Cards you may also be interested in
Appreciation of Wrist Watches Starts from Packaging Boxes
Watch boxes of various brands come in diversified styles and of different materials, and usually designed in tune with the positioning of specific watch brands. Packaging boxes for high-end watches tend to look extraordinarily charming. Here listed are watch boxes from 3 top brands. Which one do you like most? Omega Omega is an internationally renowned luxury watchmaker, founded by Louis Brandt in La Chaux-de-Fonds in 1848. The logo "Ω", the 24th and last letter of the Greek alphabet, symbolizes the beginning and the end of things, similar to the cycle of "the end is the beginning" in Asian philosophy. It interprets “Exact time for life" and represents the extraordinary quality of perfection and excellence. Due to its brand awareness, accurate timekeeping, stylish design and prominent durability, its sales in China have always topped the list. Omega watch boxes are also sought after by many watch lovers nowadays. The watch box as shown above is made of high-grade plain-grain leather with premium flannel lining. No-frills in graphic design, except the gold foil stamped brand name and logo. It’s moisture-proof, abrasion-proof and antibacterial. The whole box looks stylish and elegant. The packaging is fine crafted and stitched, with no unwelcoming thread end. Every detail of the watch packaging boxes design is meticulous, in harmony with its consistent practice of handmade, no-mass-production. Patek Philippe Patek Philippe watch box is made of wooden materials(HDF) for the main structure. Other materials involved are cardboard, card stock, coated paper, leatherette paper, specialty paper, flocking cloth, foam/sponge, blister and silk cloth etc. The meticulous packaging design gives consideration to transportation as well as visual appeal. Patek Philippe watch boxes generally pursue harmonic, fine, and pure colors. This reflects the ability of Patek Philippe designers to subtly control colors and maximize the potential and charms of simple colors. Its pure color design implies a trace of tranquility in the clamor of the bustling life, brings you a refreshing enjoyment of elegance & simplicity. Rolex Rolex is just like the overlord of the watch industry. While her watch design is no doubt exquisite and unique, Rolex won’t slight over the watch boxes, either. This Rolex watch box as shown in the picture uses light green as the theme color, symbolizing the vitality of Rolex watches and the brand. It takes the shape of a golden-ratio rectangle with exquisite workmanship, which make it look very comfortable and artistic. On the upper left of the box front is engraved the famous Rolex watch logo – a crown, which suggests that Rolex watches have a dominant position in the industry. The box of an ordinary watch may only play a role of decoration and protection, but obviously Rolex’s are not. The combination of Rolex watches and the packaging boxes together creates the classic legend since 1905. Rolex watch boxes are cherished by lots of enthusiasts worldwide as well as the watches, por se, and stay with Rolex watches for life.
The Loft labo の国産ダウン
ダウンと言えばヨーロッパブランド、スポーツブランド、ユニクロ、ときて最近はどのアパレルブランドでも出したりしてますが、MADE IN JAPAN表記は滅多に見ないと思います。 この The Loft は今年の秋冬からスタートしたばかりのブランドで、大阪のBISHOPが企画して、NANGAという滋賀県のダウンメーカーで製造しているとか。知りませんでしたが日本にもダウン製品のメーカーってあるんですね。NANGAは目黒にショップがあって登山家向けのシュラフなどを販売しているようです。 ということで本格的なウェアがタウンユース向けにデザインされた、ということみたいです。まずシルエットが綺麗で、シンプルだけどティティールが凝っている印象です。ヨーロッパブランドのよくあるタイプと比較して、スッキリしているけどこだわりだらけでとても「日本ぽい」感じがします。なんだろうなこの感じ。 さて、今年はウール素材のダウンベストが欲しいと思って探している中で、このNOOKというモデルのシャンブレー素材ものを見つけました。残念ながらベストではないので購入は見送る予定ですが、来年再来年にどんなモデルが出てくるかチェックしなければと思わせられました。ちなみにメンズレディースの区別はなさそうで、サイズ0〜1くらいが女性向けだと思われます。 このNOOKは5色展開で、この色だけがシャンブレーですがあとはマットなナイロンでそれも悪くありません。こだわりポイントの説明やカラー・価格はこのプロダクトページで確認してください。 The Loft labo TL15FJK3 NOOK ちなみにキルティングが内側になっているこのWIISというモデルも気になってるんですよねー。シルエットが気になる。これは公式の紺色の写真だとマッキントッシュのゴム引きコートみたいな質感に見えていい感じです。 The Loft labo TL15FJK4 WIIS The Loft labo http://loftlabo.com/ ほかにも数モデル出てますよ。どれも今までのダウンとは少しだけ違う雰囲気があります。
アカデミー賞、セレブのドレス&メイクをチェック!
