masane
1,000+ Views

イヤーン、ぶたさん揉めないで~「昔話法廷」NHK教育

昔話って昔からあったお話って、
結構ひどい目にあわされたり報復したり、凄い所もありますけど、
わかりやすい教訓、おばあちゃんの教え的イメージありますよね。
で、Eテレが遊び始めました。
かちかち山、三匹のこぶた、白雪姫。
定番というには変なバランスだけど、割りと知られている昔話を裁判のまな板にのせた15分の妄想裁判ドラマを作ったそうです。
そうです。夏休みだからってわけではありませんが油断して見逃してしまったあああ!
(午前中だもん。完全にお子さん向けを装ってるじゃない)
というわけで皆さん。再放送あります!
8月21日金午後11時25分「“三匹のこぶた”裁判」
8月21日金午後11時40分「“カチカチ山”裁判」
8月28日金午後11時30分「“白雪姫”裁判」
昔話法廷 あの昔話の主人公が訴えられた!? なじみ深い昔話をモチーフにした、これまでになかった法廷ドラマシリーズ。取り上げるのは「三匹のこぶた」、「カチカチ山」、「白雪姫」。 http://www4.nhk.or.jp/P3640/
15分だけど、観ましょう。
あ、見逃してました!
という人に朗報!
なんとネット配信中(終わっちゃうかもしれないけれど)!
よくよく見ると、裁判員制度の学びの為の資料にもなっているという!
そうだよね。裁判員に私もなるかもしれない。
これはシュールだシュールだ、言ってる場合じゃなくて、
結構考えさせられるのです。
こちらで見れますので、ぜひぜひ。
みんな、観てもやもやしよう。
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
【カズオ・イシグロ】『わたしを離さないで』連ドラ化決定!
 『わたしを離さないで』をご存知だろうか。これもまた一般に名作として知られる書籍であるが、今作はなんと連続ドラマ化することになった。 以下詳細である。 http://www.oricon.co.jp/news/2062541/full/ より引用  ”女優の綾瀬はるか、三浦春馬、水川あさみの出演 で、日系英国人作家カズオ・イシグロ氏の『わたしを離さないで』が連続ドラマ化されることが18日、わかった。 1月よりTBS系金曜ドラマ枠(毎週金曜 後10:00)で放送 される。  同作は、2005年の発表直後から話題になり、英国でミリオンセラーとなった作品。” これまでにも様々な形で映像化されてきた本作だが、それゆえに中々に評価は厳しいものになるだろう。  さらに加えて今回のドラマ版では 舞台を原作のイギリスから日本に置き換えて物語を展開する とのことでありこれまた物議を醸すこと間違いなしである(出演者が日本人であるため仕方のないことではあるが)。    どうにも最近オリジナルの脚本で作品が描かれるケースが減りすぎているような気がしてならない上にこの独自の設定である。多少なりとも私はこの日本の大衆文化の行く末を憂いてしまうし、こういった形で作品が描かれると知って作家本人はどういった気持ちなのだろうと気にしてしまうが、カズオ・イシグロはここで鬼の寛大さを見せてきた。 曰く ”「この物語が私の生まれた国で、新しくより広い範囲の視聴者に楽しんでいただけるということで深い満足感を覚えます。ドラマという形式がどのような新しい要素を原作から引き出してくれるのか、大変興味があります」とコメント。連ドラ化について「最初の5話の脚本を読みましたが、物語の中でこれまで光の当たっていなかった部分、奇妙で興味をそそるような角やくぼみ、気づいていたけれども開けたことのなかったドアを開けて新しい部屋をまるまる見つけるような、原作の新しい部分を発見して、光を当ててくれると自信を持って言えます」” http://www.oricon.co.jp/news/2062541/full/ より引用 とのことだ。何と心優しいコメント。私もこれくらいの寛大さでこのドラマと向き合ってみようと思う。
魔女の宅急便 番外編「ソノちゃんがおソノさんになったわけ」
