akanex
2 years ago500+ Views
ディティールが神。「奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール」
「カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生」でサブカル界に衝撃を与えた渋谷直角さんの新刊長編マンガです。
内容は意外にも、ファム・ファタールもの+自分の生き方にもがく男を描いた王道なストーリー。
しかし、「カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生」でもそうでしたが、直角さんのマンガはディティールが凄い!!
オシャレ雑誌編集部のオシャレすぎる会話、つきあったばかりの彼女の動向を知るために、FacebookやInstagramを駆使する現代のリアリティ、そして、決して達者とはいえない画力で緻密に書き込まれたツイッターやTogetterの画面には圧倒され、「神は細部に宿る」という言葉を思い出してしまいます。
「ボサノヴァ」とあわせて、とてもとてもオススメのマンガです。
サブカル好きもそうでない人も、民生好き、SNSをやっている人、何者かになりたくてしょうがない人、、、皆、読んでみてください。
そして、その2冊を読んだ方には、ブログをまとめて書き下ろしも多数いれた1コママンガ&コラム集「直角主義」も読んでみて下さい。こちらは、世の中の厳しさに背中が冷たくなるマンガのほうと違って、純粋に大爆笑できます。
Amazonはこちら
0 comments
3
Comment
2