sh0402
1,000+ Views

あの銘菓がお酒に?!

小さい頃、良く食べてい「ボンタンアメ」♡
ほんのり柑橘系の味がし、オブラートに包まれた、水あめ♪
幼いながら、紙ごと食べれる、飴に衝撃を受けたのを覚えています(✿´ ꒳ ` )
あのオブラートの食感がなんとも言えないんですよね~
まぁ・・・歯にくっつくのが問題でしたが、癖になる味で、けっこう食べていた記憶があります。
その「ボンタンアメ」がお酒(焼酎)になって登場したとの事です!!
「ボンタンアメのイメージを崩さない」とう事から、ボンタンアメを食べた人なら分かる「1個食べると、もう1個食べたくなる」という感覚を、「飲みやすさ、飲み飽きしない酒質を造り上げる」(本坊酒造の開発担当者)ことで商品開発をしたとの事です。
商品パッケージも、ボンタンアメのパッケージそのままで可愛いですよね♪
あまりお酒が得意でない方も、楽しんでいただけるようにアルコール度は低めで、甘みと酸味があり、飲みやすくなっているみたいですよ~♡
おすすめの飲み方は冷やしてストレート、またはロックや炭酸割と言う同酒造経営企画本部の中尾愛氏!!
是非、飲んでみたい~♪
飲んだら幼いころを思い出すかな?(✿´ ꒳ ` )www
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
厚揚げの中華風サラダ☆お酒のおつまみ
この前、このレシピを発見し、お酒のお供に作ってみました♪ 簡単でお腹もちもよくて、コスパも最高です♡ 材料 厚揚げ 1枚 もやし 1袋 A 酢 大さじ2 醤油  大さじ2 砂糖 大さじ1 みそ 大さじ1 ごま油 小さじ1 にんにく すりおろし 1片分 小ねぎ、白ごま 各適量 作り方 ①もやしは、熱湯でさっと茹でる。 ②ざるにあげてそのまま冷ます。(水っぽくなるので、水にはさらしません。) ③厚揚げは、熱湯をかけて水けをきり、オーブントースターで約8分焼いて、食べやすい厚 さに切る。  ※お魚を焼くグリルでもOk。 ④Aの調味料を混ぜ合わせてタレを作る。  皿にもやし、厚揚げの順で盛り、Aのタレをかける。  白ごま、小口切りした小ねぎを散らす。 そしてここにちょっとアレンジして・・・・ 冷蔵庫に、「ちりめんじぁこ」が あったので、カリカリにして上からかけて食べてましたよ=333 なんといっても、この味噌を入れるのがポイントな気がします!! たれは作り置き可能との事で、多めに作って、保管しておきました♪ 最近では、サラダ・豆腐・唐揚げにかけたりして使ってますよ~(*´∇`*) 低カロリーで美味しく、味もさっぱりしているので、焼酎・日本酒のおつまみにはバッチリです!! 参考レシピ https://oceans-nadia.com/user/36/recipe/101061
日本酒バル「富成喜笑店」@三軒茶屋・三角地帯
日本酒も500円で飲めちゃう! 最近よく行く三軒茶屋。若い人にも人気だという「三角地帯」に出没! 外国人の友達が来たので、せっかくだから一緒に日本酒を飲みたい!と日本酒バル「富成喜笑店」に行きました! お店に行くには、「富成喜笑店」と書かれている看板の横にある階段を下っていき、地下へ。縦に長く奥行きのある店内にたどりつきます。 ここのビックリポイントは、ドリンクがオール500円。 日本酒も500円、その他アルコールも500円なのです! 日本酒の種類も50種類以上あり、日本全国の地酒が楽しめます〜! おすすめは、厚切り馬刺しとだし巻きたまご。ですが、このポテトサラダも美味しそう。 見逃した・・・!!! あん肝の奈良漬巻き、とりわさ、かつおやはまちの刺身も美味しそうでしたよ〜! これは、知りませんでしたが、金目鯛の味噌焼き、手巻きうにもあったようです・・・。 絶対また行きます。 ちなみに、最初は生ビールで飲んでしまいましたが(笑) ここのサッポロビール、キンキンに冷えてて本当に美味しかったです! 飲みすぎると次の日まで後を引いてしまいますが、次の日おやすみなら気兼ねなく行ける! 日本酒好きな人もそうでない人も、気軽に楽しめるお店です〜! ちょっと小さくて、アットホームなお店が好きな方はぜひ。 日本酒バル富成喜笑店 東京都世田谷区三軒茶屋2-9-15 TCK三軒茶屋ビル B1F 月~土曜日:18:00~翌2:00(L.O.01:00) 日曜日:18:00~0:00(L.O.23:00)
