mammy218
2 years ago500+ Views
お嬢様ごっこもできるよ〜 「三鷹市山本有三記念館」
「路傍の石」などで知られる作家、山本有三がかつて昭和初期に家族と暮らしたというお宅が、現在は記念館として解放されてます。ここ、見ての通り、立派な洋風建築でとってもいい感じの建物なんですよ。応接室とか暖炉とかもゴージャスで思わずお嬢様ごっこをしたくなりますw
建物の裏には、有三記念公園もあって、四季折々の花々をも楽しむことができますよ。
場所は、三鷹駅からジブリ美術館に向かう途中の玉川上水沿い、別名「風のさんぽみち」に面したところです。あの辺り、緑が多くってほんとにいい場所なんです。吉祥寺の駅近くは休日なんか人だらけで人酔いしちゃいそうになりますが三鷹、特にこの辺りはそうでもないです。なにげに穴場感ありますよ。
前は無料だったのだけど、300円かかるようになってしまったけど、払って行く価値は十分にあります!
山本有三文学館
近くには、最近芥川賞受賞の又吉もよく通うという太宰ゆかりの場所も点在しているんで、「文学散歩」とかもいいかも〜
太宰ゆかりの場所はこちらの地図が詳しいですよ。
0 comments
2
Comment
3