先日金曜ロードショーで放送されたジブリの「魔女の宅急便」ですが、もう何度見ても好きだなーと思った人も多いのではないかしら。私もその一人です。 そんな魔女宅、あの「グーチョキパン屋」のおソノさんがキキに出会うまでのエピソードがあるって知ってますか?こちらのweb福音館で読めるんです。 http://www.webfukuinkan.com/magazine/644 おソノさんといえば、映画ではすごく頼りがいのある雰囲気でしたけどオソノさんも当たり前だけどいろんなことがあったんだなあ〜としみじみ。フクオさんとの出会いについてもかかれていますよ〜! そんなオソノさんのエピソードに加えて、他の脇役たちの書き下ろしのお話3編を加えたスピンオフ版が1月25日発売になったそうです。 案内文によるとその「脇役たち」のお話とは。。 コリコ町長が経験し書き留めた、影を持たない住人や奇妙な灰色猫の話。謎めいた婦人・ヨモギさんがコリコを去って舞い戻った故郷の砂漠で送る、幼なじみのサボテンとの暮らし。そして、キキに会ったことはないけれど、自由に大空を飛ぶその姿を見て人生を変えた青年……。 面白そうですよね。なんとシリーズ開始から 31年経って初のスピンオフなんだそうです。 まとめて全部読みたい方はこちらを買う方がいいかも。 http://www.fukuinkan.co.jp/ninkimono/majo/
たけしが丁寧にお笑いを語る貴重な機会パート3
ビートたけしは、浅草をルーツとする芸人で、お笑いの歴史を俯瞰できる人でもある。新しいお笑いもいいけれど、たまにはルーツを紐解きたい。なんて人にはおすすめの番組が、漫才、コントと続いていよいよ落語がやってきます。 たけし&鶴瓶が落語を語る「ニッポン芸能史」 立川談春とのスペシャル対談も http://natalie.mu/owarai/news/161385 NHK BSプレミアム 2015年10月10日(土)19:30~21:00 3大コントって伝統のネタがあった!、漫才のルーツがアメリカにあった!とか、過去の2回も興味深い内容でした。流石ビートたけしは、深見千三郎先生の弟子だ。 『たけしの“これがホントのニッポン芸能史” コント』 http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/3303/2040332/ http://mediagong.jp/?p=10690 なんと日本3大コントというものがあるらしい (「仁丹」「天丼」「レストラン殺人事件」の3つ) http://d.hatena.ne.jp/karatedou/20121228%23p1 『たけしの“これがホントのニッポン芸能史” 漫才』 http://d.hatena.ne.jp/katokitiz/20150322/1427001992 例えばエンタツ・アチャコの代表的なネタだと言われている「早慶戦」は元々アボット&コステロというアメリカのコンビのネタに「メジャーリーグ」というものがあって、それを絶対見てたはずだと解説。実は今の日本の漫才のスタイルはアメリカから来たものだったという新説をとなえる。 今回はどんな新説が飛び出るのか。楽しみです。
松尾スズキがTV界に進出!NHKで「松尾スズキアワー『恋は、アナタのおそば』」放送!
うおおおおお1!!!!これは!!1!! 松尾スズキが作・演出をした芝居と歌のコメディショーがNHKで放送される! 出演はおなじみ大人計画の池津祥子、皆川猿時、村杉蝉之介、平岩紙に加えて、多部未華子、三宅弘城、栗原類、大竹しのぶも! 自分は何回か大人計画の芝居を見に行ったことがありますが、松尾スズキのギャグは切れ味鋭いですよ〜〜〜。 オリコンスタイルの記事によると、「一幕物の歌あり、芝居あり、レトロで新しいバラエティー番組を作りたくて、画策してきたことがやっと実現しました」「芸人の力に頼らずに芝居と音楽で勝負したい」(松尾)とのこと。意欲的じゃあないですか!期待! ちなみに写真前列真ん中が松尾スズキだが、カツラをかぶると別人のように見えるな〜。 放送は3月30日(水)、31日(木)!まだだいぶ先だ! 松尾スズキアワー「恋は、アナタのおそば」 NHK総合 前編:2016年3月30日(水)22:55~23:20 後編:2016年3月31日(木)22:55~23:20 <作・演出> 松尾スズキ <構成> 天久聖一 <出演者> 多部未華子 / 三宅弘城 / 池津祥子 / 皆川猿時 / 村杉蝉之介 / 平岩紙 / 栗原類 / 松尾スズキ / 大竹しのぶ 他
何度も何度も考えたい物語。星の王子さまの映画と、日本語版!?
