nobuoo
2 years ago1,000+ Views
倶知安のロックフェス JUNK! JUNK! JUNK! 2015
フジロックよりもだいぶ小さいけれども、2005年から2年に一度、北海道の倶知安町(くっちゃんちょう)という街でロックフェスが行われるのです。その名も「JUNK! JUNK! JUNK!」。
倶知安町という町を知らない人は多いと思いますが、ニセコ山系の城下町というところになります。ニセコ町という町もあるのですが、ニセコのスキー場で一番大きな「ひらふ」は倶知安町にあって、実はこの地域が一番有名な「ニセコ」なんです。
そんな羊蹄山の麓にある倶知安町出身のロックバンドがこの SPARKS GO GO というバンド。今年でデビュー25周年の轟音3ピースバンドです。ごりごりの骨太ロックなので、チャラいJ-POPではないのですが、一部には熱狂的と言えるほどの支持を得ています。
奥田民生さんとも関係の深いバンドで、一緒にライブをやったり、THE BAND HAS NO NAME という名前で一緒に活動をすることも。
そのバンドの故郷で行われるロックフェスが JUNK! JUNK! JUNK! 。今回は倶知安町の石蔵倉庫での開催。暑い夏が終わったあと、ちょうど涼しくなってきた羊蹄山麓が熱くなります!
出演バンドは、SPARKS GO GO はもちろんのこと、 ABEDON、オカモトショウ、奥田民生、住岡梨奈、真心ブラザーズ。そして、先ほど最終決定ということで PAFFY の2人も来ることが決定。
PAFFY の2人もこのイベントにはよく来てくれているので、今回ももしかしたら…と思っていたら、やはり来てくれるようです!
これはいかねばなりませんね。本州からもたくさんのファンがやってくるこのイベント。秋のニセコを満喫するには最高に盛り上がるイベントです。
0 comments
4
Comment
3