jintian0721
100+ Views

お買い得のLenovo T450s バッテリーに水銀が含まれていた理由

thinkpad T550 バッテリー充電のしくみ
充電の説明をする前に、再度電池について知っておきたいことは、電池は電気そのものが入っているのではなく、化学反応により発電する物質が入っているものだということです。割引なthinkpad T550 バッテリー充電のメカニズムは、ひとことでいうと、電圧と電流を与えることにより、発電とは逆の化学反応をおこさせること。では、イメージしやすいように水道を例に考えてみましょう。電池という容器に、水道という充電器で、水という電気を溜める(ただし、前述したように、充電は電気そのものを溜めるのではなく、物質に化学変化をおこさせる状態にする、ということです)。水圧や気圧と同じように電圧も高いところから低い方へと流れるので、充電の場合も thinkpad T550 バッテリーの電圧よりも少し高い電圧を流せばいいのです。http://www.goo-shopping.com/lenovo-thinkpad--t550.html
ところが、蛇口を大きく開けば早く水を溜めることができるように電圧が高ければ充電もスピーディに行えるというものではありません。電圧が高すぎると流れて来るすべての電気を充電池側で吸収できなくなってしまうのです。これは底の低い容器に強い勢いで水を入れるとはじいてしまう状態と似ています。でも、水圧(蛇口)を適度に調節すれば水ははじけずに容器内に溜まりますね。充電もこれと同様で、適度な電圧であればスムーズに電気が流れて来るわけです。
バッテリー
電圧のほかにもうひとつ重要なのが電流です。水道で例えるなら蛇口の太さでしょうか。電圧と同じように電流も大きければ充電のスピードが早くなる、というものではありません。充電池への電気の流れやすさ度合いのことを内部抵抗といいますが、この内部抵抗が低い方が電気はスムーズに流れ、たとえばニッケル水素充電池よりもニッカドLenovo T450s バッテリーの方が内部抵抗は低いのが一般的です。このように充電には適度な電圧と電流が存在することを知っておきましょう。http://www.goo-shopping.com/lenovo-thinkpad-t450s.html
お買い得のLenovo T450s バッテリーに水銀が含まれていた理由
1990年以前の乾電池には微量の水銀が含まれていました。乾電池の負極に使われている亜鉛は、腐食反応で溶け出すとガスを発生させ、電池の性能を低下させるだけなく、電池膨れ、液漏れ、破裂等の原因となります。これらを防止するために、腐食反応を抑制する水銀が添加されていました。 つまり、水銀は電池の性能、安全性を守る上で欠かせない物質だったのです。
ボタン電池と水銀http://www.goo-shopping.com/asus-n550.html
水銀は乾電池だけでなくボタンN550 バッテリーにも使われています。
10年ほど前までは、負極に水銀を使用した「水銀電池」という名のボタン電池も存在していました。この「水銀電池」は、1942年第二次世界大戦中にアメリカのルーベンによって開発されたもので、当時の N550 バッテリーの中で最も性能が優れていたことから、戦争で使われる無線機器の電源として重用されましたが、現代に入り、マンガン乾電池、アルカリ乾電池の無水銀化が実現する中、電極に大量に水銀化合物を含む「水銀電池」の必要性を問う声が高まり、日本では1995年末に生産停止となっています。
しかし、一部を除き、ボタン電池では今も水銀が使用されています。これはボタン電池に含まれる水銀が微量であること、ボタン電池における無水銀化は技術的に困難であること、などの理由から例外的に認められているためです。こうした中、ソニーはすべてのボタン電池の無水銀化への取り組みを続けてきました。
最新Asus N550 バッテリーhttp://www.goo-shopping.com/asus-zenbook-ux21.html
水銀ゼロ購買ASUS ZenBook UX21 用バッテリーの誕生
社会的な水銀への関心のもと、全国の自治体ではASUS ZenBook UX21 用バッテリーの回収などの対策が講じられるようになりました。同時に乾電池メーカー各社は水銀使用量を減らすための研究開発に取り組み、1991年にはマンガン乾電池の、次いで1992年にはアルカリ乾電池の無水銀化が実現されました。
そして2005年に世界で初めて、ソニーがボタン電池のひとつである酸化銀電池の無水銀化に成功。技術革新の継続により2009年、再びソニーの手によって電池性能は従来品のまま安全性を高めたアルカリボタンASUS ZenBook UX21 用バッテリーの無水銀化が実現しました。
{count, plural, =0 {Comment} one {Comment} other {{count} Comments}}
Suggested
Recent
Like
Comment
1