あの星の王子さまの日本版アニメを知っていますか? ビングルでも注目している人いたみたいですが、あの星の王子さまが映画になりました。 3Dアニメなんですけど、フランス製という事で、多分一筋縄ではいかない内容になっているんじゃないかなって気になっています。お話も、星の王子さまのその後の話だというし。 (監督は『カンフー・パンダ』のマーク・オズボーン。たまたまですがこちらも好き) リトルプリンス 星の王子さまと私 http://wwws.warnerbros.co.jp/littleprince/ 日本語版はなんとユーミンが歌をつけるみたいです。 最近は曲まで日本語にするんですよね。せっかく文化を丸ごと味わいたいの、なんだかもったいない気もします。ユーミンは悪くないと思うんですけど。 さてさて「星の王子さま日本語」で調べてたら、 なんと日本版アニメがありました。 冒頭の、サンテグジュペリからのメッセージがたまらないので、ぜひ動画を見てほしいです。声もやたらに渋いです。 https://www.youtube.com/watch?v=CXlpXQEDLBk ムーミンのアニメみたいに色々賛否あったみたいですが(途中で打ち切られてます。。。)これはこれ味わい深いですね。 「ものごとは心でしか見ることができない。大切なことは目には見えない。」もどこかで出てくるのでしょうか。DVDにもなっていますよ。 さてさてさて、 映画です。 現代社会へのいろんな皮肉や批評も含まれているようですが、 久々に星の王子さまの不思議な読後感をこの映画で感じてみたいと思います。 きっと本も読みたくなるのかな~。 星の王子さまの公式サイト http://www.lepetitprince-lefilm.com/ http://www.lepetitprince.co.jp/ フランス語版がきいてみたくなっちゃいました。
スウェーデンの8人の若者が完全に自由を奪われる、リアリティ番組「独裁者の部屋」【Eテレで放送!3月21日~24日】
第1話放送後の反響によって実現した、全編放送! NHK日本賞にも選ばれている「独裁者の部屋」は、スウェーデンのリアリティ番組だ。 電話も、パソコンもなし。外出禁止。あったことはすべて報告。 この番組は、スウェーデンの若者8人が独裁者の監視のもと、8日間の暮らしに挑む話。勝者には、10万クローネ(約133万円)が与えられますが、彼らにはどうすれば賞金が勝ち取れるのかは知らされていません。 すべて管理させている社会ということか・・・。 民主主義とはなにか、人権が尊重されない社会とはなにか、 多くの議論を呼びそうなこの番組は、民主主義とは反対の世界を描くことで、社会問題について考えさせられるものになっている。 政治に無関心ということは、どういう事態を起こしうるのか。 子供や若者だけでなく、大人にも見てほしい番組だと思う。 製作者コメントがありました! (以下、http://www.nhk.or.jp/jp-prize/2015/prize_audio_youth.html から引用) 「独裁者の部屋」は若い視聴者、特に政治には関心がないという若者たちに、民主主義の価値について考えてもらうことを目的とした番組です。また、民主主義の大切さと、それを達成するための市民参加の必要性について議論を巻き起こしたいという狙いもありました。こうした狙いを実現するために、思い切った手法や挑発的な内容にしました。 市民の権利と自由が制限された独裁体制下での暮らしはどんなものなのか。さまざまな状況に対して、彼らはどんな選択をするのか。生まれて初めて民主主義の世界を離れた彼らは、人間としてどう変わってゆき、これまでの生活をどう見つめ直すのか。この体験を通して彼らが考え、そして視聴者が考えることが、この番組の目指すべきところだと考えています。 一部映像は、ここで見られますよ http://www.nhk.or.jp/jp-prize/2015/prize_winner.html 放送日時: 第1~2話 3月21日午前1時55分~ 第3~4話 3月22日1時40分~ 第5~6話 3月23日1時40分~ 第7~8話 3月24日1時50分~ かなり注目の番組。深夜放送なので、録画でもしてぜひチェックを! 感想きかせてください!