2016年アカデミー賞が発表になりましたねー! 早速、授賞式のセレブ達のドレスをチェックしたいと思いまーす! 今回、私の中のベストドレッサー賞は、「キャロル」のルーニー・マーラ! ジバンシーの繊細なドレスを見事に着こなし、メイクとあわせて、唯一無二でモードな存在感を出しています。これは中々できるものじゃないですよ〜。 特に「キャロル」で年上の女性(ケイト・ブランシェット)に翻弄されるウブなデパート店員を演じていただけに、良い意味でイメージを裏切ってくれて、お見事! その「キャロル」に主演したケイト・ブランシェットはアルマーニ。 うーん、ゴールデングローブ賞では完璧なドレス姿でしたが、これはちょっとおしい! このファンタジックなディティールのドレスはもっと若い子向きだったのでは? オスカー常連のジェニファー・ローレンスはディオール。 繊細なレースがよく似合ってますね。 メイクもレッドカーペットにふさわしい品と大人っぽさ。 こちらもオスカー常連のケイト・ウィンスレットはゴールデングローブに続いて、ラルフ・ローレンのドレス。 もう、これは、、、彼女のドスコイ体型を悪目立ちさせて最悪ですね、、、。 ジェニファー・ローレンス、ケイト・ブランシェットらを抑え、見事主演女優賞を獲得した「ルーム」のブリー・ラーソンはグッチのドレス。 オーセンティックで堂々とした姿!主演女優賞にふさわしいですね。 「リリーのすべて」で助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデルはルイ・ヴィトン。 これ、写真が悪いですね。シャーベットイエローのドレスってあまり見たことないし、彼女にとても似合っていてとても良いと思います! 以上!
ユニクロさんが、HelmesやLACOSTEにいらした方とコラボされますね!
昨日発表の UNIQLO AND LEMAIRE というコレクションの話題でもちきりです。ルメールさんといえば今はご自身のブランドですけど、やはりエルメスを担当されていたのが気になりますよね〜。どれくらいのお値段になるのか興味津々で一生懸命検索してしまいました。(*^^*) ファッションプレスさんの情報です。 ウィメンズ 30型メンズ 25型 ■価格帯 シャツ:2,990円〜3,990円 ニット:2,990円〜14,900円 アウター:12,900円〜17,900円 パンツ:2,990円〜6,990円 スカート:3,990円〜7,990円 ドレス:5,990円〜7,990円 ジャケット:6,990円〜14,900円 カットソー:2,490円〜3,490円 ※価格は現時点での計画であり、変更の可能性有り。※価格は全て税別。 お値段からの推測で、+Jよりもイネスコレクションに近い品質のように見えますね。せっかくなので多少お高くても贅沢素材にしていただければと思ってしまいますけれど…これ以上は想像してもわかりませんね。写真の白いニットは柔らかそうに見えます! こちらの画像のお洋服はすべて UNIQLO AND LAMAIRE のものだそうです。ベーシックなお色なので着まわしがききそうですね。黒、ネイビー、カーキ、クリームに赤が効いています。襟がないブラウスですとか、リブセーター、ビッグシルエットのコートなどが予定されているようなことが。ケープのこともありましたが、左奥のモデルさんが着てらっしゃるのがそうなのかしら。 8月にオフィシャルのコラボ情報が発表されて10月に発表とのことですので、当分はこのお写真で想像するしかありませんね〜 気になってルメールさんのコレクションも調べてしまいました。色合いがかなり近いんですね!真ん中の方のネイビーのコートのようなタイプがあれば衝動買いしてしまいそうです〜 もっとご覧になりたい方はルメールさんのショップがありますよ。 ルメールさんが担当されたエルメスのコレクションはこちらに。(*^^*)
adidasのスタンスミスがカスタムオーダーできますよ〜 ^^
