akanex
2 years ago1,000+ Views
怖さがやがて美しさに変わる。「うらめしや~、冥途のみやげ展」
明治の噺家・三遊亭圓朝のコレクションを中心に、「うらみ」をキーワードとした浮世絵などの展示です。
伝円山応挙、柴田是真、河鍋暁斎、伊藤晴雨、鰭崎英朋らによる幽霊画や、歌川国芳による錦絵、展示の後半では、より一層洗練された幽霊画や、般若などの能面を展示し、「うらみ」という日本独自ともいえる感情表現に、日本人がどのように美意識を見いだしたのかをさぐっていきます。
恐ろしい幽霊画が、やがて美人画と見まごうばかりに洗練された表現へと向かう過程が興味深いです。
真夏にぴったりの展示ですね。
【うらめしや~、冥途のみやげ展】
・会期 2015年7月22日(水)-9月13日(日) ※会期中、展示替えを行います。 (前期展示:7月22日-8月16日、後期展示:8月18日-9月13日) ・開催会場 東京藝術大学大学美術館 地下2階展示室 〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8 ・開館時間 午前10時~午後5時 入館は閉館の30分前まで (ただし、8月11日(火)、21日(金)は午後7時まで開館) ・休館日 月曜日
0 comments
2
Comment
2