nobuoo
1,000+ Views

ギター組み立てキットが結構いいかも

この前、バンド仲間で話が出ていたんですが、いまはこんな組み立てキットが売られているんですね。しかも通販です。
昔は、ギターやベースの材料は専門店に少しだけ置いてあり、しかも1つ1つパッケージングされて売ってるので、集めると割高になってしまったりして。
それでも、自分の興味のあるピックアップに交換したり、ネックの握り具合をサンドペーパーでこすってみたり、ブースターアンプを追加してみたり、ヴァン・ヘイレンに憧れてボディのカラーを変えてみたりしていました。
このキットだと全て揃っていて、しかもこんな解説書まで付いてくるんですよね。作るのに必要な工具は自分で揃える必要がありますし、ボディの塗装は埃のない換気のいい場所でやらないといけないなど、マンション住まいには難しいところもあるのですが、こんなキットが2万円以下で買えるなんて、すごい時代になったもんです。
でも、サンバースト系の色は難しそうですよね。
4 Comments
Suggested
Recent
エレキギターの場合には「エフェクター」という機材を使って音に個性を出すこともできますよ。ただ、最近は「けいおん」というアニメのブームもあって、女子高生の人がギターを持っているという人も多いようですけど、やはり可愛らしい塗装をしてあったりしますし、BABYMETALの影響もあってか、痛ギターみたいに塗装してる人もいるみたいです。
そうですかー。音に個性が出ると面白いなーと思ったんですが。
音への影響となると、電気回路やボディの響きなどが関係してきそうですが、やはり塗装を個性的にしてオリジナリティを出したいですよね。可愛らしい色にするとか、パンキッシュな塗装にするなどすると、なかなかそれっぽくなるのではないでしょうか。
安いですね!やっぱりこういうキットでも作り方や塗装で多少音に個性が出たりするもんでしょうか??
Cards you may also be interested in
これは欲しくなる日本の木工家具20選 WOOD FURNITURE JAPAN AWARD 2016
ほとんど普通の人の目には触れない賞でしょうな。かくいう僕も絶賛家具入替え中だからというだけの理由から初めて知ったところなのでありますが。日本で製作された木製家具を品評し、デザイナーとメーカー、日本と海外、を結びつけるという目的の元に設立されているようです。 僕は業界の人間ではないので賞自体にはさほど興味はないが、日本で生まれた木の家具がプロの目で20選されているというのは今非常に役に立つ情報なんだよね。20選のうち気になったものを挙げておきたいと思う。 一番好みに合うのは、この株式会社MOCTAVEのRitoというスツール。類の異なる木材を組合せて結晶を模しているのだが、アップで見ると非常に表情があって面白い。当然全く同じものはできない。このサイズは玄関や本棚の横などにそっと置いておきたい。いやいい椅子だよ。 ⾶騨産業株式会社のKISARAGIシリーズ。このアームチェアは昨年のグッドデザイン賞も受賞しているらしい。「杉圧縮柾目材」という世界初の技術で独特の木目のよさが出ている。色もいいしね。 この圧縮技術についてはよい記事があったが、読んだらますます欲しくなる人もいるだろうから覚悟されたし。12万円という値段なだけにダイニング全てをこれで揃えるのはなかなか勇気がいるのでありますな。 伝統の曲げ木が生かされた圧縮技術でスギ家具の可能性を広げる 株式会社クワハタのTETSUBOシリーズからハイスツール。この溶接ではなく一本の長いスチールが曲がっている状態を「一筆書形態」というようだが、杉無垢材と組合せて男らしさとモダンを感じる、どのようなインテリアにも合わせ易いデザインだと思う。 これは木の部分が少ないこともあり数を揃える場合には現実的な価格だ。スチール部分は12色から選べるということだが、やはり黒だろうな。 家具は一生ものでありますから、多少高額になっても製作の手間や消却期間を考えれば納得です。ただ一気にまとめて購入するとなると慎重に検討しないととは思ってるんだよね。できればなるべく日本製から選びたいなとも思ってます。