以前にスタンスミスとスーパースターのどちらを買うべきかご相談したことがあるのですが、結局一冬悩んでしまいました。そしてやはり皆様のおっしゃる通りスタンスミスに決定でございます。 そして悩ましいバリエーションなのですが、型番を見比べて迷いに迷っておりましたら…adidas製品ってカスタムオーダーできるのですね!シューズだけでなくウェアもあるようです。 mi adidas というサービスで、カスタマイズしても料金はスタンスミス定価みたいですね。今は15%OFFキャンペーンもなさっているよう…釣られてしまいそうです。^^; 1枚目の画像は私が組み合わせてみたものですが、なんとレザーにオーストリッチエンボスが選べるのです!とても大人っぽく仕上がるのではないでしょうか? (*^^*) 私はスムースとのミックス使いにいたしましたが、全てオーストリッチ調も可能です。スムースレザー以外ではクロコダイルというチョイスもありまして、レザーのお色は白黒オフホワイトが選べます。あとはシューレースをベルクロ使いにするかどうかとお色、それからヒール部分とソールも変えられますよ〜。 そしてオーダー品ならではの特別感と申しましょうか、ソールのマークがお好きな文字に変えられるのです!通常はadidasロゴですけれども、プレゼントなさる時などよいですよね〜。私はこの画像のために愛の言葉を入力いたしましたが、もちろん自分用ですからこんなメッセージでは注文いたしません。^^; 春のお洋服が気になるタイミングですし、白っぽいスニーカーが欲しくなる季節ですので、みなさまも是非是非お試しになってみてください〜。^^ MI ADIDAS
トランプブランドのトランプファミリー香水
ドナルド・トランプ、まじ?って感じの人だけど、隣の娘さんイヴァンカ・トランプが辣腕でしかもルックスがいいから、この人のおかげで人気あるところもあるそうです。 そんなトランプ氏は幅広くビジネスを手がけてるけど、なぜか香水ブランドもやってます。ほかのビジネスと較べたらお遊びみたいな気がするんだけど、出してる香水がいかにもすぎて笑っちゃったので並べてみました。 これは娘さんの名前のまま、IVANKA TRUMP。なんとなくいい匂いしそうだし、「マンハッタンを歩くシックな女性」みたいな形容もされてて、普通に興味あります。 ノートはベルガモット、胡椒、りんご、パイナップル、ジャスミン、ピーチブロッサム、ローズシダーウッド、パチョリ、アンバー、バニラだそうです。個人的にすっごく前に流行ったランコムのトレゾアとか想像しました。 トランプ氏の方も一番最初の香水はDONALD TRUMPって名前そのまんまで出してます。これって日本で言えば堀江貴文って香水があるみたいな感じですよね?ボトルがトランプタワーっぽいのも全部込みで自己主張激しすぎるうー。 二つ目はSUCCESS by TRUMP。成功。わかったってば、って感じて苦笑です。 the spirit of the driven man だそうで、感化されてる人がトランプみたいになるぞーって買うのかもしれないですね。ホリエモンみたいになるぞーって買う人いそうだもん。 三つ目、EMPIRE by TRUMP。帝国!スターウォーズか!みたいな。 本当にそれくらいのこと成し遂げた人らしいことは頭ではわかってるんだけど、だからって本当に付けちゃうんだこの名前、って感じで笑っちゃいました。でもあのキャラだったら全然不思議ではないか。 the perfect accessory for the confident man とか書いてあることもどんどん可笑しく感じてきます。 私もお金持ちに嫁いでたら自分の名前の香水販売したりしたかなー。マドンナもスキンケアブランドやってるし、なんかそういうことしたくなるものなんでしょうか。自分だったらどんな名前にしてるか、想像すると結構盛り上がります。 アメリカどうなっちゃうんだろー。