kakikukeko
1,000+ Views

個人で生地が作れる「Happy Fabric」

「HappyFabric は、世界中のクリエイターのファブリックデザインが1mから手に入るファブリックデザインマーケットです。世界中のクリエイターさんたちがデザインしたファブリックデザインの中から好きなデザインを選び、1mからほしい長さだけ買うことができます。選んだデザインは美しい色の表現が可能な最先端のデジタルプリントテクノロジーを使って印刷され、皆さんのお手元に届きます。手元に届いたファブリックを自由にアレンジして日々の生活の中に取り入れてみてください。そこはきっとあざやかで楽しい、豊かな気持ちで暮らせる空間になるでしょう。」
たしかにコレって一部の人たちにとっては革命かも。
2 Comments
Suggested
Recent
面白いなぁ!!もっと普及して一般化したら凄いことになるよ。
これすごいですね!自分で作ってみたい
Cards you may also be interested in
KAPITALの2WAYサイクルBAG
最近リュックが多いみたいなのでこれも紹介します。KAPITALという日本のブランドで、メイドイン岡山のデニムワークウェアのお店です。 KAPITALのデニム系の服は買ったことがありますが、まだ小物は買ったことがないので色移りとかはわかりません。このバッグは画像のように大きめのトートで、持ち方を変えるとリュックになる優れものです。 色違いのキナリです。背負っても結構大きめだけど、100%詰め込まないで背負うと形が綺麗になるんです。本体のポケットはなくて、持ち手(ベルト)のところにペンが挿せるような小さなポケットが付いています。 このポケットがアクセントになって、幅も太いから背負った時の可愛さに差がつく感じです。完全リュックだとうちはポケット無しはアウトですが、これは降ろせばすぐトートになるからありかなと思ってずっと考え中でした。値段も10000円以上するから、頑張れば作れそうなところも悩みです。 とっくに売り切れてると思ってたのに、ストライプがまだネットにあったので迷いが復活してしまいました。買うならキナリだと思ってたけど、これしかないと思うとストライプも可愛く見えてきますね。 KAPITAL 販売中のストライプです。 http://item.rakuten.co.jp/takanna/ek-427/
絶対覚えておきたい「写真の基本構図」を説明した動画
私は写真を撮るのが下手だ。せいぜいポケモンスナップで良い点数をとるのが限界である。 しかしこの写真家Steve McCurry氏が説明する「写真の基本構図」を頭に入れればもしかしていい写真が撮れるのではないだろうかと思えてきた。 この動画ではベーシックを教えてくれると共にその構図の参考となる素晴らしい写真を例に出してくれている。 めちゃくちゃ数が多く全てはここで紹介できないので少し紹介していこうと思う。 ① 9分割した時の交差点 どういうことかと言うと、写真をまず9分割する。 そしてその線が交差するところに目を引くポイントを置くのだ。 そのようにするとこんな写真が撮れる 確かにこのような構図の写真はよく見る。 ② 9分割した時の線に沿った写真を撮る どういうことかと言うと写真の中にある立体感を出すラインをこの線に合わせるのである。 この構図を取り入れた写真がこちら これは横だが、縦と合わせて色々な組み合わせが出来そうだ。 ③ 自然のラインで目線を集めろ! これはどういうことかと言うと世の中にはよく見ると色々な「線」がある。 その線の矛先を一箇所に集めよう! このようなことである。 この他にもたくさん紹介されているので是非写真を上手く撮りたい人は一番上の動画を見て欲しい。 見た感想としては「線」を意識することが大切なんだな、と感じた
ミシンを買うか迷っている方必見!横浜にある「300円で1日ミシン使い放題」の施設が超おすすめ
「保育園は幼稚園と違って手作りのバッグとか作らなくていいから楽だな〜」なんて呑気に思っていたら甘かった!!シーツは縫わないと、ということが発覚。シーツなのでただの直線縫いだから誰でもできるものではあるのですけど、さすがに手縫いはなあ・・・かといって、ミシンを買うのもお金の問題と収納場所の問題でちょっと・・・というところで知ったのがこちらのミシン工房。 横浜市のあざみ野にある公共施設「生活工房」なんですが、 なんと1日300円でミシンを貸してもらえるのです。もちろん作業場も含めて、です。なので、当日は自分で使う用の布、ミシン用の糸・ミシン針などさえ持っていけばオッケー!ミシンの使い方、については基本教えてくれたり、ということはないのでかなり不安もありましたがやり始めるとなんとなく思い出してなんとかなりました。 