マレウレウ - MAREWREW
アイヌの伝統歌「ウポポ」の再生と伝承をテーマに活動する女性ヴォーカルグループ。マレウレウはアイヌ語で「蝶」のことで、メンバーはRekpo、Hisae、Rim Rim、Mayunkikiの4名です。 さまざまなリズムパターンで構成される、天然トランスな感覚が特徴の輪唱など、アイヌROOTSのウポポを忠実に再現する貴重なアーティスト。 2010年、初のミニアルバム「MAREWREW」を発表後、活動を本格化。2011年に自主公演企画「マレウレウ祭り~目指せ100万人のウポポ大合唱!~」をスタートさせ、これまでUA、サカキ・マンゴー、SPECIAL OTHERS、キセル、オオルタイチ+ウタモ、木津茂理、細野晴臣、後藤正文(AKG)を迎えた公演が話題となる。 という解説でわかるかな?アイヌの音楽というのは、道民の私もあまりよく知らなかったのですが、最近マレウレウがお気に入りになってきています。 実際に聴いてもらうとわかるのですが、アイヌの伝統歌とかそういう括りでなく、何よりもかっこいいんです。どう形容していいかはわからないけど、多分伝統的な発声方法(輪唱も)を使って、それを新しいリズムや音を加えて1つの音楽にしている感じです。 音楽の感じはこの映像を見てもらえるとわかるかと思います。ミニマルミュージックのようであり、ダンスミュージックのようでもあり。 メンバーの中でリエさんだけが阿寒湖の出身で、あとの3人は旭川の出身。同じアイヌ民謡と言っても、地域によってリズムや歌い方に違いがあるようで、それが音楽性を豊かにしている感じもします。 東京では、坂本龍一さんが主宰するイベントイベント commons10 にも出演が決まっているそうですが、実は今週の日曜日に錦糸町のOLD SCOTというライブハウスでライブがあるそうですよ。 https://www.facebook.com/events/771674572964124/ CDなどは以下のリンクからもご購入いただけますが、iTunes ストアでもマレウレウで検索をすると販売されています。プレビューだけでも気持ちいいですよ〜 http://www.tonkori.com/profile/index.php https://itunes.apple.com/jp/album/mareureu/id382025093
ゲスの極みの川谷は置いといて休日課長はいいやつそう
休日課長。 なかなかファニーな名前である。個人的にはゲスの極み乙女というどこか腹立たしいバンド名を彼休日課長という名前の愛嬌で緩和している気すらする。 2016年早々ゲスの極み乙女のフロントマンの方がベッキーと云々事件が巻き起こりなかなか問題となっているがそんなことはどうだっていい。元からそんなことをしでかしそうなバンド名だ。そんなことは放っておこう。 今回私が個人的に取り上げたいのはフロントマンの下賎な行いについてでもなく、ドラムが若干(というかなかなか)かわいいことでもなく、 ベースの休日課長はマジでいい奴そうだし普通にベース上手いということなのだ。 なかなかに小気味のいいナイスな演奏である。緩急を生かした奏法、スラップ奏法、コード感を上手くついた奏法などベースが抑えているべきポイントを見事にクリアしつつ若手バンドマン(若手と言っていいのかは微妙なきもする)屈指の技術で楽曲に昇華している。 ええやないか! 個人の趣味としてはこの声がかなり苦手なので好んで彼らの楽曲を聴くことはないが演奏だけは聞いていられそうだ。 当初はサラリーマンと並行してバンド活動をしていた休日課長。 自身のツイッターでは連日食べ物についてのツイートをするなど見事にファットなおっさんっぷりを演出している。アカウント名 @eninaranaiotoko もなかなかにクールだ。 今回の騒動で彼らは若干窮地に追い込まれるような気もするが休日課長だけはどうにか社会が守ってあげてほしいものだ。
公共交通機関を利用する有名ミュージシャン達が微笑ましすぎる