2つの塔を肴にできるミュージアムバー bar six
こんなところにバーが?の前に、こんなところにミュージアムが?ですよね。 浅草にあるアミューズミュージアムは、浮世絵や手仕事など、和と美と技術をテーマにしている小さな美術館。あの福山雅治やサザンの所属事務所のアミューズが母体ですが、その印象は全く感じません。個人的には、浮世絵やBORO(使い古されたこぎん刺しなど)の展示イメージが強いです。で、そこの6Fにあるバーだから、bar six (バー・シス)と。 6Fにも元ベランダのようなテラス席があって通年使用できるんですが、夏場はルーフトップにも席が用意されて絶好のロケーション。もともとかなり穴場だったんですが、TOKYO ASAKUSA や TimeOut Tokyo にも掲載されてもうメジャーになったのかな? 地理的に詳しい方ならおわかりでしょうが、こっち側に五重の塔が見えるということは...ハイ、軽く振り返ればもう一つの塔、スカイツリーも!(全席で見えるわけじゃないと思いますが) 美術館が18時閉館で、バーが18時OPEN。なので美術館内から直接上がる場合をのぞいて、美術館の正面とは別の若干怪しい黒い入り口から勇気を出して入ってください。ちゃんとしたバーテンダーがいるのでお酒でがっかりすることもありませんし、「今日は浅草で楽しんだねー」という日の〆に最適なんじゃないかと思います。 ちなみに美術館の展示も結構面白いですよ。お着物姿の美人先生が浮世絵の説明をしてらっしゃる日もありますし、年季の入ったこぎん刺しなんてなかなか見られません。午後遅めに展示を楽しんでから上で軽く一杯アペリティフ、そして浅草のグルメへ…って使い方もオススメ。
ドラマ「恋仲」の影響で【たこ焼き器アヒージョ】ブーム到来?
2015年7月27日に放送された「恋仲」第2話で登場した【たこ焼き器アヒージョ】★ これが今、若者の間でブームになっているとか~♪ 「恋仲」見てる方も多いと思いますが、この何とも言えないドキドキ感がいいですよね(*˘︶˘*).。.:*♡ 私は・・・最近、こういうのもないなぁ~と思いつつ拝見させて頂いてます=333笑 【たこ焼き器アヒージョ】は葵(福士蒼汰)の家でホームパーティが開かれているシーンで登場しましたよね? 今の時代のホームパーティーに欠かせない物と言えばたこ焼き器!! それが今回、月9で使われていたのにも親近感がワク感じでとっても良いですよね。 いつもたこ焼き器で作るものと言えば・・・・・たこ焼きやプチパンケーキを作ったりするのですが、今回、ドラマを見て、アヒージョの存在をしりました♡ しかも、このアヒージョの良い所は~ ◆事前準備がラク! ◆みんなで盛り上がれる! ◆いろいろな食材を少しずつ楽しめる! ◆お酒のおつまみに最適! とメリットが沢山!! たこ焼きって・・・意外とすぐお腹いっぱいになってしまったり、出来るまで時間がかかるし、出来たら、一気に食べないと冷めてしまったりと・・といろいろマイナス点もあったけど、アヒージョならそんな心配もなさそうでいいですよね.:*。+゜ヽ(○´∀`)ノ *.。+゜ ★材料★ オリーブオイル ニンニク 好きな具材 (ソーセージ・タコ、エビ、エスカルゴ、マッシュルーム、トマト、エリンギ、チキン、砂肝など)
あらかじめスパイスが入っている♪北欧の人気No.1ホットワイン「ブロッサ」