私が行ったのがちょうど1年前の3月だったのですが、時期的なこともあってか、やはり通園グッズを作っているお母さんのような方が他にも。それぞれみなさん黙々と創作活動に取り組んでいるので自分も集中できて楽しかったです。 注意点としては ・事前予約が必要。(土日は団体などが入ることもあり取りにくい。かなり前々から予約する必要あり。) ・生活工房は子連れ厳禁。かわりに託児がお願いできるが予約必要で1歳6ヵ月~小学校就学前の子どもが対象。 http://www.women.city.yokohama.jp/find-from-p/p-nursery/ (我が家は1歳6ヵ月に達していなかったので、託児は無理でした) 生活工房には、とても明るく清潔感もあり、気持ちの良い施設です。横浜市施設のようではありますが、特に市民でなくても利用はできたと思います。 9:00~21:00 (日曜・祝日 9:00~17:00)と時間もたっぷりあるので、かなり作業はできますし、仮にちょっと遠かったとしても行く価値は十分にあると思います。あそこまで設備が整っていてしかも安い値段で1日中ミシンが使えるという場所は他にないと言っていいかも。 前々から予定を組めばさほど予約も取りにくい、ということでもないので実はあまり知られていないのかな・・・私としては助かりましたけど、必要に迫られている方いらしたら是非行ってみてください! http://www.women.city.yokohama.jp/find-from-c/c-yokohama/seikatsu_kobo/ こちらの記事、まさに園グッズを作るために利用された方で、すごく参考になりました。 ミシンが300円で1日使える『生活工房』って? http://mrs.living.jp/denen/a_column/reporter/1479505
ボタンを糸と針を使わずにとりつける魔法の道具 「tic 」
うっかりボタンが外れてしまった時に大活躍してくれる夢ののようなグッズ。 なんとこれさえあれば針と糸がなくても簡単にボタンを取り付けることができるのだとか! このボタンを止めるのに使われるのが糸でななく「プラスチック」というのが画期的。 とはいっても、ボタンが本当にちゃんとつけられるのか?気になりますよね。 そこで、動画をみてみると。。。 確かにとても簡単そう! スローで見ても、ほんの一瞬でボタンがつけられてますね。 これだったら誰でも簡単に使えそうです。 応急処置として役立つのはもちろん、半永続的に使用できるというのもポイント。 洗濯はもちろんのこと、3kgまでの力に耐えられるんだそう。 現在は、白(ホワイト)と黒(ブラック)のみしか内容なのですが、 今後何種類かの色のリリースを検討しているそうです。 ちょっと生地が破けてしまったりしないか、心配になりますが シャツの生地に対して優しく設計されているので、 そういった心配は不要のようです。 また、綿・麻・デニム地・ウール・ポリエステルなど、 あらゆる生地にボタンの取り付けが可能なので、 いざという時用に携帯しておくと安心ですね! (実際、お裁縫道具を持っているよりも役立ちそうです。。) ボタンを糸と針を使わずにとりつける魔法の道具 「tic 」 http://tic-japan.jp/ 関連記事 日本経済新聞 ボタン付け、糸・針も不要「tic(ティック)」 http://www.nikkei.com/article/DGXDZO69379910U4A400C1W03501/
京都の穴場、まさに「はんなり」の城南宮(早春は枝垂れ梅と椿の響宴)
友人曰く「まるであの世の光景」だそうですが、私まだ生きてます(笑)。 遡る話なので同じ光景が見られるのはまた来年になりますが、これは普通に京都観光で撮った一枚。このシャッタースポットは多少穴場ではあるんですが、でもこの光景を狙ってここにずっと通ってる写真家さんもいます。 こう見ると観光地っぽいですよね。 場所は京都城南宮の神苑内、「春の山」と呼ばれているエリアの入口付近です。上の写真はこの春の山の逆側に回り込んだあたりから撮ったもの。ここから長い間、向こう側が見通せないくらいの枝垂れ梅が続きます。 苑内を一周してみると全敷地がとても華やかに造園されていて、それぞれの旬に訪れてみたいと思う場所でした。現地のあちこちに「源氏物語」と書かれていたので帰って来て調べたら、そもそも白河上皇が源氏物語の六条院から着想して作った離宮ということで納得。京の言葉で言えばまさしく「はんなり」ですね。 今年2月18日から3月21日は「しだれ梅と椿まつり」。椿は苑内あちこちで見かけるんですが、この春の山は写真の枝垂れ梅がメインのエリアです。今知りましたが期間内は美容健康と招福の「梅の花守り」が梅を冠した巫女さんから特別授与されるとのこと。私もいただいてくればよかった…。