akanex
2 years ago1,000+ Views
シールを使って自分だけの九谷焼が出来る、クタニシール・キット
<九谷焼とは>
石川県の南部で作られている焼き物。九谷五彩といわれるガラス質の美しい絵付けが特徴です。360年前に大聖寺藩の下で焼かれましたが、50年で廃窯。約100年後に再興され現代に至ります。ミステリアスな歴史を持つ伝統工芸です。
<九谷焼の転写技術/クタニシールとは>
九谷焼は本来、職人が筆で絵を描くものですが、あらかじめ印刷された文様をシールのように器に貼付け、製品を量産する技術があります。低コストで職人による絵付けを再現することが出来ますが、逆に転写にしか出来ない表現の可能性もあります。それを使って遊んでみようというのがクタニシールなのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お皿に選んだシールを貼ってデザイン→送ると、窯で焼いて返送してくれる、という手作りキット。
こちらの作り方を見ると、ちょっとコツが要りそうですが、お手軽に器をデザインできてしまうのは、楽しいですね。
クタニシール・キット 花型皿/大黒セット 品番:KS2-100 ¥3,500(税抜)
0 comments
3
Comment
3