずか30数名の村だが、村のいたるところにかかしが置いてあり、その数なんと150にものぼるそうだ。 綾野月美さんという女性が長年ひとりで作り続けているらしい。 これは、もうアウトサイダーアート以外の何者でもないね。 都築響一とか佐藤健寿案件でしょう。 祖谷のかかし村 貼付けた写真はちょっと不気味だが、こちらの写真でみるとけっこうほのぼのしている。 ちょっと不気味なものばかり紹介してしまったが、祖谷にはこんな楽しそうな観光施設もある! 全長4600m、頂上の標高1380mの世界最大の観光モノレール! 1時間以上かけて、奥祖谷の大自然の中を巡る。 これは、楽しそうだ! 祖谷、、、知れば知る程行ってみたくなるぜ、、、。 奥祖谷観光周遊モノレール
絶対覚えておきたい「写真の基本構図」を説明した動画
私は写真を撮るのが下手だ。せいぜいポケモンスナップで良い点数をとるのが限界である。 しかしこの写真家Steve McCurry氏が説明する「写真の基本構図」を頭に入れればもしかしていい写真が撮れるのではないだろうかと思えてきた。 この動画ではベーシックを教えてくれると共にその構図の参考となる素晴らしい写真を例に出してくれている。 めちゃくちゃ数が多く全てはここで紹介できないので少し紹介していこうと思う。 ① 9分割した時の交差点 どういうことかと言うと、写真をまず9分割する。 そしてその線が交差するところに目を引くポイントを置くのだ。 そのようにするとこんな写真が撮れる 確かにこのような構図の写真はよく見る。 ② 9分割した時の線に沿った写真を撮る どういうことかと言うと写真の中にある立体感を出すラインをこの線に合わせるのである。 この構図を取り入れた写真がこちら これは横だが、縦と合わせて色々な組み合わせが出来そうだ。 ③ 自然のラインで目線を集めろ! これはどういうことかと言うと世の中にはよく見ると色々な「線」がある。 その線の矛先を一箇所に集めよう! このようなことである。 この他にもたくさん紹介されているので是非写真を上手く撮りたい人は一番上の動画を見て欲しい。 見た感想としては「線」を意識することが大切なんだな、と感じた
HONDAのアメリカ向けCM “PAPER”
僕は好きですね。ホンダの企業CMです。一つのエンジンにはじまり、来年発売のスポーツカーまで、ホンダの結晶が詰まった壮大な沿革だと思います。シルバーウィーク前にリリースされたようですが、思ったほど日本で話題になっていないようなので紹介してみました。 映像に登場する各プロダクトについてはGigazineのこの記事の説明がわかりやすいです。 ホンダの「のりもの」をストップモーションで振り返るPESの「Honda “Paper”」 僕はホンダの始まりが「自転車用補助エンジン」というものだと知りませんでした。日本語に訳したからこうなっただけで motor cycle のエンジンだと思えばいいのかもしれません。すこし不思議な言葉ですが、おそらくバイクの始まりがホンダだったということですよね。モーターメーカーと考えれば当たり前かもしれませんが、船や飛行機も作っていたのか。蛸はたしかに謎ですが、アメリカということなので悪魔を表現しているのでしょうか? メイキングです。3000枚のイラストを使って4ヶ月かけて作成されたということですが想像を超えるものがありますね。 上の記事のタイトルに「PES」とありますが、PESはストップモーションアーティストです。この中の作品に見覚えがあるかもしれません。僕は二つありました。 The Power of Dreams は聞き慣れていますがあらためていい言葉ですね。素晴らしいです。夢を描きましょう。
函館カフェ3「cafeハルジョオン・ヒメジョオン」
久しぶりのこのコレクションの更新。(あ、ぜひフォローしてくださいね笑) このカフェは函館駅に近いのですが、道の奥へと進んでいかないとたどり着かないような分かりくい場所にあるので、観光客はあまりいなく地元の人であふれているカフェ。 お店のHPによると、「平成15年8月に、函館市大手町の明治45年に建てられた古い2階建ての土蔵を改築」してこのお店を開店したそう。 函館には、こういう古い建物を改築してカフェに使っているお店が多く、しかもセンスが多いお店が多いのです。(Uターンしてカフェををオープンする人も多いんですよ!) 中はこんな感じ。1階がカフェで、2階が雑貨などを売っている「リーブス・クローゼット」というお店。店内には、谷川俊太郎の本や木馬も置いてあって、子供も楽しく過ごせそうな雰囲気の場所である。カップル率も高い。笑 写真は、「ベトナム風ナスと豚肉の炒めご飯」 他にも、ボリュームのある料理「ステーキごはん」やデザート系の「りんごとさつまいものタルト」など、メニューいっぱい。しかも全部美味しいから、迷う。 写真はRettyより。 住所:函館市大手町3-8 営業時間:11:30〜14:30(ランチタイム)、14:30〜17:30、ディナー:17:30〜24:30 LO23:00 定休日:月曜日(祝日の場合は火曜日) アクセス:市電 「魚市場通」電停 下車  徒歩2分 駐車場:有(約8台)
5
Comment
3