gamesan
1,000+ Views

未来のクリエイタを褒めて褒めて褒めまくろう!日本ゲーム大賞2015「アマチュア部門」

いいねーいいねーいいんじゃなあいのお!と言おう!

偉そうなこと書けないけれど、やっぱり新しい感覚のゲームをやりたいのが、ゲーム好きの気持ち。スプラトゥーンも、新しいクリエイターによって作られたっていうし~。
任天堂では近年、任天堂ゲームセミナーに参加した受講生のよる作品を、実際にダウンロード作品として配信する(無料)取り組みをやってます。凄いなんか偉い。流石任天堂。
※2014年は、WiiUにて「ドキドキ手紙リレー」「ミチコジャンプ!」「ジカンサタンサ」「アルクラッシュ」の4本が配信
で、2015年8月6日に、日本ゲーム大賞2015「アマチュア部門」受賞作品が発表されました。http://awards.cesa.or.jp/prize/prize_03_01.html
個人的には以下の二本がお気に入り。プレゼン映像だけだけど。
(見た目はなんとなくプレイステーションみたいな感じだけどhohohoho)
『10動説』 東京工芸大学
『ヒカゲモノ』 バンタンゲームアカデミー
こういうのは褒めて伸ばすが一番。いいねー。早く超おもしろゲーム作ってええ。
ああ。あっしも褒められたいっす。
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
今やっても熱中できる懐かしのゲームシリーズ【第1弾】
いきなり自分語りをはじめるが、私はゲームが好きだ。 しかし新しいゲームを買うのはお金がかかる。 そういうわけで私は小さい頃にやっていたゲームを再発掘してやるようにしている。 昔のゲームかも知れないが中には本当に面白くて熱中してしまうものがある。 そういう「今やっても熱中できる懐かしのゲームシリーズ」を数回にわけて書いていこうと思う。また当アカウントは「ちょっとニッチ」ってこともあり、ドラクエやFFシリーズ等の誰でも知っているような作品については書かない。 暇だから久しぶりにゲームやってみたいけどゲーム機器買うお金をかけたくない! という人にオススメです。 まず第1弾は 「クラッシュバンディクー」シリーズ 『クラッシュ・バンディクー』(Crash Bandicoot)は、ソニー・コンピュータエンタテインメントが発売したプレイステーション用のアクションゲーム。 1996年12月に第1作『クラッシュ・バンディクー』(機種はPlayStation)の発売から始まった、コミカルなアクションゲームのシリーズである。第1作では「宇宙初の奥スクロールアクション」という煽り文句が書かれていた。 シリーズ内にはアクションゲーム以外には「レーシング」や「カーニバル」というシリーズがあるがここではそれについては割愛させて頂く。 このゲームがまた面白い。当時のアクションゲームは横スクロールのゲームばっかりであったがこれは初の「奥スクロール」のゲームである。 奥スクロールになったことにより臨場感が増し、一気に大ヒット作品となった。 そして何よりも結構難しい 子供の頃は本当に苦戦したゲームでも今やるとほど良い難易度になっており、楽しくプレイできる。 オススメはクラッシュ・バンディクー2である 1ではセーブするポイントがかなり限られていて、ゲームの難易度というより気軽にやる難易度が高かった。 しかし2からゲームのシステムが見直され、ステージ間のロビーとなるワープルームでいつでもセーブできるようになった。そのような意味でさらに楽しめる形になっている。 スピード感あふれ、ハラハラドキドキできる難易度が大人にちょうどいいゲームとなっている。 なによりも主人公「クラッシュ」のアホヅラが面白い もちろん3もめちゃくちゃ面白いので是非やってほしい。 ちなみにほぼAmazonで中古で1円で売っているので気軽に買える。 1. http://www.amazon.co.jp/dp/B000069SPX/ref=cm_sw_r_tw_dp_zCUtwb0W4NNGY 2. http://www.amazon.co.jp/dp/B000069SQ2/ref=cm_sw_r_tw_dp_xDUtwb1CXDXPM 3. http://www.amazon.co.jp/dp/B000069SQ9/ref=cm_sw_r_tw_dp_QEUtwb13CZWKY 新品だとかなり高い。 ちなみにプレイができるPS1はAmazonで1500円ぐらいで売っているので一個持っておくと捗ります。メモリーカードは50円ぐらいで買えます。 暇だしゲームしたいけどお金使いたくない!って方、昔のゲームをやってみては?
絶対これ面白いやつじゃああん。僕のスターウォーズごっこ「スターフォックス零」
ときどき男の子の映画が見たくなる時がある。 もうなんかバンバン撃ってやっつけて、フオウ!とか言って。 これを世にいうスターウォーズ病と名付けて(one-pieceでは萌えないのだ)いるんだけど、新作はまだ観てねーなー。おうおうおうおう。 でもゲームならやってみたい!久々にバンバン撃つゲーム買ってみたい。ストレスかな、とにかく撃って撃って撃ちまくりたいぞ。 スターフォックスは、手軽に3Dシューティングが遊べる任天堂の傑作。臨場感をゲームならではの演出で生んでいて、例えば戦っている最中に仲間の声で「右が危ない」とか「後ろ!」とか「助けて~」とか聞こえてきて実際に敵がその方向から来たり、仲間が敵に追いかけられたりしているって、ああわくわくするねえ。 まじ自宅でスターウォーズごっこするならコレだぜ。 スターフォックス ゼロ メーカー:任天堂 発売日: 2016.4.21 価格: 6,156円(税込) https://www.nintendo.co.jp/wiiu/afxj/ ナオ、「ザバトルビギンズ」というショートアニメガツクラレタ。 https://www.nintendo.co.jp/wiiu/afxj/specialmovie/index.html スターフォックスノ操作ガ倍倍デ楽シクナリソウナ映像ダゾ!!! ◆サラニ! おう!そこの30代の男の子野郎!ミヤホンのゲーム作りのインタビューとかひさびさだからしっかり読もう! 『スターフォックス ゼロ』開発スタッフインタビュー [第1回] 臨場感とかっこよさを求めて https://topics.nintendo.co.jp/c/article/4095a738-0136-11e6-8360-063b7ac45a6d.html [第2回] 新しいマシンで広がる遊び https://topics.nintendo.co.jp/c/article/da165d1f-0157-11e6-8360-063b7ac45a6d.html
