egumi
1,000+ Views

見事な梅雨明け予測?! マツコとマツコが上る新たなステージ

飽きずにまた日テレのアンドロイドバラエティー「マツコとマツコ」の話です。前回OPアニメが好きで雨降りバージョンがいつまで続くのかってことを書いたんですが、意表をついて切りの悪い月の半ば、もう梅雨も明けようかというタイミングで見事に切り替えてきましたよ。気象庁が関東の梅雨明けを宣言したのが19日の午前、新バージョンOAは18日夜ですからね。やるな森三平。いやそれとも内容的にカンヌの回にぶつけることが決まっていたのか?わしら素人にはわからんちん。
マツコロイド誕生篇、梅雨の倦怠期篇に続き、今回は『マツコとマツコついに新ステージへ篇』ですね。全部私の勝手な命名ですからよそで「倦怠期篇が〜」なんてしゃべったって誰もわかんないですからね。そのへんよろしくお願いしますよ。
今回はキャバレーRouge&Bleuでステージに立つ二人の前に、第1回というか1stバージョンでロイドを生み出した石黒先生的な黒い人が再び現れるんですな。携帯してる人形っぽいのはやっぱりこいつですかね?こいつ。テレノイドっていうらしいですけどお前どう見てもスケキヨだろ。
その石黒教授が楽屋を訪ねてきましてね。二人にこの玉手箱チックな何かを差し出すわけですね。箱を開けると...
中から番組セットを思わせるお部屋登場!
吸い込まれるマツコとロイド。黒い物体が身体ってことがややわかりにくいんですけどね。小さい赤い丸と青い丸が顔の部分ですよ。
そして石黒教授にいざなわれて、さあステージに上るわよ!ってところまでが新ステージへ篇です。陰のせいもあるけど、マツコとロイドの体系がちょっと違う。やだやだこんなマツコやーよー。もっと丸くて弾んでてほしーのよー。
さてこれでやっと番組スタートの時点までを描いたってことでいいんですかね。するってーとここから先は二人で何か面白おかしく世の中をアッといわせるような展開が待ち受けてるんでしょうか。スタジオの外へ飛び出して事件を起こしたり、スターになっちゃってちょっとアタシ達つらいわなんてのがあったり、色々広がりそうで楽しみじゃーありませんか。ねえ?
まあ個人的にはですね、今回マツコとロイドの間になんのドラマ的な進展がなかったものですから、そこは次回、なんかもすこし掘り下げてもらえたらと思うんですよ。ヨロシク森三平!
最新回がOAから1週間見られる日テレオンデマンドはこちら。マツコとマツコは適当に探してちょ。
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
渋谷LOFTのSTAR WARSコーナーに行ってみた【レポート】
渋谷Loftで10月4日までやっているSTAR WARSコーナーに行ってみました! 詳細はこちら http://www.loft.co.jp/lp/STARWARS/ 平日の昼間でも賑わうSTAR WARSコーナー 平日の昼間にたまたま通りがかったので寄ってみました。 まず入った瞬間にもうテンションがぶち上がってしまい、ちょっと立ち寄ろうと思って入ったにも関わらず長居してしまいました。 コーナー自体は広くはないのですが、店の中を何周もしてしまうほど見応えありです。 マグカップ、ステッカー、トートバッグ、ぬいぐるみ、衣類、コスチューム、日用品、人形、ノートなどありとあらゆるグッズを揃えているこのコーナーはSTAR WARSファンでなくても見ていて何かこみ上げてくるものがあるはずです。 その中でも一番熱いと思ったグッズはなんとプラモデルでした! STAR WARSプラモデル http://bandai-hobby.net/sw/index.html これはもうヤバイですね。 しかもダース・ベイダーとストーム・トルーパーは2592円という値段! 買うしかないですね。 店頭では無料でプラモデルのカタログがもらえる! ちゃっかりもらいました。 そして何よりも大画面で新作「STAR WAR フォースの覚醒」のメイキング映像が流れていて、それを見ている大人たちが皆ニヤニヤしているのが素晴らしかったです。 買い物をしにきているスターウォーズファンが腕を組み、ニヤニヤしながらこの動画を見ている光景をみて改めてスターウォーズのコンテンツとしての強さを感じました。 気になった方は10月4日まで渋谷LOFTでやっているので是非行ってみては? http://www.loft.co.jp/lp/STARWARS/ http://starwars.disney.co.jp/movie/force.html ちなみに私はこのポスターを480円(安い!)で買いました。
マツコとマツコの友情に新展開? 25秒のほっこりOPが6月から新バージョン