あのミュージシャンが地下鉄に!? と日本であったら有りえないと思ってしまうような光景が今海外で話題になっている。 まず一人目は ノエル・ギャラガー(ex.Oasis) だ。 ”10月26日の夜にロンドンのO2アリーナで開催されたU2の公演にサプライズ出演したノエル・ギャラガーだが、それに先んじてもっと驚きの行動に出ていた。この元オアシスのギタリストは、その前夜に行われたライヴに向かうため、一般人と同じように地下鉄を使っていたのだ。” http://nme-jp.com/blogs/8117/ より引用 お次は Foo Fightersのデイヴ・グロールだ。 ”「ロック界で最もいい人」がトレードマークのデイヴ・グロールは、一般人と共に公共交通機関を喜んで利用するほど気さくな性格だ。彼にできないことがあるだろうか? 彼はフー・ファイターズがシカゴに滞在している時に、シカゴ交通局の電車に乗っているところを、もちろん笑顔でファンに撮影されている。この姿は、彼が業界でも屈指のいい人であることをさらに確信させるばかりだった。” http://nme-jp.com/blogs/8117/ より引用 他にも Rihanna(リアーナ) Mariah Carey(マライア・キャリー) そしてなんとあの Jay-Z までもが地下鉄で目撃されている。  Jay-Zは上の動画以外にもクリス・マーティンやTimbalandと一緒にいる時の様子をファンに撮影されたこともあり 中々に地下鉄出没率が高い と言える。    ここに載せたミュージシャン以外にも地下鉄やそれ以外の公共交通機関で目撃されたアーティスト、ミュージシャンは数多くいるようだ。ミュージシャンといえども我々と変わらない人間。ふと電車に揺られる日常を過ごしたくなるのかもしれない。
赤い公園の最新アルバム『純情ランドセル』が素晴らしい。その1
赤い公園の最新アルバム『純情ランドセル』が3/23に発売された。 何度かアルバムを通して聞き込んでいる最中ではあるが、今回のアルバムも実に申し分ない仕上がりとなっていることから是非このアルバムを多くの人に聞いてほしいと願うと共に、赤い公園の魅力を語っていきたいと思う。 (正直かなり有名になってきたバンドではあるので今更ちょっとニッチで紹介するのもどうかと言う気がしないでもないがこれまでメジャーで出してきたアルバム二枚ともオリコン27位という何とも言えない感じであったので紹介していきたい所存である。) メジャーデビュー作として『公園デビュー』、二枚目として『猛烈リトミック』をリリースしてきた彼女達だが、このバンドを深く知るには何と言ってもデビュー前の音源にも少なからず耳を傾ける必要性があるように感じる。 ガールズバンドを画一化して捉えることはあまりよろしくないことはもちろんではあるが、なかなかどうしてガールズバンドと言えば見た目を売りにしていることやバンドである必然性が感じられないような楽曲を演奏する人々も多く、いかんせん 「ガールズバンド」というフィルター を通して評価が下されてしまいがちであることもまた事実だ。 しかし上に貼った動画を見ていただければ彼女達が如何に既存のガールズバンド像からかけ離れた存在であるかが明瞭に理解していただけるはずだ。 ミニマルでダークな音像から始まり、突如そこに切り込むファズベース、サビのなんとも言えない幻想的で浮遊感のある世界観と最後にそれを不協和音で破壊する大胆さ。 そして何と言ってもこうした様々な要素を曲に詰め込み、成立させつつポップさも醸し出してきたギタリスト、津野米咲の手腕の見事さ。これらが絡み合った上で初期の赤い公園というバンドは高い評価を受けていたように思われる。 とはいえ上記の赤い公園らしさ、に彼女達が一切規定されることなく前進していることもまた彼女達の魅力の一つだ。 例えばメジャーデビューアルバムのリード曲である上の動画の楽曲『今更』では見事にサビで突き抜けるようにキャッチーなボーカル、コーラスワークが見られるが、それと同時にフックのあるリズムやかなり破壊力のあるギターソロ、アウトロなど決して単なる「J−Pop/ rock」的な楽曲には収まることのない楽曲を作り上げている。 だが彼女達の躍進はここに止まることはなかった。 メジャー二枚目のアルバムにて彼女達が迎えた大きな変化が赤い公園というバンドの存在感と評価をより高尚に、かつ硬度のあるものへと変異せしめたように感じるのだ。 長くなるので次のカードへ続く。PT.2はこちら