同じ羽目にならぬよう、事前に上のリンクで見頃や椿餅など一通りチェックされるのをお勧めします。 私が行った3月一週目は旬を過ぎたころだったのか、風がふくたびに桜吹雪のような梅吹雪が舞い散りました。 だから築山の地表はこのとおり。この写真だと梅の枝は既に花が散って寂しい状態なんですが、この地表だからこその一枚目の写真(地面が白ピンク)になるんですよね。だから枝垂れ梅の散る前でも散り過ぎたころでもない、ちょっとだけ遅いタイミングを狙うと「あの世」感が味わえます。 というわけで、城南宮お勧めです。私も京都に行ったらなるべく訪れることにします。 実は城南宮は京都の南側で周囲になにもないので(※)わざわざ行くのは時間が惜しいと思ってました。 実際行ってみると京都駅から地下鉄で7分&タクシーで1メーターで行けます。タクシーに乗らず20分歩いてもいいのですが、歩いて楽しい道ではないし、旅行中なら貴重な時間と体力をセーブする方がいいかなと思います。ただしタクシーが非常に少ないですが…。 ほかに京都駅から京都らくなんエクスプレスバスで20分程、または市営バスで30分程という手もあります。 ちなみにこれから4月になると桜・藤・つつじの時期、「春の御苑花めぐり」というイベントに切り替わるそうです。 方除けの大社 神南宮 京都市伏見区中島鳥羽離宮町7番地 075-623-0846 ※周辺地図を見ると周りに色々あるみたいですね。鳥羽離宮跡はチェックすべきだったかも…というわけで歩くのも悪くないかもしれません。次回はちゃんと予習しなくては!(でも道によっては環七みたいな感じなんですよ)
coromoza
ここは面白いです。シェアオフィスならぬ、シェア工房とでもいうのでしょうか。 デザイナーやパタンナーなどを目指す方のためのアトリエ的場所だと思われますが、素人が見に行ってもなかなかに見るべきところが多く、縫い物など縁がありませんでしたが、大変興味が湧いてきてしまいました。といってもわたしは主にレーザーカッターなどの機械類が気になっているだけなのですが。 WEBを見ましたら、洋裁教室も開催されているようです。キャンセル待ちとのことで、がっかりするようなほっとするような気持ちではありますが(縫い物をしている自分が想像できないので…)、体験教室なら2000円でトートバッグが作れるとあります。 一方、やはりプロの方が使われるのであろう業務用ミシンやテキスタイルプリンターなるものまであり、もしこれを素人が使ってよいのであれば、オリジナルの柄の布が作れるというわけですから、殺風景な我が家のカーテンやらクッションやらが見違えるのではないかと想像だけは膨らむのであります。 個人的には付き添いついでになら気軽に入れるのですが、なかなかやはり一人で訪れるのは多少勇気が必要で、女性の友人など連れてもう少ししっかり見学したいところです。 追記:ラフォーレから渋谷方面に向かってすぐ右側のエリアです。お問い合わせのページに地図があります。 http://za.coromo.jp/contact
おなじみの乙女な花柄♡ 六花亭の風呂敷
おなじみ、お菓子の六花亭のパッケージの絵がそのまんま風呂敷に。以前、友人が持っているのを見て、かわいいなあ〜と。 この風呂敷、購入のポイントを貯めてもらえるのは知っていたのですが、それとは別に「風呂敷付きのお菓子セット」というのがあるんですね!贈り物にもぴったりだし、自分にも欲しい! カラーバリエーションもいくつか。この青もきれいな色ですよね。他にもピンク、ベージュもあるようです! ただ「物を包む」のに使う以外の楽しみ方もあるみたい。 例えば、こんな風に付け帯に使ったり。。 こんな風に、ポーチにしてみたり!! こんながま口も!みんな器用ですねー。 布が可愛いから、創作意欲もわいて色々作ってみたくなりますね! そうそう。 こちらのデザインは、画家の坂本直行さんという方なのですが、北海道帯広市にある坂本直行記念館の花柄包装紙館には、この「六花亭の包装紙」を壁紙として展示されているそうです。いつか行ってみたいです。 六花亭オリジナルグッズ(ポイントでもらえる風呂敷、詳細はこちら) https://www.rokkatei-eshop.com/contents/shop/goods/ 風呂敷付きセットのお菓子はこちら https://www.rokkatei-eshop.com/eshop/app/catalog/list/init?searchCategoryCode=0&searchWord=%E9%A2%A8%E5%91%82%E6%95%B7%E4%BB%98&searchMethod=0 六花の森(六花亭のメセナ活動により誕生し維持されている広大な風景式庭園) http://www.rokkatei.co.jp/facilities/index2.html