子どもも孫もひ孫もひひ孫も戦い続ける。ふ~。ムズイのに楽しい「ローグ・レガシー」
わたしが苦手なゲーム。モンハンと風来のシレン。どっちも延々とアクションを繰り返すのが魅力。シレンは何度か買ってみたけど、全然合わなかった。 いいじゃん!向き不向きあるんだもの。いーいじゃん。 なのに似たゲームを買っちゃった。あー。 いいじゃん!苦手でもなんでも楽しきゃええやん、ゲームやし。 なんかドット絵に騙されちゃったんだ。 そんなに激ムズってほどでないんだけど、ぼーっとはできない感じでうっかり死んじゃう。「あーあ」って言っている間もなく、子孫が何人かでてきて選ぶわけ。子どもはなんらかパワーアップしてて、でもそのパワーアップがヘン。画面が白黒になっちゃうとか、近眼で遠くのものがぼやけるとか、文字が読めないとか、オナラが出せるとか(イヤン)。 だから、死ぬのは嫌だけど、次はどんな奴が出てくるか楽しみながらヤラレルの。 だから、悔しさがばねっていうか、難しいのがありがとう。みたいな味付けなんダヨ。 時間があったらずっとやってたい。幸せの無間地獄だは~。 ローグ・レガシー ハード PS4、PS3、PSvita 制作 http://www.cellardoorgames.com/ メーカー ハチノヨン 配信日 2015年4月8日 販売価格 2,000円 (税込) http://roguelegacy.jp/ http://official-blog.line.me/ja/archives/53189799.html ※注 ステージが自動生成されて、死んだら一からやり直しというゲームの種類を「ローグライク」というそうなのだ。ローグレガシーもこのローグライクらしい。
村上春樹の世界観にインスピレーションを受けたゲーム “MEMORANDA”
僕は「ゲームは好きだけどハードは買わない」主義ですが、これはPCでプレイできるので確実にダウンロードするでしょう。 MEMORANDAは今年4月に村上春樹の世界観を元に制作されるゲームとして話題になったようですが、ついに先月Kickstarterでの資金集めに成功し、確実にプレイできる日がもうすぐやってきます。村上春樹のFacebookでも紹介されたという興奮の書き込みもあり、ソーシャルファンディングはこういうコミュニケーションも含めて楽しそうでいいですね。 ゲームのテーマの一つは「喪失」です。登場キャラクターも皆何かを失っており、中でも主人公は自分の名前を失う危機にあります。自分が自分の名前を思い出せなくなっていくことに気づき、それを取り戻そうというのがゲームの筋です。 僕は村上春樹は短編を幾つか読んだだけですが、「ぽいなあ」と思いました。この4点の画像は主人公以外のキャラクターですが、特に動物が擬人化されている絵は独特のニュアンスがあって好きですね。 ゲームのタイプは、クリックしてストーリーを追いながらヒントを集め、途中でパズルに回答するというとてもシンプルで古典的なもののようです。おそらく本を読むような楽しみ方をするものなのでしょう。またこれは話で聞いただけの未確認情報ですが、エンディングは100通りほどあり、村上春樹の小説同様にハッピーエンドのようなわかりやすいものではないということでした。 12月にはデリバリーが開始されるそうなので年末はこれで遊びたいですね。デモが公開されいるので今からやってみます。 おまけです。英語ですが発案者のインタビュー記事がありました。 Bringing The Surreal Characters Of Japanese Author Haruki Murakami To Life
眺めながらしっとりするスマゲー、伝説の旅団
ボードゲーム界の任天堂?!オインクゲームスが作った!、って話を長々して、褒めちぎろうと思ってたらなんか、あんたすごいよ。 Bitsummit2015 -A KYOTO INDIE GAME FESTIVAL- ビジュアル・デザイン最優秀賞ノミネート! だそうでした。 どこもかしこも、褒めまくっているので、もう書くことない。やってみて! 必要にして十分なゲームシステムが深い戦略性を生み出す 最大3体のキャラが参加するオートバトルが特徴のファンタジーRPG http://gamedeets.com/archives/11136 ある夜、突然100体の「眼」が襲ってきて、すべての街から火を奪っていった――という冒頭から始まる『伝説の旅団』。限られた仲間たちを上手にやりくりして戦い抜くオートバトルのシステムが特徴的だが、細かな操作を必要としない、ある意味で近年のアプリゲームらしい造りといえる。極限まで単純化されたシステムはボードゲームを手掛けるメーカーだけあって、必要にして十分。寓話めいた世界観を楽しみながら、世界を救う旅に出てみよう。 このゲーム、全然アクションとかないです。 「GO!」ボタンを押すだけなので、もうモノタリないくらい。で、も。 とにかく、セピア色のゲーム画面がしっとり楽しめて、手軽なのに手軽でない感じなんなのだろう。眺めているだけでいろいろ気になってきて。夏を忘れさせる。あ、夏が終わるうううう。 伝説の旅団 iOS版