今一番気に入ってるオープニングアニメが、4月から始まった世界初アンドロイドバラエティー『マツコとマツコ』のそれ。日テレ系で毎週土曜23時からってことでご覧になってる方も多いとは思いますけど、どちらかといえば注目されたのは、CARO EMERALDの曲 - Coming Back As a Man の方。曲は変わらずで、6月からアニメーションが次のバージョンになってるんだけど気づいてます? まず4月スタートから2ヶ月は、勝手に命名すると『マツコロイド誕生篇』(2分45秒から)。石黒浩教授には似てないけど科学者が地下室?で中肉中背のアンドロイドを完成。気づいたマツコが階段を降りてきて完成品に触ると、これがみるみるマツコロイドに。乾杯したり雑誌見せたりで、マツコが1人じゃない感が微笑ましいです。 6月6日からの第2弾は、これも名付けるなら『愛を確認篇』または『梅雨の倦怠期篇』。でもこれまた2ヶ月引っ張るとしたら梅雨というわけにもいかないと思うんですけどね。7月末まで引っ張るのか、もっと早めに第3弾に変わるのか。とりあえず第2弾は窓から雨降りを眺めるアンニュイなマツコに、ロイドがお茶を差し出すところから。 そんな優しいロイドの好意を台無しにするイライラマツコ本体。ロイドかわいそう。このあとロイドは肩を落として雨の中をとぼとぼ彷徨います。「マツコ、もう私に飽きたのかしら、私が邪魔なのかしら、あのお家にはもういられないのかしら」そんな感じ。 とかやってたら本体が登場。身体がデカすぎてほとんど見えないけどちゃんとロイドのために傘を持ってお迎えに来たと。このあと二人で雨に唄えばさながらにスキップするんですがこれがまたいい感じで身軽な肥満体が愛おしいですよ。また二人に戻れてよかったねと勝手に一安心しました。オカマゴコロと梅雨の空篇と命名してもよさげなストーリーですよね。OP全編は日テレオンデマンドで最新放映分を選ぶと見られます。再生始めてからしばらく経って挿入されてるので待ちましょう。 ところでこのオープニング曲を歌うCARO EMERALDさんですけど、他の曲でこんなPVがあるんですよ。この方今34歳らしいですが、これ観てると映画主題歌を歌い続けていた往年の名歌手みたいな気がしてきます。映像はこっちのVを参考にされるのかもしれないですね。私は昔こんなOPの映画があったような気がしてたんですけど思い出せないです。 この『マツコとマツコ』のOPについては森三平という会社が作ってるらしいです。『マツコの知らない世界』なんかも同じ会社らしくて個人的にかなりツボな会社です。こちらのブログに詳しく説明されてたので同じ趣味の方は見てみましょ〜 続き 見事な梅雨明け予測?!マツコとマツコが上る新たなステージ 最新 とらわれマツコと残されマツコ
【名言紹介】『ぼのぼの』20年ぶりTVアニメ化 【2016年4月】
20年前に放送されていたテレビアニメ、「ぼのぼの」をご存知であろうか? 単行本は40巻が刊行されており、累計発行部数900万部を超える人気作である。 ラッコのぼのぼの、シマリス、アライグマなどの森の生物の「ほのぼの」した生活を描いているが、実は哲学的なこの作品。 20年ぶりの「ぼのぼの」は4月2日スタート、毎週土曜午前4時52分~5時に放送される..... 毎週土曜午前4時52分~5時!?!? 時間早すぎ...? ってことでモチベーションが上がるように「ぼのぼの」に出てくる名言でも少しだけ貼っておきます。 スナドリネコさん "ぼのぼの、生き物は、絶対、こまるんだよ。こまらない生き方なんか、絶対、ないんだよ。そしてこまるのは、絶対、おわるんだよ。どうだ、少しは安心してこまれるようになったか?" シマリスくん "いつだったかおとうさんがたいせつにしているものをこわしてしまったことがあるのでぃす。正直に言おうか言うまいか三日三晩悩みました。 その間が地獄なのでぃす。しかし正直に言うと決めれば地獄は終わるのでぃす。あとは最悪でも、どなられるかなぐられるだけではねいでぃすか。" ダイねえちゃん "誰かの悪口をそのまま信じることは、その悪口を言ったものと同じくらいいけないことですよ"  "アライグマさん、好きかどうかというのは二人だけの問題です。決して誰かに証明しなければいけないものではないのです" ぼのぼの "誰かといっしょに歩くのはたいへんだね ぶつからないように はなれないように 話しながら笑ったり 曲がらないようにして あわてないようにして うるさくないようにして" "何かを探すんだったら道をまちがえちゃいけないよ。ひとつでもまちがえるともう見つからないよ。でもまちがっても大丈夫。別なものが見つかるから" 
マツコ・デラックス面から考える「ホンマでっか!?TV」