寒いさむーい北欧ではホットワインはとてもポピュラーな飲み物。 日本でも冬の間、置いてあるお店はけっこうありますよね。 自宅で楽しみたいけれど、スパイス類を買い集めるのがちょっと面倒。。(というよりも、買っても使い切れないことがしばしば。。) で、この商品です。 つい最近、日本に上陸した北欧の人気No.1ホットワイン・ブランド「BLOSSA」(ブロッサ)。 最初から、ワインに上質なスパイスやハーブ、果物が入っていて、電子レンジなどで温めればOKというお手軽さ。 しかもこの写真の「ブロッサ15 アールグレイ」は白ワインベース。 ホットワインって白ワインでもアリなんですねー! これは飲んでみたいです! そして何より、このパッケージがとってもオシャレですよね! 飾っておきたい。 さて、なぜこのパッケージが「15」なのかというと、ブロッサでは毎年、各都市をイメージした限定ホットワインを作っており、これは「2015年」の「15」のようです。 上記写真が過去のものですが、ロンドンをイメージしたという今年がダントツでいいデザインだと思います! ブロッサの定番・赤ワインバージョン「ブロッサヴァングロッグ」はこちら。 1895年から代々受け継がれている伝統的なオリジナルレシピをベースにしているそうです。 カルダモン、ジンジャー、クローブが香るリッチなお味は、スコーンやクリームチーズ、サーモントーストなどがオススメの組み合わせとのこと。 そして、夏は氷を入れて飲むのもアリらしい! 購入はこちらのサイトから↓ ブロッサ15 アールグレイ(白ワインベース) (750ml 3,200円)限定発売 ブロッサヴァングロッグ(赤ワインベース) (750ml 2,400円) もしくは、ザ・コンランショップ新宿店、丸の内店、渋谷店で!
【6月〜9月の期間限定】グランドハイアット東京:ステーキハウス「オークドア」の サマービアガーデン
グランド ハイアット 東京のステーキハウス「オーク ドア」の 6月〜9月の期間限定ビアガーデン。 ビアガーデンといっても、ここはグランドハイアット。 優雅でゴージャスな気分も味わえそうです。 ほら、お料理だってこんなに豪華! こちらは、今年スタートの「プレミアム プラン」。 ワンランク上のプレミアムメニューがいただけます。 シュリンプにスモークサーモン、スペイン産ハム...などなど好きなだけ楽しめて、 さらに、ボリュームたっぷりのポークリブなどのエクストラメニューも充実してますよ。 飲み物は、ビールはもちろん スパークリングワインやスペシャルカクテルがフリーフロー! ちなみにプレミアムプランは8,800円と通常のビアガーデンと比べても お高め設定ではありますが、場所と内容を考えたら納得、いや良心的価格といってもいいかも。(レギュラープランは、6,800円です。) ビールを飲むだけじゃ物足りない、欲張りさんには特にオススメかも。 開放的で心地よいテラスでゆったりとした気分で楽しめるビアテラス。 ただいま予約受付中ですよ〜 公式ページはこちらです http://restaurants.tokyo.grand.hyatt.co.jp/oak-door-restaurant/news/summer-beer-garden.html
イーグル
新宿のアルタ裏、1967年創業のサントリーがやってるバー。正式な名前は「サントリーラウンジ イーグル」。 入口の看板が地方のイケてない店を感じさせるけど、ドアを開けて、階段を降りたところに広がる空間はとにかく雰囲気が最高で、映画や雑誌のロケ地としてもたびたび登場する。 素晴らしいのはその雰囲気のみならず、ドリンクやフードのクオリティが高いこと。いつも2軒目か3軒目での利用が多いので、つまみ程度しかオーダーしないことがほとんどだけど、和洋中、肉や野菜、名物『ビーフストロガノフ』まで、多種多用なメニューが揃うので、1軒目での利用も十分おすすめできる。 その上、例えばウイスキーなら一杯250円から!