あらためて、学者の皆さんが様々な信じられない学説調査を披露していくという番組。 なんと6年もやっている。 明石家さんまが司会なので、あまりマツコさんは話さない。要所要所で、彼女のキャラクターを確認するような(どうせ太っているわよ。男でも女でもないわよ的な)コメントをいうポジション。これが逆に、彼女のマイノリティポジションを逆にもっとも意識させる唯一の番組かもしれない。 その理由は、番組のメインは、先生たちの説。これらは意外だったり一般的な考えと逆だったり、論理的過ぎたりと、この番組は説だけ聞いていると疲れる。 ブラマヨ小杉さんの多すぎる突込みが全然嫌にならないのは、これを入れることで、頭に負荷がかかる負荷を全体として抑え込んでいるのだと思う。 そしてマツコさんがステロタイプな話題にすかさず適切にのる姿はリズムゲームをやっているようでもある。つまり「やってます感」をうっすら出す、視聴者がわかる感じが、実に客観的な視線で番組に関わっていることを教えてくれる。それは学問の視点を面白がることと同じ感覚なんだとおもう。マツコさん凄い役割だ。 ただ表層的には自由度は少なく、らしすぎるのだけど、単純に楽しく、初心者(なんの?)はここからかみてもいいのかも。 『ホンマでっか!?TV』(2009年 - 、フジテレビ系列) http://www.fujitv.co.jp/honma-dekka/index.html
たけしが丁寧にお笑いを語る貴重な機会パート3
ビートたけしは、浅草をルーツとする芸人で、お笑いの歴史を俯瞰できる人でもある。新しいお笑いもいいけれど、たまにはルーツを紐解きたい。なんて人にはおすすめの番組が、漫才、コントと続いていよいよ落語がやってきます。 たけし&鶴瓶が落語を語る「ニッポン芸能史」 立川談春とのスペシャル対談も http://natalie.mu/owarai/news/161385 NHK BSプレミアム 2015年10月10日(土)19:30~21:00 3大コントって伝統のネタがあった!、漫才のルーツがアメリカにあった!とか、過去の2回も興味深い内容でした。流石ビートたけしは、深見千三郎先生の弟子だ。 『たけしの“これがホントのニッポン芸能史” コント』 http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/3303/2040332/ http://mediagong.jp/?p=10690 なんと日本3大コントというものがあるらしい (「仁丹」「天丼」「レストラン殺人事件」の3つ) http://d.hatena.ne.jp/karatedou/20121228%23p1 『たけしの“これがホントのニッポン芸能史” 漫才』 http://d.hatena.ne.jp/katokitiz/20150322/1427001992 例えばエンタツ・アチャコの代表的なネタだと言われている「早慶戦」は元々アボット&コステロというアメリカのコンビのネタに「メジャーリーグ」というものがあって、それを絶対見てたはずだと解説。実は今の日本の漫才のスタイルはアメリカから来たものだったという新説をとなえる。 今回はどんな新説が飛び出るのか。楽しみです。
意外と気になる!STAR WARSのオススメ鑑賞順
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(12月18日公開)の公開日が近づくにつれて熱心なスター・ウォーズファンはもちろん、ライトなファン層も徐々に公開が楽しみになってきているであろう昨今。 しかし実はシリーズをちゃんと全作見ていない もしくは 一度もみたことがない にも関わらずなんとなく周りが熱くなっているから自分も公開を楽しみにしている素振りをしていたりする方もいるのではないだろうか!!?? そんな方に朗報だ。 本作の公開を記念して、シリーズ6作品の地上波放送が決定したのである。 ”連続オンエアのスタートを切るのは、シリーズの記念すべき1作目『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』。日本テレビ系列『金曜ロードSHOW!』にて、最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開日である12月18日(金)にオンエアされる。また翌週12月25日(金)には、新3部作の1作目として物語の始まりを描いた『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』が放送される。 残りの4作品については、日本テレビ系列『映画天国 特別版』(※関東ローカル)で“深夜のスター・ウォーズ祭り”と称し、12月29日(火)午前1時55分~6時に『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』と『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』、12月31日(木)午前3時10分~6時に『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』、1月2日(土)午前3時10分~5時50分に『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』をオンエア予定だ。” http://getnews.jp/archives/1275281 より引用  地上波放送が若干遅いので公開から少々出遅れる感は否めないが地上波で公開してくれるその心優しさに是非ともあやかっておこう。 