値段が高くないのがこれまた素晴らしい。 ということで難点は人気店であること。運良く入れたとしても、いつもお客さんでいっぱい。曜日や時間帯にもよるけど、5回中2回はNGだったりする。そんな時は近所で雰囲気はふつうだけど系列店の「昴」か、大ガードくぐってオモヨコへどうぞ。 ■店舗情報 新宿区新宿3-24-11 セキネビルB1F/B2F 03-3354-7700 17:30-24:40(日祝は24時まで) 無休 ■関連サイト *食べログ *Spotlight「ウイスキーが250円!新宿・アルタ裏に佇む昭和レトロの格安バー”イーグル”」 *デイリーポータルZ「萌え萌え、サントリーバー」
青おにぎりの具に挑戦、ピーマンとちりめんのピリ辛常備菜レシピ
先日食べた青おにぎりの青鬼が美味しかったので、あの具を常備菜というか、ふりかけにしておこうと作ってみました。 ピーマンとしらすを炒めたことはあるし、常備菜として珍しくないと思いますが、今回の目標はピーマンの青みを綺麗に残すことと辛味の再現。 今回の材料 しらす 200g弱 ピーマン 5個(小ぶり) 酒・酢・醤油・ごま油・辣油を各大さじ1.5ずつくらい ごま油でしらすと刻んだピーマンを炒めて、酒・酢・醤油の順でそれぞれ順番に入れながら都度水分を軽く飛ばして、最後に辣油を足して強火でパラパラに仕上げました。しらすがフライパンから飛び始めたくらいで炒めるのをやめて、広げて冷まして出来上がり。 お酢はこのレシピを参考に入れてみました。うちは千鳥酢だから酸っぱさより旨味が増す感じです。 やはり醤油も入るし長持ちするようにじっくり火をいれちゃうので、ピーマンが茶色っぽくなっちゃうんですよねー。強火で最初に揚げ炒めにするといいのだろうか…それか先に塩茹でするとか?難しいですね。 使った辣油は具入りのものではなく、山田製油のごまらぁ油の風味だけのもの。醤油は熟成系なので塩気のカドがない感じです。 (たまたまですが、お酢も辣油も京都のもの。お醤油は滋賀県のだな…) そういう組合せのおかげか、砂糖もみりんも使ってないけどピーマンが甘い!もう少し苦味が残っててもいいのにと思うくらいパプリカみたいになりました。ピリ辛というかヒリ辛で和のおかずになってるしご飯はもちろん日本酒のアテにもいい感じ。 これ、青唐辛子を入れて塩味にするとまた違った感じで色味も綺麗なままできるかも。また試してみます。
maru
新大橋通りと鍛冶橋通りが交わる八丁堀の交差点のランドマーク的存在で、宮田屋という酒屋が経営する飲み屋ビル。 お酒も料理も空間もすべてが極上で、とにかく活気があります。特にワインは安くて、種類も多く、その筋では”聖地”のように謳われるお店。酒屋直営飲食店のロールモデルといえるのでは。 「みんなでワイワイガヤガヤ」という時にはまさにうってつけ。各フロア、23時迄(フードLOが22時で、ドリンクLOが22時半)という潔さも良い。 そんなこんなで、とにかく人気店なので(2Fと3Fは)当日でも予約は必須かと。あと、日祝休なのでご注意あれ。 1Fの酒屋奥はビール、ワイン、日本酒、焼酎、ウイスキーなどを楽しめるオシャレ立ち飲み屋「STANDBAR MARU」 2Fはカジュアルにワインを中心に楽しめるカウンター中心のバル「maru 2F」 3Fはmaru 2Fにビストロの要素を足した感じの「maru 3F」 ■店舗情報 中央区八丁堀3-22-10 03-3552-4477(2F) 03-3552-4400(3F) 16:30-23:00(LO22:00)※2Fは第1・3土曜が16時〜、3Fは第2・4・5土曜が16時〜 日祝休 ※2Fは第2・4・5土休、3Fは第1・3土休、1Fは土日祝休 http://maru-miyataya.com/ ■関連情報 *食べログ(1F、2F、3F) *ニューヨーカーマガジン ”東京の名店ガイド Vol.6” *個人ブログ ”Non-Stress Life”