いやーーーー優しい地上波。ナイス金曜ロードSHOW!と言いたいところだが一つだけ問題がある。 それは放映の順番だ。 なぜ415623なのか。不思議の極みだ。 スター・ウォーズファンにとっては永遠に気になるポイントの一つがいかなる順番でこの作品を鑑賞するか、という問題である。 作品の時系列に沿って1から順に見ていくか 公開の順番に沿って456123と見ていくか。 個人的には後者の順番がやはり一番フィット感があるように感じる。  しかし中には超絶猛者的な鑑賞順番を提案する人もいる。 『スター・ウォーズ』狂人のアート・ディレクター高橋ヨシキさんは、 ”最新作を観賞する前には「4、5、6、4、5、6、1、2、3、4、5、6」の順番でシリーズを予習(復習)すべし” と語っているとのこと。 http://getnews.jp/archives/1275281 より引用 なるほど。456は三回ずつ見なくてはならないのか。これはなかなかしんどい。  ちなみにこの鑑賞法のメリットなどはよくわかっていない! ルーカスフィルムの社長キャスリーン・ケネディは前提知識なしでも楽しめるように作品を作ったそうだができれば各々の作品の鑑賞順で簡単に作品のあらすじくらいは頭に入れてから7を楽しみたいものである。
テレビの進化か。正統派年寄り向け番組「じゅん散歩」で高田純次がボケまくる
あの王道散歩番組で高田純次が登場。 いつまで続くのか心配なくらいボケてます。 (見ていない人はじゅん散歩でTwitterをチェック!) 元気が出るテレビ出演時の懐かしいVTRで高田順次さんのロケレポートを見ると、異常なサービス精神で、ハチャメチャにやっていて、とにかく凄い。近年もテキトーと評されることが多いですが、何もない所にすかして無駄な煙を立てる姿は、全然変わっていません。 しかしながら、ちい散歩ゆうゆう散歩に続く正統派の番組に、アナーキーおじさんがはいってきて、絶妙なバランスを取るというのは、テレビも進化したなあと感じませんか(誰への主張なのか)。もはや面白くない人でこういう番組が成り立つ人を探す方が難しいのかもしれません。否、安定のテレビ東京がありました(前田吟、舞の海、長谷川初則いろいろ探せばいるか)。 それはともかく、録画したくなる楽しい番組がまたひとつ増えました。 まあ後半は相変わらずほとんど通販コーナーですが、、、 じゅん散歩http://www.tv-asahi.co.jp/junsanpo/ テレビ朝日 2015年9月28日(月)スタート 毎週月曜~金曜 9:55~10:30 <出演者> 散歩人:高田純次 通販コーナー:新山千春 / 愛華みれ 追伸:生稲さんお疲れさま~。
【カズオ・イシグロ】『わたしを離さないで』連ドラ化決定!
 『わたしを離さないで』をご存知だろうか。これもまた一般に名作として知られる書籍であるが、今作はなんと連続ドラマ化することになった。 以下詳細である。 http://www.oricon.co.jp/news/2062541/full/ より引用  ”女優の綾瀬はるか、三浦春馬、水川あさみの出演 で、日系英国人作家カズオ・イシグロ氏の『わたしを離さないで』が連続ドラマ化されることが18日、わかった。 1月よりTBS系金曜ドラマ枠(毎週金曜 後10:00)で放送 される。  同作は、2005年の発表直後から話題になり、英国でミリオンセラーとなった作品。” これまでにも様々な形で映像化されてきた本作だが、それゆえに中々に評価は厳しいものになるだろう。  さらに加えて今回のドラマ版では 舞台を原作のイギリスから日本に置き換えて物語を展開する とのことでありこれまた物議を醸すこと間違いなしである(出演者が日本人であるため仕方のないことではあるが)。    どうにも最近オリジナルの脚本で作品が描かれるケースが減りすぎているような気がしてならない上にこの独自の設定である。多少なりとも私はこの日本の大衆文化の行く末を憂いてしまうし、こういった形で作品が描かれると知って作家本人はどういった気持ちなのだろうと気にしてしまうが、カズオ・イシグロはここで鬼の寛大さを見せてきた。 曰く ”「この物語が私の生まれた国で、新しくより広い範囲の視聴者に楽しんでいただけるということで深い満足感を覚えます。ドラマという形式がどのような新しい要素を原作から引き出してくれるのか、大変興味があります」とコメント。連ドラ化について「最初の5話の脚本を読みましたが、物語の中でこれまで光の当たっていなかった部分、奇妙で興味をそそるような角やくぼみ、気づいていたけれども開けたことのなかったドアを開けて新しい部屋をまるまる見つけるような、原作の新しい部分を発見して、光を当ててくれると自信を持って言えます」” http://www.oricon.co.jp/news/2062541/full/ より引用 とのことだ。何と心優しいコメント。私もこれくらいの寛大さでこのドラマと向き合ってみようと思う。